新しい 文章 力 の 教室。 【書評】新しい文章力の教室。読者に完読してもらう書き方とは?

「文章の組み立て方」がスッとわかる!『新しい文章力の教室』【書評】

3980円 折り畳み可 荷重200キロまで A• これだけでもこの本を買った価値がありますよね。 ペン先はノックすると押し出される仕組みだ。 個人ブログに多くみられるのは、けっこう、やはり、のような副詞を接続詞にようにつかっている記事です。 著者の紹介 この『 』の著者は、先にも触れたニュースメディアナタリーを運営する株式会社ナターシャ取締役の唐木元さん。 大学在学中よりライターとして働き始める。

>

『新しい文章力の教室』大人の読書感想文【レビュー】

月3,000本以上の記事を配信しているナタリーの記者が実際に使っている方法なので超実践的です。 ・言いたいことをうまく伝えられない ・どこから書き始めればいいのか分からない のような悩みは文章を書きながら考えているから起こる悩みで、 要は、文章を書く前にしっかり準備をすることでこれらの悩みは解消されますよってことです。 つまり、文章の終わりまで読者を連れていくことのできる文章は「 良い文章」というわけですね。 7月10日に味の素スタジアムでFC東京とヴィッセル神戸の試合が開催された。 言葉づかい• 目次をパラーっと見て、気になった項目だけ見てもよいのです。 これは意識できていませんでした。

>

【新しい文章力の教室】ブロガーなら必ず読むべき本です【感想】|だいちのブログ

特にどんなところが大切なのか。 最後まで読んでくれる文章を目標に、文章をスムーズにしましょう。 私はその日、上海に行った。 作中には完読されない文章を「完食されないラーメン」に、文章に必要なものを「プラモデル」にと、わかりやすい例えが使われていて非常に理解しやすかったです。 修正してツギハギ感が出てしまうと読み味が落ちて、「完読」の妨げになるのです。

>

『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』の要約・まとめ|saijiblog

今回はそんな『 新しい文章力の教室 苦手を得意に返るナタリー式トレーニング』の書評・要約まとめをしていきます。 要は、文章も同じように「プラモデル化」すれば良いのです。 ですので私のように、それら文法用語の意味が曖昧な方がいれば、先に意味をざっくり見直しておくと、より読みやすくなりますよ。 今回は、 「校正や推敲の技術を身につける」という点で、私が特に感銘を受けたポイントを3つに絞ってご紹介します。 先に 論点・論理構成を明確にしておくことで伝わる文章を書きやすくなるってこと。

>

『新しい文章力の教室』書評・要約まとめ もうこの1冊だけでええよ

隠されているのはどれ? ・発売 する。 ひとくちに良い文章と言っても人によって捉え方は様々で曖昧だと思いますが、この目的を先に提示したことで内容がわかりやすくなっています。 第1章では、よい文章とは何かという本質的な考え方、文章の構造について。 仕事でのメールや文書、プライベートでの手紙やSNS発信。 読者のことを第一に考えて文章を書きましょう。 僕もまだまだ未熟ですがこの「新しい文章力の教室」を参考に記事執筆に日々取り組んでいます。

>

【書評】「新しい文章力の教室」を読んでみました

構造シートで文章のパーツを整理• 読者が負担にならない文章を書きましょう。 特にWebライターを始めたばかりの頃は、文章が上手く書けないと悩んでしまいがちです。 胸ポケットに収納することも 可能だ。 『体言止め』とか『こそあど言葉』とか良かれと思って使っていましたが、読者からしたらそのぶん心のなかで補完したり考えたりといった負荷が増えます。 そして良い文章を書くためには、「事実・ロジック・言葉づかいの3層構造」の順序が大切と説かれています。 「読者に頭を使わせず負担を与えず、伝えたいことをすんなり最後まで飲み込んでもらえるように提供すること」が第3章の目的になっているからです。 結構厳しめにしたけど、なかなか良い本でした。

>

【書評】新しい文章力の教室。読者に完読してもらう書き方とは?

まとめ さいごにこの記事についてまとめておきます。 便利な「こと」「もの」は減らす努力を 語句に「こと」を付けて名詞化する用法はとても便利ですが、重複しやすく、表現もくどくなると教えてくれます。 一番参考になったのが第一章の『書く前に準備する』。 おかげで リライトがはかどるようになりました。 (過去・受動) 体現止めには文末にバリエーションを与えてくれ、リズムを整える効能があります。 幻冬舎、KI&Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。 たしかに書くことに悩んで手が止まることや長い文章を書いてるうちに結論がどこに向かってるのかわからなくなることもあります。

>