高圧 ガス 取締 法。 一般高圧ガス保安規則

高圧ガス設備と第一種圧力容器の違いを教えてください。

20 施行• 以下この条において同じ。 「適正化にした」といっています。 私からすれば、複雑にしただけで間違いやすくなっただけ。 検査関係は相変わらず都道府県の行っているものが多い状況には変わりがありません。 2 第五条第二項に規定する者又は第二種製造者は、高圧ガスの製造を廃止したときは、遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。 五 第八条第三項で準用する第八条第一項第四号の酸素の製造施設の消火設備 五 酸素の製造施設の消火設備の設置状況及び維持管理状況を目視及び記録により検査する。 この場合、認定保安検査の実施に協力会社を活用する場合にあつても、検査結果の評価・判定は当該事業所において行うものであること。

>

高圧ガス保安法

なお、規定の距離を確保することができない場合であつて、距離の確保と同等以上の措置を講じているものについては、当該措置の状況を目視又は図面により検査する。 二十六 第七条の三第二項第十二号の流量が著しく増加することを防止するための措置 二十六 蓄圧器の出口に設けた圧縮水素の流量が著しく増加することを防止するための措置の状況を目視により検査し、当該措置の機能を作動試験又はその記録により検査する。 七 第六条の二第二項第六号の貯槽の配管に講じた安全に、かつ、速やかに遮断するための措置 七 貯槽の配管に講じた液化ガスが漏えいしたときに安全に、かつ、速やかに遮断するための措置の状況を目視により検査し、当該措置の機能を作動試験又はその記録により検査する。 ) 二 第二種製造者のうち処理能力が三十立方メートル以上である者 新規則第十一条第一号の規定のうち同令第六条第一項第十六号に係る部分 三 第二種製造者のうち前項上欄に掲げる者以外の者 新規則第十二条第一号の規定のうち同令第六条第一項第十六号に係る部分 四 法第十五条第一項の規定により高圧ガスの貯蔵をする者 新規則第十八条第一号ホ 五 貯槽により貯蔵する第一貯蔵所において高圧ガスを貯蔵する者 新規則第二十二条の規定のうち同令第六条第一項第十六号に係る部分 六 貯槽により貯蔵する第二貯蔵所において高圧ガスを貯蔵する者 新規則第二十六条第一号の規定のうち同令第六条第一項第十六号に係る部分 七 特定高圧ガス消費者 新規則第五十五条第一項第三十号 検査項目 完成検査の方法 1 製造設備が定置式製造設備である製造施設の場合 一 第六条第一項第一号の境界線及び警戒標 一 事業所の境界線の明示及び警戒標の掲示の状況を目視により検査する。 なお、高圧ガスの各種ガスの呼称については、原則として、例えばアンモニアガスであれば、気状のものを意味する場合はアンモニアガス、液状のものを意味する場合は液化アンモニア、双方を意味する場合はアンモニアと表現することとしている。 )(単位 立方メートル毎時) Q 3 蒸発器の処理能力の数値(単位 立方メートル毎日) W 3 蒸発器の公称能力の数値(単位 キログラム毎時) Q 4 凝縮器の処理能力の数値(単位 立方メートル毎日) W 4 凝縮器の公称能力の数値(単位 キログラム毎時) Q 5 反応器の処理能力の数値(単位 立方メートル毎日) q 5 当該反応器に係る高圧ガスの流入量の数値(単位 立方メートル毎日) Q 6 反応器の処理能力の数値(単位 立方メートル毎日) q 6 反応器の出口側に接続される処理設備(減圧弁を除く。

>

法律第二百四号(昭二六・六・七)

三十一 第七条の三第一項第一号で準用する第六条第一項第四十二号イの容器置場の警戒標 三十一 容器置場の警戒標の掲示の状況及び維持管理状況を目視により検査する。 なお、規定の距離を確保することができない場合であつて、防火上及び消火上有効な措置を講じているものについては、当該措置の状況を目視により検査し、当該措置の機能を作動試験又はその記録により検査する。 四十五 第七条の三第二項第三十一号の特定圧縮水素スタンドの消火設備 四十五 特定圧縮水素スタンドの消火設備の設置状況を目視及び記録により検査する。 )、第三項若しくは第四項の規定による届出を受理し、又は第三十八条第一項の規定により許可の取消をしたときは、政令で定める区分により、その旨を都道府県公安委員会、市町村公安委員会又は特別区公安委員会に通報しなければならない。 1996(平成8)年3月31日 「高圧ガス保安法」に改題 (法律第14号) 脚注 [ ] []• )又は経済産業大臣が指定する者 (以下 「指定完成検査機関」という。 二十一 第七条の二第一項第十七号のガス設備の設置位置等 二十一 ガス設備の設置位置を目視により検査する。

