人口 動態 統計 死因。 縣市別

花蓮縣統計資訊服務網

スポンサードリンク 直近のデータは上記にある通り、人口動態統計の最新版から。 それと同時に、他の死因が減ることで解消しにくい要因や、歳を重ねるとともに避けられない要因が増加しているのも把握できる。 実際に起きたコロシ件数として正しいのは警察庁の数字の方であるが、人口動態調査におけるコロシは、医師が死亡診断書(死体検案書)を書いた時点で犯罪が明らかである場合に限られるので、全体の3分の1しか把握されていないことを予めご承知おきいただきたい。 全死亡者に占める割合はそれぞれ、約30%、約13%、約8%となっています。 さらに当時の医療技術では具体的な病症の判断ができず、老衰とされた事例もあったものと思われる。

>

年間5788人が転倒死、実は交通事故より多い「事故死」の意外

epidemiology and causes of heart failure• 代わりに「悪性新生物 いわゆる「がん」 」「心疾患」「脳血管疾患」「肺炎」など、高齢化と連動して発生しやすい疾患が増加している。 1位:悪性腫瘍• 50音から探す• グラフ中の比率は「%」表記の無い限り、基本的に人口10万人比 日本国内の日本人人口10万人あたり何人がその年に、その死因で亡くなったか。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別. 統計データを探す• 50音から探す• 6 となっています。 標題 發佈日期 更新日期 檔案格式 下載次數 109-06-16 109-09-17 2376 108-06-24 108-06-24 2804 107-06-29 107-06-29 5156 106-07-06 106-07-06 3792 106-07-06 106-07-06 1026 106-07-06 106-07-06 839 106-07-06 106-07-06 613 106-07-06 106-07-06 589 106-07-06 106-09-04 501 106-07-06 106-07-06 470 106-07-06 106-07-06 480 106-07-06 106-07-06 579. Related Links• 主な死因の年次推移をみると、悪性新生物は、 一貫して上昇を続け、昭和56年以降死因順位第1位となり、平成20年の全死亡者に. 平成23年度版死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル• では日本での銃使用がどうか、想像できるだろうか。 一方で警察庁の統計では、895件発生していると報告されている。 それでは一体、日本ではどんな手段によるコロシや自殺が多いのだろうか。 11 その他及び不詳の外因死:刑の執行、戦争行為による死亡及び外因死であることは明確であるが不慮の外因死か否かの判別がつかない場合• 同調査は戸籍法及び死産の届出に関する規程により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象として、毎月実施されます。

>

統計で見る日本人の自殺と他殺、身近な方法から驚きの手段まで

また戦中から戦後直後の混乱期は調査そのものがされておらず値が存在しない。 交通事故が起きる路上と同じくらい警戒が必要な危険な場所が、家庭の風呂といえる。 html)があったため、過去の数値を修正することとなりましたので、本頁の内容は、修正前の数値となっております。 ただし、16年の人口動態調査におけるコロシの数字は290人。 6 窒息:頚部や胸部の圧迫、気道閉塞、気道内異物等による窒息死• 日本東洋医学雑誌 62 1 , 17-28, 2011• 死亡率 人口千対)は年により増減はあるものの、昭和40年以降、増加傾向にあります。 因本縣35年統計要覽僅記載十二鄉鎮市,無光復鄉,因此無該鄉人口資料;又限於39、41、42、43、49年統計要覽格式,無法找出當年各鄉鎮市戶數。 「肺炎」は、平成26年と同様に、死因順位第3位となっています。

