おさる の うた の セイカツ 歌詞。 TikTok発、おさるのうた「セイカツ」注目度が上昇中 多くの共感集める音楽の力

セイカツ 歌詞 おさるのうた ※ www.who.com

おさるのうたも弾き語りで素朴な演奏と歌声。 なにか特別なことがおきるわけではないけれど、 今日もまさるくんはベッドから起き上がってカーテンをあける。 君がいない日々セイカツ毎日は 僕は越えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから この歌を聴いて、主人公のまさるくんが(おさるくんをもじってポワっとでてきた名前。 移住地はピエール中野と同じ埼玉県。 『構想』というにはありきたりなのかもしれない。 この部分からも若者に支持されている音楽であるとうかがえる。 ここから新しい日本の音楽シーンが作られていくかもしれない。

>

セイカツ 歌詞 おさるのうた ※ www.who.com

「浮気されたけどまだ好きって曲。 無名で謎が多いシンガーソングライターだが、昨年12月にTikTokにオリジナル曲を投稿してから、少しずつ知名度と人気を上げて行った。 今ではカラオケでも定番曲だ。 おいしそうにおにぎりを頬張っていたり、約束していたけど仕事で間に合わなかった夏祭りの日に、コンビニで買ったペヤングを公園で食べて笑う彼女を愛おしそうに見つめるまさるくん。 幸せなことについても失望したことについても、日常のささやかな生活について等身大の視点で歌われている。 利用者層が被っていることもあり、LINE MUSICでもバズに繋がったのだろう。

>

おさるのうた「セイカツ」MV構想|そらの|note

出身はピエール瀧と同じ静岡県。 おさるのうた セイカツ 作詞:おさるのうた 作曲:おさるのうた 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で もっと沢山の歌詞は 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に. TikTokなどSNSをきっかけにバズったり、新しい音楽の届け方を提示するアーティストはこれからも増えていくだろう。 例えば瑛人もシンプルなギターの弾き語りだ。 特に若者にとっては、同年代のシンガーソングライターの紡ぐ歌詞は共感しやすく胸に沁みるのだろう。 俺当たったことない」 「俺もだよ。 朝、出社するとまた山積みの仕事があるんだけれど、 彼女から送られてきた「今日の朝ごはん」と送られてきたカレーライスの写真に肩の力が抜ける。 LINE MUSICは「LINE着うた R 」などのサービスや、気軽にLINE経由で友人へおすすめの曲を紹介しやすいこともあり、他の定額配信サービスと比べるとユーザーは、LINEのヘビーユーザーと同様に若年層(16歳~24歳)が多い。

>

セイカツ

そのLINEには子供の写真が送られてきているのに気づくまさるくん。 その中でバズを巻き起こせたおさるのうたは、紛れもなく魅力ある音楽をやっているはずだ。 「すっげぇ、ああいうのって当たるんだ。 TikTokをきっかけにバズるアーティストが増えてはいるが、それと同時に数え切れないほどのアーティストがTikTokを利用して活動を始めている。 この潮流は、2020年の音楽シーンを語る上での最大のトピックだろう。

>

セイカツ

おさるのうた「セイカツ」 10月8日には満を持して「セイカツ」を含めた3曲が配信シングルとしてリリースされた。 はじめて当たった。 LINE MUSICではすぐに上位にランクインし、リリース日のリアルタイムランキングでは1位を獲得している。 だから「セイカツ」を元にした作品が4万を超える状況になっている。 TikTokも10代から20代の若者のユーザーが多い。

>

おさるのうた「セイカツ」MV構想|そらの|note

懐かしさと新しさが共存して、感情がダイレクトに伝わる音楽。 仕事じゃないっていうのに、みんなのグラスの空きを気にかけていたり、 イスに座ってPCを開き仕事をしていたのに、数駅もいかずに勢いよく席をゆずった直後も片腕にPCを乗せて作業を続ける姿や、 おいしくご飯を頬張る姿を見つめる優しい目とかが映し出される。 それに続くようにりりあ。 人生に何が起きるかわかんねぇな」 「大げさなんだよ」 と笑ってまさるくんは缶コーヒーをプシュッとあけて画面はブラックアウトして歌は終わる、そんなまさるくんのセイカツをイメージしたMV。 多くの人の心を掴み、プロからアマチュアまで多くのミュージシャンがカバーを行い、それがSNSに投稿されて自然発生的に大きなムーブメントになった。 そして共感するからこそ、自分でも歌って演奏したくなる。 なかでも代表的なのは瑛人「香水」だ。

>

おさるのうた「セイカツ」MV構想|そらの|note

テレビやラジオ、雑誌などをきっかけに飛躍するアーティストが多かった今までとは違い、新しいヒットの形が生まれたのだ。 素朴だからこそ自分でもやってみたいと感じてしまう。 おさるのうたは現役高校2年生のシンガーソングライター。 そんな「新しい音楽シーン」の中で最も注目度が上昇しているのが、おさるのうたである。 おさるのうたは様々なタイミングが合致してバズったといえるが、それは理由のほんの一部だ。

>

おさるのうた「セイカツ」MV構想|そらの|note

そして後半には、ビールを飲んでいた友達のファインダー越しにみるまさるくんの姿、寝落ちていたサラリーマンが寝落ちる前に見ていたファインダー越しのまさるくんの姿、彼女のファインダー越しに見る世界が描かれる。 その中で注目されてヒットするのはほんの一握り。 これ以上に詳しいプロフィールは明かされていないし、顔出しもしていない。 あまりはっきりとしない色彩で、ISO値をあげすぎて光が飛びすぎちゃっているような、淡くも明るい世界の中で、一緒にビールを飲む友達の姿や、電車でLINEを開いたまま寝落ちているサラリーマンの姿。 TikTokなどのSNSをきっかけにヒットへ繋がるアーティストや楽曲が増えてきている。

>