>

高圧ガスに関する規制について(METI/経済産業省)

七 設備管理を担当する組織及び運転管理を担当する組織において、日常検査、通常検査及び定期検査の種類に応じ検査方法を明確に定め、かつ、文書化し、適切な検査を実施していること。 五十七 第六条第一項第四十三号トの導管の腐食を防止するための措置 五十七 導管の内面及び外面の腐食を防止するための措置の状況を目視又は記録により検査する。 十 運転員の交替・引継ぎ体制が、明確に定められ、かつ、文書化されていること。 五十二 第六条第一項第四十三号ハの地盤面下の導管の埋設及びその標識 五十二 地盤面下の導管の埋設状況を目視又は図面若しくは記録により検査し、当該導管に係る標識の記載内容及び設置状況を目視又は記録により検査する。 )のため高圧ガスの製造をしようとする者及び液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律 (昭和42年法律第149号。

>

一般高圧ガス保安規則

着眼しているところは圧力です。 ただし、コールド・エバポレータにより貯蔵する場合にあつては、別表第一第二項に掲げる完成検査の方法により検査を行う。 その判断はどうすればよいのでしょうか? 法律上の言葉では、「液化石油ガス(プロパンガス)を燃料として生活の用に供する一般消費者及び液化石油ガスの消費の態様が一般消費者が燃料として生活の用に供する場合に類似しているものであって政令で定めるものをいう。 ただし、当該測定において、規定の距離を満たしていることが目視により容易に判定できる場合に限り、目視による検査に代えることができる。 2 前項の容器検査を受けようとする者は、その容器に充てんしようとする高圧ガスの種類及び圧力を明らかにしなければならない。 昭和26年6月7日に公布、高圧ガス取締法施行令(昭和26年政令第350号)第1条(現在は条名が削除され本則)により同年12月6日施行。 十三 第六条の二第一項第一号で準用する第六条第一項第十九号の高圧ガス設備の圧力計 十三 高圧ガス設備の圧力計の設置状況を目視、図面等により検査し、当該圧力計の精度を圧力計精度確認用器具を用いた測定又はその記録により検査する。

>

労働安全衛生法に基づく第一種圧力容器と高圧ガス取締法に基づく特定設備との関連について|安全衛生情報センター

)を気化させ高圧ガスにすること 以上は「高圧ガスの製造」の基本的な操作であるが、実際の操作には次のようなものがあろう。 第一種製造者は、完成検査及び保安検査の受検、危害予防規程の届出、従業者に対する保安教育の実施、保安統括者等の選任、定期自主検査の実施等種々の義務付けがある。 火薬類取締法施行規則等の一部を改正する省令• 目次 第1部 民事訴訟 第1章 プロパンガス容器の瑕疵に基づくガス購入先での爆発事故による損害につき、ガス販売業者に工作物占有者としての賠償責任を認め、容器所有者の賠償責任を否定した事例 第2章 プロパンガスの引火爆発事故につき販売業者に過失があるとされた事例 第3章 一酸化炭素中毒事故につき一定の設備を具備しない風呂釜を使用する者に対しプロパンガスを販売した業者に過失責任があるとされた事例 第4章 土地所有者と周辺土地の住民との間で成立した建設禁止合意は、周辺住民の生命、身体、人格等に対する権利侵害の蓋然性の不存在が証明されたときにはその効力を失うとされた事例 第5章 貨物自動車にプロパンガスを過充填した会社と従業員に損害賠償を命じた事例 第6章 弁護士報酬を定めるにつき日数制によるのを相当とした例 第7章 1、潜水用高圧空気ボンベの爆発によるダイビングツアー参加者の負傷事故について、主催者、指導者等の損害賠償責任が認められた事例 2、右ボンベの爆発事故による損害が「スポーツ保険」にいうスポーツの「指導に従事中の損害」にあたるとして、保険会社の保険金支払責任が認められた事例 第8章 1 液化石油ガス消費設備が民法717条にいう「土地の工作物」に当たるとされた事例 2 液化石油ガスの供給者がガス消費設備について民法717条にいう「占有者」に当たるとされた事例 第9章 交通事故による双方の物的損害につき、過失割合を8割対2割とし、民法715条1項に基づく、本訴、反訴の各損害賠償請求を認めた事例 第10章 原被告間の土地賃貸借契約は,公正証書上の文言にかかわらず,原告の建物(工場)所有目的で締結されたものであるとして,原告の確認請求を認容した事例 第11章 天然ガスエコ・ステーションの設置工事の指名競争入札において,入札事業者間で談合が行われたために発注者が損害を被ったと主張して,不法行為に基づき,発注者が受注者に対してした損害賠償請求が棄却された事例 第2部 行政訴訟事件 第1章 消防法11条1項に基づく危険物移送取扱所設置許可処分に対し、右移送取扱所から300メートルないし1500メートルの距離に居住する周辺住民が、右許可処分の取消しを求めた訴訟につき、本件移送取扱所の位置、構造及び設備、本件移送取扱所と右住民らの住居との距離関係等からして右周辺住民は、原告適格を有しないとされた事例 第2章 1 ウラン濃縮工場建設のため,原子炉規制法(昭和63年改正前)13条,14条に基づき内閣総理大臣がした核燃料物質の加工事業許可処分の無効確認及び取消しを求める訴えにつき,前記工場から20キロメートル前後の範囲内に居住する住民は,原告適格を有するとされた事例 2 ウラン濃縮工場建設のため,核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和63年法律第69号による改正前)13条,14条に基づき内閣総理大臣がした核燃料物質の加工事業許可処分の無効確認請求が,棄却された事例 3 ウラン濃縮工場建設のため,核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和63年法律第69号による改正前)13条,14条に基づき内閣総理大臣がした核燃料物質の加工事業許可処分の取消請求が,棄却された事例 第3章 原告は,発明の名称を「空気動工具用圧縮機」とする特許の特許権者で,被告から,無効審判の請求がされ,特許庁は,刊行物に記載された各発明並びに周知事項に基づいて当業者が容易に発明をすることができたもので,特許を無効とする(特許法29条2項,同法123条1項2号)との審決をした。 三 規程・基準類の制定、改正の手順が、明確に定められ、かつ、定期的に見直しが実施されていること。 四 容器検査又は容器再検査を受けた後通商産業省令で定める期間を経過した容器又は損傷を受けた容器にあつては、容器再検査を受け、これに合格し、且つ、容器証明書にその旨の記載がされているものであること。 ただし、当該測定において規定の距離を満たしていることが目視により容易に判定できる場合に限り、目視による検査に代えることができる。 二十五 第七条の三第二項第十一号の高圧ガス設備の安全弁等の放出管 二十五 高圧ガス設備の安全弁又は破裂板及び圧力リリーフ弁の放出管の開口部の位置及び放出管の設置状況を目視によるほか、巻尺その他の測定器具を用いた測定又は図面により検査する。

