ゲイ 肉 便器。 【体験談】憧れの体育教師をゲイアプリで見つけて性処理便器にした件!

【ゲイ体験談】僕は肉便器、好きなだけ種付け調教してください

ベンチの辺りは薄暗かったのですが、人影があるのがわかりました。 少しして鍵の外れ音がした。 そして最初に命令した通りの格好をしろと言った。 少し前からいたらしいのですが、悪戯かもしれないので様子を見ていたようです。 男性は黒く日焼けした肌で逞しく筋肉質な身体でした。

>

公園で肉便器に

マンコをふさいでいたものがなくなると、ガッチビ野郎のデカマラが欲しくなり、 「俺のマンコを処理穴に使ってください」と懇願した。 ディルドを手荒に抜き取り、ボッカリ空いたであろう尻穴に本物のぺニスを埋め込んで貰いました。 明日は即堀りするんで、全裸で四つん這いになって待機な。 暫く遊んだあとおっさんから離れると、おっさんはその場にへたり込んだ。 「ちゅう ぴちゃ ぴちゃちゅう…」 僕が舌を絡ませていると男性は強い力で勃起したぺニスを握って言います… 「なんだお前…こんなにギンギンにしやがって…キスだけで、もうこんなだぞ」 そう言って男性は絡めた舌を首筋へ這わせ、やがて乳首へも吸い付き、片手で僕のぺニスを扱いてくれました。

>

公園で肉便器に

はい、分かりました! ケツマンコはしっかりと洗っていきますのでご安心ください。 「我慢できなかったよ」と口元に精子のついたちんぽを持ってきたので、 綺麗に舐めとってあげると、そのおじさんは帰って行きました。 そのまま乱暴に腰を振りながら前に手を伸ばすと、チンポは萎えるどころか先走りを垂らして勃起している。 俺ももう行きそうだったので、一緒に行くならと許可を与えラストスパートをかける。 僕が感じてくると、おじさんはローションをアナルをほぐすように塗りながらそのまま指を入れてきて、 グチュッグチュッと音が聞こえるぐらい早くピストンをしながら 「いますぐ犯してえなあ。 鏡を見ながら、かつての主より支給された淫具で自分の尻穴を慰める日々を送り、そして徐々に欲望が肥大し破裂してしまったのです… 待ち合わせに現れた男性は30代半ばの筋肉質な人でした。

>

性処理肉便器となって悦ぶ変態野郎

でかいだろうと思ってはいたが、想像よりもでかく卑猥な形をしていた。 アナルのしわをなぞるように舐めた後、アナルの中にも舌を入れてきて、 細かく震わせるように動かし続けました。 俺は上着に手をいれカメラの電源を入れると、もう片方の手でとってを握り横へと押した。 鈴口からタラリと先走りがもれ、おっさんも興奮している。 カメラに注意を向けるとこの世の終わりみたいな顔で突っ伏した。

>

【ゲイ体験談】僕は肉便器、好きなだけ種付け調教してください

」と答えていました。 男性は僕と結合しながら次々と体位を変えてきます… 僕は力の抜けた人形の様に従うしかありませんでした… 男性は対面座位で僕を犯しながら僕のぺニスを弄り始めました。 変態すぎるぜ、先生! 俺は素っ気ない返信を送っておいた。 よろしくお願いします。 おっさんの本名を呼ぶと、なんだかわからない顔をしてこっちに焦点を合わせる。 しゃぶりながら横目で見ると、暗がりでもわかるぐらい体格のいい人で、 おじさんは僕のアナルを犯しながらその人と話をしていました。 僕もこのまま犯されたいと思っていたのですが、時間がきてしまいました。

>

【ゲイ体験談】僕は肉便器、好きなだけ種付け調教してください

俺はチンポを責める手を強め、乳首に爪を立てた。 しかし、そんなときにかぎってネコだらけ…。 年上になりますが、よろしければ相手していただきたいっす。 鏡の中のおっさんが目をひん剥いて口をパクパクさせている。 そのとき俺は確信した「俺は便所だ、デカマラ専用の便所だ」とね。

>

性処理肉便器となって悦ぶ変態野郎

一緒に性処理に使いたい人募集。 すると相手は俺のことを「便所!便所!」と叫びながらピストンの激しさが増してきた。 やっぱり脇はツルツルで、雄臭が更に濃くなった気がした。 中学のクラス替えは毎年あったんだけど、3年間、偶然にも担任は木村先生で、俺はラグビー部に所属していたので、先生と一緒に過ごす時間はどの生徒よりも多かったと思う。 「ほら… 逝けよ ケツを掘られながらザーメンを俺にぶっかけてみろよ!」 男性は腰を動かしながら僕のぺニスを扱きます。 その人も帰った後、僕は口や体を拭き、アナルを拭いているとおじさんが 「あんな長いのに種づけされたら精子出てこないだろ」とお尻をにぎってきて、 また勃起したちんぽを入れてきました。 そのまま言葉せめをしながら、チンポは束子で、乳首はつねりあげ、ケツを掘り込んで行くと、おっさんが 「いく、いくっす!ミルクでちゃうっす。

>

性処理肉便器となって悦ぶ変態野郎

2、3回はイキオイよく大量に、その後もビクビクしながらマンコで熱い子種を感じ取った。 」と息が荒くなってきていました。 僕の顎を手で掴み上を向かせると僕の口に吸い付きました。 目は焦点が合わず舌も垂れたまま荒く息をし、乳首は内出血で黒くななり一回り以上大きくなって見えた。 ガタイのいい野郎に種付けされたいっす! よろしく! 実際の年齢は35歳だけど、それ以外のプロフは本当のことだ。 写真には、小便器の前で汚れたケツ割れをもっこりさせながら、乳首をつねりあげている裸の男が写っている。 年上で申し訳ないのですが、 ぜひ俺のケツマンコを使い倒してください! メールアドレスをお知らせしますので、よろしければそちらに直接連絡ください。

>