コニカ ミノルタ メカトロニクス。 会社概要

役員一覧

2015年執行役に就任、2016年に帰国した後は、情報機器事業の企画本部長、プロフェッショナルプリント事業本部長などを経て、2018年取締役 兼務 常務執行役に就任。 2016年に経営企画部長に就任し、リスクマネジメントにも取り組み、2018年より経理、財務も担当、現在に至る。 2018年からは取締役として経営の監督を行っている。 2015年には執行役に就任し、その後も調達担当役員 兼 生産本部副本部長を経て、2019年生産本部長に就任。 人や場所、国などの変動に依存しない、柔軟な生産対応を実現することで、生産拠点のワークフロー改革行なった製造業向けソリューションサービスをご提供いたします。 国内外で複写機、複合機、プリンターなどの販売を担当するとともに、米国や欧州の販社駐在時には販売以外の様々な業務でも経験を積んだ。 1984年ミノルタカメラ株式会社(のちのミノルタ株式会社)に入社。

>

新着情報

2020年には同社の代表取締役社長に就任、現在に至る。 一つのプロジェクトにチームで取り組むため、何かあれば全員でカバーできる強いチームワークが育っていきます。 コーポレート研究開発部門、技術企画部門を経て、主に情報機器(プリンター、デジタル複合機)の製品開発、商品企画に携わる。 神戸第2サイト 〒651-2271 兵庫県神戸市西区高塚台7-3-1 078-992-2931• 会社名 コニカミノルタ株式会社 (英文名称は KONICA MINOLTA, INC. 2020年からは生産・調達本部長。 堺サイト 〒590-8551 大阪府堺市堺区大仙西町3-91 072-241-9321• 2020年からは専務執行役として、情報機器事業に加え、経営企画、IR、広報も担当。 2019年には執行役に就任し、「課題提起型デジタルカンパニー」を目指すコニカミノルタグループ全体の経営の強化と充実にも邁進、現在に至る。

>

会社概要

従業員一人ひとりが心身ともに健康を保ち、生き生きと働き続けられる職場づくりを通して、企業としての持続的成長を目指しています。 企業経営、技術経営、リーダーシップ、コーポレートガバナンスに関する外部講演多数。 「従業員の健康がすべての基盤」との認識のもと、「健康第一」の組織風土を醸成し、健康経営を推進しております。 医療用プリンター、オフィス向け複合機開発に従事。 コニカとミノルタの経営統合後は、情報機器事業のオフィスプロダクト販売部長を務めた後、米国販社の副社長として3年間、中国販社の社長として3年間、実績をあげてきた。 現在は、デジタル技術とデータを活用し、コニカミノルタグループ内の業務プロセス変革・オペレーション効率化・働き方変革などの「DX改革」推進をグローバルに統括、マネジメントしている。 ・植田事業所 〒441-8134 愛知県豊橋市植田町字北柄沢1 勤務時間• 2020年には執行役 プロフェッショナルプリント事業本部長に就任、現在に至る。

>

役員一覧

コニカミノルタメカトロニクスは1949年創業以来ずっと、光学機器や電子機器の組み立て製造やプリント基板のパターン設計・試作・実装を中心に、様々な各種加工部品の製造・開発を承ってきました。 2015年に執行役、2018年には常務執行役に就任。 高槻サイト 〒569-8503 大阪府高槻市桜町1-2 072-685-6111• 2003年の経営統合後も、経営戦略部門にて統合体制構築・グループ経営戦略などに従事した。 自動化技術においては、アメリカ、フランス、中国、マレーシアの各国で、コニカミノルタグループの海外立上げ支援を担うのも当社。 産業用光学レンズ設計や光学ソフトウェア開発に携わった後、経営企画部門に移り、中国本格進出に向けた複写機合弁会社、国内でのカラープリンタ開発合弁会社設立などに従事し、2003年には企画本部経営企画部長として、コニカとミノルタの経営統合に取り組んだ。 ・各種トナーカートリッジの製造、販売• 現在は、デジタルマニュファクチャリング構想に基づく製造現場でのIoT技術と現場力の融合によるモノづくりの革新を進め、「人、場所、国、変動に依存しないモノづくり」を目指し、強いリーダーシップを発揮している。 2003年のコニカとミノルタの経営統合後は、中国生産子会社設立、グループ生産子会社経営等に従事、モノづくり技術センター長などを歴任した後、2013年には執行役 生産統括部長に就任、全社生産技術強化、生産戦略等を進めた。

>

コニカミノルタメカトロニクス株式会社 笛吹事業所

・昇給:年1回(4月)• 2020年からは、品質本部長として、製品の安全・安心の確保はもとより、IoT時代に求められる社会的価値・顧客価値を提供する品質の実現に注力している。 1985年ミノルタカメラ株式会社(のちのミノルタ株式会社)に入社し、デジタルカラー複合機の黎明期から画像処理技術開発およびASIC設計に従事、その後システムソフトウエア開発のプロジェクトリーダーを担当。 2014年には常務執行役 開発統括本部長に就任し、MOT 技術経営 を推進する。 会長兼CEOにも就任し、がん治療などに今後大きな役割を期待されている、ゲノム医療をはじめとするプレシジョンメディシン(個別化医療)推進に向けた戦略的取り組みを推進している。 ヘルスケア事業米国販社の社長に就任し、北米、南米のヘルスケア事業を牽引。 2019年には、コニカミノルタ 株 のグループ業務執行役員にも就任。

>

役員一覧

2015年にはセンシング事業部長に就任し、事業全体を率いることとなる。 1979年小西六写真工業株式会社(のちのコニカ株式会社)に入社。 その後、情報機器事業の新規事業・ICTサービス事業の推進部長などを経て、2014年以降はコニカミノルタグループ全体の経営企画・経営管理を担当。 コニカミノルタでは、ヘルスケア部門の責任者として、2016年執行役就任、2017年常務執行役就任、2018年4月には専務執行役に就任し、現在に至る。 2003年の経営統合以降は、常務執行役として経営戦略を担当、2006年には取締役 兼務 常務執行役として情報機器事業を率いる。 1985年ミノルタカメラ株式会社(のちのミノルタ株式会社)に入社し、一貫してセンシング事業に携わる。 コニカとミノルタの経営統合後は、中国に調達子会社を設立、部品物流・商流など調達全般に範囲を拡大し、その社長を務めた。

>

コニカミノルタメカトロニクス株式会社 笛吹事業所

・諸手当:交通費、残業手当、次世代育成、その他• 2012年に執行役に就任、2019年6月には執行役退任と同時に取締役に就任し、執行役を兼務しない社内取締役として経営の監督を行っている。 。 社外研究会ネットワークにも参画し活動中。 経営統合後は、米国にて買収した上場会社の会長や中国販社社長を経て、2014年に執行役および欧州販社社長に就任。 その強みを活かして製品ができ上がるまでのトータル最適を検討し、お客様に提供することができます。 2013年にはグループ業務執行役員に就任し、X線画像診断システム、超音波診断システム、医療ITサービスなどを提供するヘルスケア事業全体を率いる。 人事労政業務やグループ子会社経営管理業務等の経験を経て、取締役として新規事業子会社の経営に携わる。

>