如 懿 伝 紫禁城 に 散る 宿命 の 王妃。 【あなたはどっち派?】「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」中国で1、2位を争う最高峰の宮廷ドラマが2カ月連続でスタート!|チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうたのプレスリリース

【如懿伝・全87話・最終話まで】全話あらすじ一覧とネタバレと感想|紫禁城に散る宿命の王妃

第30話 「命懸けの出産」• 葉凝芝は一介の使用人ながら才知と勇気を頼りに高官たちに立ち向かい、そんな彼女の姿に普段は本心を見せない皇后も感銘を受け、皇帝もその純真さと正義感に魅了される。 「皇上、針目を見比べましたが、靴の刺繍は皇后の手ではありません」 驚いた豫妃は惢心が皇后の命令で刺したはずだと反論したが、如懿は感謝の印に言いがかりをつけるのかと語尾を強めた。 真っ先に妻の無礼を謝罪する凌雲徹だったが、茂倩は自分たちの不仲は夫の想い人が自分ではなく皇后だからだと訴える。 第22話 「返り咲き」• 朝第6代皇帝(愛新覚羅・弘暦)は幼なじみの ()を妃として迎え入れる。 — 役• 1735年、清の乾隆(けんりゅう)帝が即位すると、彼と幼い頃から愛を育んできた側室の如懿(にょい)は妃(ひ)に封じられる。 皇太后は 慈寧宮 じねいきゅうに住むため意気揚々と引っ越しするが、慈寧宮の修繕を理由に太妃たちと同じ 寿康宮 じゅこうきゅうに追いやられる。

>

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第55

中国で社会現象を巻き起こし、日本でも大ヒットを記録した「宮廷の諍い女」。 如懿はものわかりのいい女性であり、まっすぐな性格で器の大きい人です。 第68話 「新たな後ろ盾」• 第2話 「移りゆく時代」• 同じ頃、 雍正帝 ようせいていは 簒奪 さんだつの罪により、第3皇子 弘時の皇籍を剥奪、皇后を生涯に渡り景仁宮に禁足とする命を出した。 「つまり皇上のおかげでお二人は無事だったのですよ」 凌雲徹に懐いている永璂は寂しそうにうつむくと、如懿は衣を縫ったので容珮に着せてもらうよう促した。 「如懿伝」より その他にも「瓔珞」では愛情深い人格者として描かれていた皇后が、「如懿伝」では皇后の地位を失うことを恐れて如懿を陥れようとするなど、多くの共通する人物が登場し、異なる描かれ方で楽しませてくれる。 日本語字幕放送・全87話. 最近、ショッピングスレッドかレーザー打ちたいなあって考えてるんだけど、やっぱ女優と呼ばれる人たちは美容医療の常連なんだろうな。

>

如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜

みなさんに楽しんでいただけたら嬉しいです。 第77話 「沈黙の夕餉」• 感想:瓔珞からの如懿伝 瓔珞を見終わったので如懿伝はじめました〜! ジョウ・シュンという中国四大女優にも選ばれる方が今回の主役です。 — () 役• 本作は、WOWOWメンバーズオンデマンドで放送終了後 各話見逃し配信する。 乾隆帝は巴林氏を穎嬪に封じて寵愛し、木蘭囲場にも連れていく。 今後もやってみたことのないような役があればやってみたいですね。 外に出ると皇太后が待ち構えていた。 第86話 「暴かれた真実」• ネット配信が月曜日から金曜日の1日2話ずつで最終回の87話だけ次の週の月曜日放送となり、まんまと2日間焦らされてしまった。

>

【インタビュー】「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」ジョウ・シュンのインタビューが到着!日本のファンに恋愛指南!? | anemo

「ご心配は無用かと…取るに足らない噂話です」 「火のない所に煙は立たぬ、朕はこの目で見た、凌雲徹は命がけで皇后を救った」 「それは勇敢で忠実な自衛ですから…」 「本当にそれだけだろうか?」 毓瑚は皇帝の思わぬ言葉に困惑したが、弘暦はともかく先に炩妃を問いただすことにした。 素直すぎないかよ青桜。 「そんな手を使ったら悪意がある者と同類よ…忘れて」 しかし如懿が見過ごしても海蘭はどうしても我慢ならなかった。 それが「如懿伝」では、妃になる野心をもって皇帝に近づき、如懿の前に立ちはだかる女官・衛嬿婉(えいえいえん)として描かれている。 そこへ突進する野生馬を、偶然居合わせた凌雲徹が制し、第4皇子が矢を放って馬を倒す。

>

【インタビュー】ジョウ・シュン(如懿 役)「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」

ですから、この役は非常に大きな挑戦だと感じましたし、私自身、この人物をとても好きになりました。 弘暦は福晋選びに誘ったときから、拒まれるのでは…と不安だったことを伝える。 そんな愛し合い信頼し合う2人だったが、元配の死後、後任として如懿が皇后に冊封されて以降乾隆帝は人格が変わり、2人の愛にも暗雲が立ち込める。 思えば冷宮の火災でも凌雲徹は捨て身で如懿を助けていた。 第23話 「出会いと別れ」• 第24話 「ひそかな見守り」• 青桜は夜中にこっそりと皇后のもとに向かう。 彼女は人として徳のある行いとは何か理解していますし、物事をわきまえています。 第9話 「後宮の新年」• — 役• それまでの如懿は皇帝の愛に守られてずっと世間知らずの状態のままでしたが、この時から、様々な要因によって皇帝にも彼女を守れない時があると悟っていくのです。

>

【中国宮廷ドラマ】如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~#76 あらすじ

阿箬 あじゃく…青桜の侍女• 乾隆帝はそんな彼女を守り、如懿も持ち前の知恵を発揮し2人で支え合いながら困難を乗り越えていく。 ドラマ「甄嬛伝(宮廷の諍い女)」と比べて見ると、衣装やセットのこの数年の大陸ドラマの進化が良く分かる。 以下、インタビュー全文を掲載。 ご自身ではこの2人のラブストーリーについてどんな感想をお持ちですか? 劇中によく出てきた「蘭因絮果」(最初のうちは素晴らしいと思えた結婚も最終的には離婚で終わる)という言葉は、この二人の関係をよく表していると思います。 第83話 「格格の告発」• 「雪の降る日は静かね…」 「皇上と皇后も静かです、何の会話もありません…」 容珮の指摘に如懿はふと虚しくなった。 それは後宮で謎の死を遂げた姉の死の真相を突き止めることだった。

>

【インタビュー】ジョウ・シュン(如懿 役)「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」

第45話 「七宝の赤い石」• — 役• 第69話 「大局と忍耐」• 第79話 「残された指輪」• 如懿は弘暦の妄言に深く失望し、これまでの不満が爆発した。 父 那爾布 ナルブはそれを受け取った。 その時の彼女は吹っ切れた様子で、感傷的ではありません。 第66話 「深い溝」• 弘暦はその日が何の日か気づき、動揺を隠せない。 配信開始から視聴数が上昇し、「瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」とともに再生数ランキング1・2位を独占。 あらかじめこうした学習や準備を行うことは楽しかったですね。

>