After effects 書き出し。 レンダーキューまたはMedia Encoderへのコンポジションの書き出し

AfterEffects 作成したコンポジションを動画書き出す方法 (バージョン:CC 私のやり方メモです)

これで、元どおりになります。 Windowsの場合は形式をAVIに、Macの場合はQuick Time(MOV)にしましょう。 Adobeでは、ソフト間でDynamic Linkがあるので、Premiere ProでAfterEffectsのコンポジションを読み込んだりすることができます。 元の背景色に戻したいときは、もう一度ボタンをクリックしてオフにします。 After EffectsでMP4形式で書き出す方法 先ほども少し説明しましたが、After Effectsを使ってMP4形式で書き出す場合 Adobe Media Encoderが必要です。 終点を作成するにはキーボードのNを押します。 基本操作やショートカットは他のAdobe製アプリケーションとほぼ同じなので、使いながらいろいろ試してみてください。

>

After effects書き出し方法【MOV, MP4背景透過で書き出す方法も解説】

レンダーキュー内に 「レンダリング」という場所があるのでこちらをクリックすると書き出しを始めてくれます。 ファイル/書き出し/Adobe Media Encoderキューに追加を選択• ここで注目すべき項目は「形式」になります。 After Effectsのプロジェクトパネルから直接コンポジションをAdobe Media Encoderにドラッグして、キューに入れることもできます。 After Effectsで 書き出しを行う際にも 高画質にする事が出来るので、最も利用することが多い形式かもしれません。 出力モジュール設定のポップアップが表示されるので、形式ファイルの設定をします。 これで1枚の画像として書き出せます。 すべての設定が完了後に画面右下のレンダリングボタンをクリックすると書き出しが開始されます。

>

After Effectsで動画(mp4、MOVなど)を書き出す方法

) 8. レンダリング すると、下に「書き出しのウインドウ」が表示され、右に「レンダリング」が出てくると思います。 MP4形式で背景ありで書き出す方法 基本的にはMP4形式で背景なしで書き出すときと同じなのですが、書き出しの作業を始める前に1つしてあげないといけないことがあります。 出力する いよいよ書き出しの工程になります。 ステップ2. AVIの可逆圧縮形式は別。 レンダーキューパネルが表示され、設定後 「レンダリング」を開始します。

>

After Effects|動画を書き出す方法

この状態で、プロパティの横にあるストップウォッチを押します。 透過書き出しで少し時短をすることができました。 「モジュール設定」のチャンネルを変更する 書き出したいコンポジションをレンダーキューに追加したら、まずは 「出力モジュール設定」ダイヤログを表示します。 画面上部のメニューからコンポジションを選択してください。 この方法で書き出した動画をDVDにしたりもしますが、いままで特に問題はないみたいなので、常にこの設定でやっています。

>

レンダーキューまたはMedia Encoderへのコンポジションの書き出し

MP4形式で背景なしで書き出す方法 まずは 背景なしで書き出す方法から解説していきます。 例えば、 以下の動画の30秒あたり黄色いトランジションがビュンと音付きで出ている(違う時間帯でも複数回あります)のですが、これは「AfterEffectsで透過で書き出し」をしています。 保存先をチェック レンダリングボタンを押すと、 ピロンっ と音が鳴って、画像が出力されたことが判明します。 JPEG などですね。 その方法を記載しますが、なんでその設定にするかは説明ができませんのでご了承を…。 映像制作では欠かせないプロスタジオのテクニックを解説した書籍があります。 すると、いつものレンダリングと同じようにレンダーキューに追加されます。

>

レンダーキューまたはMedia Encoderへのコンポジションの書き出し

また、多様なメディアタイプに対応し、YouTubeやVimeoなど特定用途のためのプリセットも多数用意されています。 プロジェクトパネルで、書き出したいコンポジションを 選択します。 ・Quick Time MOV ・Video for Windows AVI 上記二つ以外の動画形式で書き出す場合(例えば、最近動画ファイルとしてよく使用されているMP4形式など)は、後述するAdobe Media Encoderと連携して書き出しを行いましょう。 レンダリングだけに限らず、After Effectsを使用して映像制作する上でプロのテクニック、知識は必要です。 MOV形式ではデータ圧縮、変換する複数のコーデックに対応しています。

>

サムネイル作成などに使えるAfter Effectsで静止画を書き出す方法

まだインストールしてない方はインストールしてください。 ここでレンダリングの設定をすることができます。 では、さっそく冒頭でお伝えした手順でMedia Encoderを起動するか、コンポジションをレンダーキューに追加している場合は、コンポジションを選択してパネル上部の 「AMEでキュー」ボタンをクリックしましょう。 その悩みを解決してくれるのがイージングです。 形式はQuickTimeを選択出します。 この作業はAdobe Media Encoderの書き出し中もできます。

>