>

高圧ガス保安法|条文|法令リード

添付書類が必要です。 )を輸入する場合又はくず化し、その他容器として使用することができないように処分したものを譲渡し、若しくは譲り受ける場合は、この限りでない。 但し、容器とともに譲渡する場合は、この限りでない。 四 第六条第一項第四号の高圧ガス設備間の距離 四 可燃性ガスの製造設備の高圧ガス設備の外面から他の可燃性ガス又は酸素の製造設備の高圧ガス設備までの距離を巻尺その他の測定器具を用いた測定により検査する。 一 圧縮、液化その他の方法で処理することができるガスの容積(温度零度、圧力零キログラム毎平方センチメートルの状態に換算した容積をいう。

>

一般高圧ガス保安規則

三十九 第七条の三第一項第三号の緊急時に遮断するための措置 三十九 配管に講じた緊急時に圧縮水素の供給を遮断するための措置の状況を目視により検査し、当該措置の機能を作動試験又はその記録により検査する。 二 事業所の体制について 経済産業大臣が定める基準に従つて、保安管理に関する計画の策定、実施、評価及びその改善等を継続的に行つていること。 四 第二十条の完成検査を受けないで、高圧ガスの製造のための施設又は高圧ガス貯蔵所を使用したとき。 3 第一項の容器検査においては、その容器が通商産業省令で定める高圧ガスの種類及び圧力の大きさ別の容器の規格に適合するときは、これを合格とする。 二 第七条の三第一項第一号で準用する第六条第一項第二号の第一種設備距離及び第二種設備距離 二 貯蔵設備及び処理設備の外面から第一種保安物件及び第二種保安物件に対する距離を巻尺その他の測定器具を用いた測定又は図面により検査する。 十四 第七条の三第二項第一号で準用する第一項第一号、第五号から第十八号まで、第二十二号、第二十三号、第二十五号から第二十八号まで、第三十三号、第三十八号及び第四十一号に掲げる検査項目 十四 第一項第一号、第五号から第十八号まで、第二十二号、第二十三号、第二十五号から第二十八号まで、第三十三号、第三十八号及び第四十一号に掲げる完成検査の方法により検査を行う。 二十八 第六条の二第二項第五号の貯槽の配管に設けたバルブ 二十八 貯槽の配管に設けたバルブの設置状況及び維持管理状況を目視、図面等により検査する。

>