Led ウインカー バイク。 この小ささで車検対応! キジマより「LEDウインカーランプ Nano」と「LEDテールランプ Nano」が新登場

バイクのウインカーをLED化する方法をご紹介!

リレーがある場所は車種によって異なりますが、タンクの真下に装着されていることが多いです。 バイクパーツの製造・販売を行うキジマより「LEDウインカーランプNano」および「LEDテールランプNano」が販売中だ。 さて、上の画像が純正リレーです。 LEDだけど電球なみに電気を沢山使って、ししおどしの時間を稼ぐのです。 このため、またすぐに溜まってしまうのです。 これを回避するために必要になるのが、「整流ダイオード」の組み込まれたハーネスです。 下の項目に進んでください。

>

バイクのウインカーをLED化する方法をご紹介!

使う工具は基本的にプラスドライバーさえあれば間に合いますが、ハーネスを使う場合は配線用の電工ペンチを用意しておきましょう。 問題なく点灯していることが確認できたら、メーターパネルを元に戻し作業は完了です。 ウインカーのカスタムでは、 この3つの違反に抵触しがちです。 左右ウインカーの設置幅 ウインカーを替えたら必ず確認しよう。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。 まずは取り出したメーターからインジケーターの電球に繋がる水色線とオレンジの線を探します。

>

失敗しないバイクウインカーを車検対応LEDにする方法!おすすめ3選

右ウインカーを点灯させるときも、左ウインカーに通電される バッテリーから20の電力が出るとすると、右ウインカーには20の電力が掛かり発光します。 このとき、ギボシ端子のカバーを先に通すことを忘れないようにしましょう。 この記事は2019年7月24日当時の情報に基づいて制作されています。 本来であれば左ウインカーとインジケーターランプでほとんどの電気は消費され、右のランプが光るだけの電力は供給されません。 作業内容 step1 : リレー交換 まずはハイフラや点灯状態になることを避けるために、 純正リレーからICリレーに交換します。

>

【車検対応】バイクのウインカーをLEDにする方法!! ※更新あり│www.who.com

ハーネスが必要な車種か 大抵のバイクには、ウインカーの点滅を示すインジケーターランプがメーターに備えられています。 まとめ いかがでしたか?バイクのウインカーをLED化するには、リレーの交換やハーネスの取り付けなどが必要ということでした。 併せて読みたい. リレーを見つけたらコネクターを外し、ICリレーにコネクターを挿し直せば装着完了です。 左ウインカーにはインジケーターで消費した5を除いた15しか掛かりません。 一方、ICリレーは、ししおどし方式では有りません。

>

この小ささで車検対応! キジマより「LEDウインカーランプ Nano」と「LEDテールランプ Nano」が新登場

FTRのリレーはタンクの真下。 整流ダイオードは電気を一方向にしか流さない性質があるので、左ウインカーの電力が右ウインカーに流れることはなくなります。 カットできたらケーブルを剥いてギボシを取付られるようにします。 明るさ• そのままバルブだけを入れ替えると、点灯したままになったり異常に速く点滅(ハイフラ化)したりします。 では今回はここまで!. ただし、装着する間隔、高さ、角度などの諸条件により必ずしも車検認定を保証するものではございません。

>

キジマから驚きの極小サイズウインカーとテールランプが登場!しかも安心の車検対応

FTRの場合は上の画像を参考にそれぞれ外します。 発光面中心より内側20度、外側80度から視認可能であること• 本体は四角いゴム部品で固定されていて、引っかかってるだけなので工具などは必要ありません。 まぁとりあえず固定できたので、部品が見つかるまではこれで様子をみます。 純正バルブが取り外せたら、今度は逆の手順でLEDバルブを取り付けてください。 自分のバイクの口金規格を確認して買おう。 20掛からないと発光しないので、15では通電しても光らないのです。 パッパと光るウインカーはLEDならではです。

>

この小ささで車検対応! キジマより「LEDウインカーランプ Nano」と「LEDテールランプ Nano」が新登場

なぜ不具合がでるのか詳しく知りたい方は下の記事も合わせてお読みください。 そこで今回は、「バイクのウインカーをLED化する方法」をご紹介します。 ハーネスが必要な場合は配線作業が少し手間に感じると思いますが、LED独特のキレのある光り方や消費電力の少なさは魅力的です。 step6 : 点灯確認 配線が終わった状態がこちらです。 。 黄色の部分はプライヤーと書いていますが、手で外せたら手で外した方が良いです。 電気が溜まるのを待つ• ウインカーの法的な要件 2019年11月15日現在)抜粋• 見つかったら画像の様に配線をカットしてください。

>

【車検対応】バイクのウインカーをLEDにする方法!! ※更新あり│www.who.com

インジケーターランプは左右のウインカーの真ん中に直列で配線されており、左右のウインカーと合わせて3つのランプで電気を消費しています。 (製品の照明部面積や高原ワット数を理由に不適合にはなりません。 溜まっていた電気が放出されたので元に戻って消灯する• 発行色は橙色のみ• しかし、LED化すると消費電力が少なくなり、右のウインカーが光ってしまうのです。 メーターのステー固定用のボルトなどがおすすめです! 作業はこれで完了です!いかがでしたでしょうか?配線加工が必要なので、少々手間はかかりますがこれでウインカーをLEDにすることができます。 つまり、両方とも同時に点灯するハザード状態になってしまいます。 このままLED化すると、左右とも点滅してしまう この回路構成のままウインカーランプをLEDに変えると、左右のランプが両方点灯してしまいます。 LEDは消費電力も抑えられるのでバッテリーにも有利です。

>