土曜日 の エウレカ。 SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜とは

ドラマとノンフィクションが交錯する新感覚のラジオ番組 麒麟の川島明がゲストを迎えリスナーを旅に誘います!『SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~』|TOKYO FMのプレスリリース

川島:もとは逆だったんですね。 東京に行ったら「銀座7丁目劇場」とか「渋谷公園通り劇場」とか軒並み潰れていて。 川島:逆に言えば、2002年までは走り続けて、立ち止まる時間がなかったのかもしれないですね。 それが、明日への活力になることを願って…今日も、明日も、これからも、いつも美しく輝きたい!そんなポジティブな女性たちと共に成長していくプログラムです。 ただただ憧れていて、HIROさんにダンスを教えていただいていました。 川島:どういう意味で? MAKIDAI:J SOUL BROTHERSは、EXILEになる前のグループの名前で、その前にはJSBというダンスチームがあって。 川島:ダンスを披露して、みんなが喜んでくれたことでちょっと火がついた感じ? MAKIDAI:はい。

>

SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ

勘違いから始まったピアノレッスンですが、今では5曲、弾けるようになったそうです! キッカケさえあれば、何事も前向きに挑戦して、活動の幅を広げる小西さん。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 1年くらいですかね。 川島:でも、けっこう苦労されたなというイメージがあります。 坂本:あんな曖昧な休み方をしたからいけなかったんだ……って思いました。 本当にありがたかったですね。 このままでは役者としても人間としても、つまらない人になってしまう…と思い始めた頃、友達に誘われて鑑賞したのがバレエでした。

>

EXILE MAKIDAI「やっておけばよかったな…」パフォーマー卒業後、現在の思いを語る

それで、グランド・キャニオンの旅行から実家に帰ったときに、なんと私の死亡説が出たんです。 10月~11月は丹生明里、12月~2021年1月は金村美玖、2月~3月は渡邉美穂がそれぞれパーソナリティをつとめます。 それは歌手として本当に幸せなことなんですけれども。 川島:高校入学後、ダンスを本格的に始めていくと。 デジタル革新 ・イノベーションが進み、 SDGs をビジネスチャンスとして捉える企業が注目されています。 朝、スポーツ紙を見たら一面に「坂本冬美、死亡」って出ていたんですよ(笑)。

>

バイきんぐ西村、今後の夢を語る「役者をやってみたい」…その深意は!?(2020年11月30日)|BIGLOBEニュース

川島:何だろうな(笑)。 つかさんに合格の理由を聞くと「お前はよく食べるだろ。 DriveEureka - 土曜日17:00 - 17:55枠 前番組 番組名 次番組. SUBARU一社提供 のTFM・JFN系番組は、2000年1月1日から2008年6月28日まで放送されていた『』以来、12年3か月ぶりである。 まぁ自分の山で焚火をしながらトランペットを吹くのもいいのではと。 川島:まぁわかりますよ。

>

SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ

川島:そのタイミングですか! 西村:優勝する4年ぐらい前まではずっと、小峠ボケ、西村リアクションでやっていましたよ。 マスターして、プロ野球の応援歌を吹いてみたい、という願望はある。 ありがたい話なんですけど。 もうバイトだけするような生活。 でもあなた、壁にぶつかったことに気づくことが成長なのよ」っておっしゃられたんですね。

>

坂本冬美「自分のなかでは、復帰するつもりはなかった」休業期間を振り返る

坂本:そうなんですね。 川島:15年ぐらい、ほぼ収入はない? 西村:ないない。 取材で、「趣味はなんですか?」「お休みの日は何をしていますか?」と質問されても、「眠っているか、台本を読んでいるか」としか答えられませんでした。 西村:「じゃあ俺らもそこに行ってみるか!」ってなって、ネタを見てもらったりして。 2015年にパフォーマーを卒業されました。