>

死因統計

ICDは,1900年から国際的に使用されている分類で,その内容も当初の死因のための分類から疾病分類 …• 同一平面ではない階段などからの転落は別で、695人、はしごからの転落は200人、樹木からの転落というものも28人を数える。 人口動態調査では、一人の女性が一生の間に生む子どもの数に相当する合計特殊出生率や死因別死亡数、年齢別婚姻・離婚件数などの結果を、全国、都道府県、保健所などの単位で提供しています。 また、人口推計(総務省)、生命表(厚生労働省)など他の統計や施策に活用されるほか、民間企業や研究機関でも広く利用されています。 12 不詳の死:病死及び自然死か外因死か不詳の場合 参考• 時系列統計表については、2017年人口動態調査 「分類表7 死因基本分類の新旧対照表(平成29年、平成28年)」の死因分類(細分類および発生場所コードを含む)および各年の基本分類別死亡数統計に収録されている死因分類について作成しております。 取り扱いにはご留意ください。 疾病及び関連保健問題の国際統計分類について• 厚生労働省の人口動態調査から、その実態を調べてみよう アメリカの政府統計によると、1年間に銃による自殺者は2万1386人、殺人事件(以下:コロシ)は1万1008件発生している(2014年、より)。

>

年間5788人が転倒死、実は交通事故より多い「事故死」の意外

また、「スペイン風邪」「関東大震災」など大きな世の中の動きに、今件グラフも値の変移を見せることも把握できる 先の東日本大震災による「不慮の事故」での増加もわずかながら確認できる。 またダウンロード実績等を考慮し、人口データの掲載は省略しています(人口動態調査 「人口 表3 年次・性・年齢別人口」より掲載しておりましたので、よりご参照ください)。 修正後の数値につきましては、結果がまとまり次第お知らせいたします。 下の表にあるように、もっとも多い死因は悪性新生物、つまりガンで37万986人。 さらに細かく個別の要因を見ていくと、「スリップ、つまづき及びよろめきによる同一平面上での転倒」が5788人で最多。 50音から探す• 著作権は一般財団法人厚生労働統計協会が保有しています。

>

ICD基本分類による年次死亡数データ

3 転倒・転落:同一平面上での転倒又は階段・ステップ・建物等からの転落による死亡• 注 1) この統計表は、「人口動態統計調査結果」(厚生労働省)を基に、一般財団法人厚生労働統計協会が作成したものです。 ただし、水上交通機関の事故によるものは「交通事故」に分類する• 死亡率は平成26年に比べ0. 4 溺水:溺水による死亡をいい、海洋、河川、池、プール、浴槽等の場所は問わない。 統計データの高度利用• 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 蛇足ではあるが、「平均寿命との兼ね合わせを見てみたい」との意見があり、それに応える形で作成したグラフを呈示しておく。 「悪性新生物」「心疾患」「肺炎」による死亡率増加が、医療技術の退化や環境悪化によるものではなく、高齢化とともに起きていることが、あらためて理解できよう。

>

死因統計

incidence etiology and prevention of stillbirth• その他及び不詳の外因死• リンク集• ただし、月報、速報は、最新数値をその都度公表していく性質であることから、数値の修正は行いません。 統計関連情報• etiology and evaluation of macrocephaly in infants and children Japanese Journal• 07上回りました。 死因別死亡数を死因順位別にみると、第1位が「悪性新生物」で、6,319人 死亡率 人口十万対 275. To read the full text you will need to subscribe. 秋山 光浩,松浦 恵子,今津 嘉宏 [他]• 4位:肺炎• a の資料となる。 統計データの活用• しかし実際には「他の死因リスクが減った」「がんに発症、亡くなりやすい高齢者の総人口比が増加している」のが原因。 5-17 性・年齢別にみた死因順位• 不慮の事故の要因は、大きく次の4つに分けられる。

>

人口動態調査 人口動態統計 確定数 死亡 年次 2018年

本項資料係因應各界對資料需求所建立,資料來源依據花蓮縣歷年統計要覽人口資料建檔,供大眾參考使用。 4位:肺炎• e 診療継続中の患者が診療に係る傷病と関連しない原因で死亡した場合、死体検案を行った上で死体検案書を交付する。 自殺者は14人、コロシは3件(このほかに、自殺かコロシか特定されないもの4人、不慮の事故が4人)である。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 b 死亡を医学的、法律的に証明する。

>