The upside 最強 の ふたり。 インターフィルム Interfilm Online | THE UPSIDE 最強のふたり

THE UPSIDE 最強のふたりのレビュー・感想・評価

fa:first-child:not :only-child. オマール・シーと『最強のふたり』は、本当に最強な映画だったなーと。 だが、お互いに一人の人間として接し、刺激し合うふたりは忘れていた充実した日々に満たされていく。 数日後、久々にフィリップの元に現れたデルは、彼を夜のドライブに連れ出します。 デルがフィリップに悪い事を教える所なんか、ニヤッと笑えるし、オープニングでのフィリップの演技もデルの悪影響w パラグライダーでのシーンやフィリップとイヴォンヌとの再会。 6月、が監督に起用され、にフィリップ役のオファーが出ていると報じられた。 そして最後には「アレサ・フランクリンに捧ぐ」というテロップも・・・ちょっと涙が・・・ また、デルが独り言で「考えろ、考えろ」とか言ってたシーンもありますが、エンドクレジットにはしっかりアレサ・フランクリンの歌「Think」と載せてあり、performed by Kevin Hartって出てました。

>

THE UPSIDE/最強のふたりの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

でもやっぱりリメイク作品はオリジナルと比較される道を避けては通れない。 脚本もアメリカ映画特有のご都合主義が多くて辟易してしまいます。 prevent-bg-text-style h4:not. 本作は名作から芸術的要素を取り除いたらこうなりました、と比較対象として見るべき教材なのかも知れません。 残念ながらニコール・キッドマンは全く役に合っていません。 ジェニー - ()• シャーロット - ()• 全身麻痺の大富豪・フィリップには、TVドラマ「ブレイキング・バッド」で人気を獲得し、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015)で アカデミー賞にノミネートされたブライアン・クランストンが扮します。

>

『最強のふたり』ハリウッドメイク版『THE UPSIDE』12月公開、予告編も

確かにフィリップのような人には強い味方になるけど…だからAmazonは関わったのか…(真偽不明)。 見てるこちらが馬鹿にされている気分になります。 フランスのオリジナル版からストーリーも人気もさらにパワーアップした本作にぜひご期待ください。 目立つのはプッチーニ作トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」だ。 映画『THE UPSIDE/最強のふたり』の日本公開が決定。 主人公デルを「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のケビン・ハート、フィリップを「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンが演じたほか、秘書イヴォンヌ役でニコール・キッドマンが共演。

>

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』ハリウッド版あらすじ。キャストにケヴィンハートを迎えたリメイク作の公開日は12月20日!

そして時勢が飛んで、過去の話に。 ましてやそれこそ今のアメリカの一番にホットなトピックなわけですから。 オリジナル版だと夜のドライブ・シーンからいきなり面接シーンに変わるのですが、米リメイク版はそうはならずフィリップとデルの置かれている状況をひとつひとつ見せていくつくり。 それからさかのぼること半年前。 本作は、全米では2019年1月に公開され初登場1位にランクイン、オリジナル版の200倍の北米オープニング週末成績を上げるヒットとなりました。

>

THE UPSIDE/最強のふたりの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

映画でも人気。 たださすがに海外配給の余裕はなかったのか、残念なことに、 日本では劇場公開されずに「Amazon Prime」の独占配信というかたちでの公開になりました(クレジットには「In Association with AMAZON STUDIOS」とある)。 スラム街出身で無職、妻と息子にも見放されたデルは、ハンディキャップを持つ大富豪フィリップの介護人として働くことになる。 carousel-content:nth-child 5 ,. そんな二人が出会い、壁を乗り越えて心が触れ合う関係になるという反転が面白さと感動の核になっていた。 デルとパーティーでダンスを踊るしぐさが辿々しくも可愛らしい。 イヴォンヌや介護士のマギーといったスタッフたちとも打ち解けていたデルでしたが、フィリップが思い入れのある本の初版本のコレクターで、その中の一冊「ハックルベリー・フィンの冒険」を盗んでいたことを後悔していました。

>

THE UPSIDE 最強のふたりのレビュー・感想・評価

それにしても、オリジナルの公開からもう8年近くも経つのかと思うと…w で、感想はと言うと普通に面白いです。 そのぶん上映時間も少し増えました。 すると、もうひとりの乗っていた人が障がい者だと判明。 また、これは非常にアメリカらしいことですが、登場する人種が多様です。 全身麻痺の大富豪・フィリップには、TVドラマ「ブレイキング・バッド」、映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のブライアン・クランストン。

>

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』作品情報(予告編・あらすじ・キャスト)

フィリップの介護職希望者は腫れ物に触るかの様にフィリップに接する中、デルだけがフィリップに遠慮なく接する事でフィリップはデルを雇用する。 こうなってくると新規性もないばかりか、デルの立場が白人に従属する黒人(&オモシロ黒人)に表面上は(実際は物語上の配慮があるとしても)なってしまうので、ステレオタイプすぎないかという疑問点も出てきます。 警察に追われ、車を止められると、運転していた黒人が取り押さえられる。 有名な俳優も出ておらず、宣伝材料は決して揃っていない状況。 なんて羨ましいサポート体制なん…あ、いやなんでもないです。 果たしてどん底だった彼らは〈人生のアップサイド〉に辿り着けるのか?. こういう大手ではない映画もたくさんの人に観てもらえるのは本当に大事なことです。 映画 『THE UPSIDE/最強のふたり』は、2019年12月20日(金)より 、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー。

>

映画「THE UPSIDE 最強のふたり」ネタバレあり感想レビュー!リメイクがオリジナルを越すことはできないと再確認!

もっとも 一番の変更点は、ニコール・キッドマン扮する秘書イヴォンヌでしょう。 デルが警察をごまかして猛スピードで走らせたことで、笑顔が戻るフィリップ。 演技も特に黒人俳優の表情に深みがなく、軽いコメディ映画のようです。 important;animation-duration:0s! フィリップから「これからどうする?」と尋ねられ、デルは見晴らしの良い高原に車を走らせます。 2018年12月28日閲覧。

>