>

バイきんぐ西村「もう俺たち無理だな、みたいな時期があって」相方・小峠とコンビ結成後、大阪から上京した当時を振り返る

パーソナリティをつとめる麒麟の川島明は番組への意気込みを「自分の声が一番活かせるのは風呂場かFMラジオだとずっと思っていました。 28日に放送されたTOKYO FM「SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜」に坂本冬美さんがゲスト出演 ゲストの冬美さんが思い入れを持っている場所を川島明さんと共に車で巡る設定で、そのエピソードと音楽を紹介 デビュー当時の思い出の場所として「洗足池公園」、休業中に訪れた「グランド・キャニオン」、初恋の思い出とともに故郷和歌山県の「熊野古道」が紹介されました そして新曲「ブッダのように私は死んだ」 冬美さんがビクターのスタジオを訪れたときのお話 冬美さん:桑田さんの第一声が何だったと思います? 川島さん:そりゃもう「よく来たねぇ坂本さん」みたいな 冬美さん:(強い口調で)何を言ってるんですか!あの凄い桑田さんが「お忙しい中、お時間作っていただいて来ていただいてありがとうございます」・・・いつでも飛んできますよぉ私なんかぁ!もうそれがそんなことおっしゃるんですよ! 川島さん:ご丁寧に、謙虚だねぇ 冬美さん:そしてその後、なんておっしゃったと思います? 川島さん:いやぁもうクイズが凄いなぁ(笑) 冬美さん:うっふふその後! 川島さん:いらんこと言わんように凄い我慢してますよ私も・・・その後! 冬美さん:「お返事が遅くなってすみません」・・・なんてっ!律儀で!低姿勢で!この!あの!凄い桑田さんがそんなことおっしゃるなんて誰も想像してないです!・・・そしてその後、「こんなものを書いてみました」 川島さん:えっ!えっ~!もう書いてた! 冬美さん:もう、詩が・・・「どうでしょうか?」 どうもこうも、もう夢じゃないか? 川島さん:それ、じゃぁやらせてもらいますじゃなかったんですね、もう書いて、どうぞっていう状況だった 冬美さん:そして詩を見させていただいて、このタイトルを見た時に、もう、なんか、えっ?どんな歌? 川島さん/冬美さん:ブッダのように私は死んだ 冬美さん:もう見たことも聞いたこともないような世界観です!でその数分後には「こちらにおこしください」スタジオに行きましたら、ほぼ完成の桑田さんの歌入りのこの「ブッダのように私は死んだ」が流れてきたんです!もおぅ、これがわずか十数分の間に 川島さん:はぁ~これは凄いサプライズですねぇ 冬美さん:もうね、地に足がつかないってこういうことなんだって、フワフワもう浮いた状態ですよ 川島さん:信じられないですよね 冬美さん:信じられないです 川島さん:何が起こってるんだという状況で桑田さんの歌声をスタジオで全身に浴びて、どうですかって言われますよね 冬美さん:どうもこうも嬉しいに決まってるじゃないですか!感動して涙出ましたよ私! 川島さん:じゃぁ色んな夢、色んな体験が詰まっての、この「ブッダのように私は死んだ」 冬美さん:はい 川島さん:ちょっと自分の中でも特別な1曲ですよね、これはもうもちろん 冬美さん:もちろんです! 川島さん:今後コラボしたいなとか、そういう方はおられます? 冬美さん:それはもう欲を言えば、桑田さんと一緒に歌いたいですぅ!それは 川島さん:この歌を? 冬美さん:(声音が変わってワントーンアップして)そりゃぁそうです!この歌じゃなくても、もうサザン歌でもなんでも一緒に、もうそんな日が来たらもう・・・もう (我に返った声で)でもねそんな欲を言っちゃダメ! 川島さん:でも言霊ってありますから 冬美さん:もうこの曲をいただいたことだけで十分幸せですから 川島さん:わからないですよ、この車内の会話をもしかしたら桑田さんが耳にするかもしれませんし 冬美さん:そんな!もう・・・ 川島さん:桑田さんのお話をされるときは中学生のときの顔に戻られるんですけど 冬美さん:(恥ずかしそうに)すみませんホントに 詳細はで紹介されています. 川島:(笑)。 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 ZOOスタジオに通っていた16歳当時のMAKIDAIさん 川島:当時ZOOのHIROさんがいたと思いますが、そのときには出会っていた? MAKIDAI:はい。 西村:でも、やってみたいなっていう気持ちはあるんですよね。

>