検察庁 法 改正 案 問題 点。 検察庁法改正案大炎上!問題点は何?何のための改正?Twitter|話題の口コミ福めぐり

「検察庁法改正案」って結局何だったの?政府が国民に吐いた嘘とは?

少し細かな話になりますが、お付き合いください。 第十六条 政府は、国家公務員の年齢別構成及び人事管理の状況、民間における高年齢者の雇用の状況その他の事情並びに人事院における検討の状況に鑑み、必要があると認めるときは、新国家公務員法若しくは新自衛隊法に規定する管理監督職勤務上限年齢による降任等若しくは定年前再任用短時間勤務職員若しくは定年前再任用短時間勤務隊員に関連する制度又は新検察庁法に規定する年齢が六十三年に達した検察官の任用に関連する制度について検討を行い、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。 その他、政府をチェックすべき機関の人が、政権に忖度する可能性のある定年年齢の特例延長をすることは、「権力分立」の観点からすれば、それはありえないでしょ、という話です。 この疑念の声はSNS上でも膨れ上がり、改正案に対してTwitterでは多くの人から批判の声があがっています。 検察庁法改正案単体ではなく、複数の関連法案が束ね法案として提出されています。 問題となったのは、2つ目の役職延長です。

>

検察庁法改正案への抗議の声に水を差す人が知っておくべき、今改正案の問題点

検察は「行政機関」です。 もしこの法案の通りに改正案が通ってしまうと、内閣と裁判所の関係が密になってしまい、それぞれの抑制しあっていた関係が崩壊してしまいます。 ですが、この国家公務員法の定年延長は 「検察官には適用しない」 とする政府答弁が1981年に出されています。 問題は定年年齢の引き上げではない Q:他の公務員と同じように、検察官の定年年齢を65歳に上げてはいけないの? A:検察庁法改正案は、一般の国家公務員の定年年齢を60歳から65歳に段階的に引き上げる改正案と、セットで国会提出された。 ましてや、「 三権分立」と結びつけるのは、ちょっと無理のある議論だと思います。 問題は黒川氏が対象になるかではない Q:東京高検の黒川弘務検事長(63)の定年延長と、今回の改正案は無関係では? A:政権に近いとされる黒川氏…. この国民投票法改正案が成立しても、国民に不利益が生じることはなさそうです。 理由としては、カルロス・ゴーン被告人や当時まだ捜査中であったIR汚職関連を含めて、「東京高等検察庁管内において遂行している重大かつ複雑困難事件の捜査公判に対応するためには、…黒川弘務の検察官としての豊富な経験・知識等に基づく管内部下職員に対する指揮監督が必要不可欠」と政府が判断したとのことでした。

>

検察官定年延長法案、ネットで「大炎上」の理由

したがって、現職の検事総長である稲田氏がやめない限り、あるいは定年に達しない限りは、黒川氏が検事総長になることはありません。 そこでこの検察庁法案改正です。 今回の法解釈の変更は妥当ですか? -------- 妥当ではありません。 立憲民主党など野党は、検察官の定年延長を可能にする検察庁法改正案をめぐり、今国会での成立を目指す安倍政権を厳しく批判している。 (施行期日) 第一条この法律は、令和四年四月一日から施行する。 黒川氏の定年が話題にのぼる、はるか前からの議論でした。 具体的には 全ての検察官の定年を65歳まで引き上げます。

>

検察庁法改正案どうなる?そもそも,問題点を知りたい!【抗議理由の謎】

その結果、 検察官にも「 勤務延長制度」を認めるよう「 解釈変更」がなされ、1月31日に閣議決定されました。 12[21:34] 改正案の内容について整理表を追加しました。 検察庁法改正案を反対する人たちが指摘する問題点は? 今回の問題点はこれまで国のバランスを保っていた三権分立の崩壊という点です。 ・黒川検事長のお誕生日は2月8日(今年で63歳)。 これに対して、どこが担うか、ということになると、名称は国によってそれぞれです。 ここから、検事総長、次長検事、検事長は、一般に〈〉と呼ばれて、特別な存在とされています。 。

>

検察庁法改正法案とは?内容や問題点をわかりやすく紹介!

何が問題視されている? 問題視されているのは、検察庁法の改正によって役職定年の延長を内閣の判断で行うことができるようにするという点です。 与党側は法案の施行は2022年度であり黒川氏の人事と関係ないと反論しているが、自民党内からも法改正に反対する声が出ている。 問題の本質を捉えている意見は3であり、この3は議論が必要です。 ここで、「 解釈の変更」という話がでてきます。 ただし、特例として、内閣の定めるところにより、次長検事と検事長は引き続きその職位で仕事ができ(第5項)、またこれを定年までさらに延長することができる(第6項)とされています。 1 前条第1項の規定により退職すべきこととなる職員の職務の遂行上の特別の事情を勘案して、当該職員の退職により公務の運営に著しい支障が生ずると認められる事由として 人事院規則で 内閣が定める事由 2 前条第1項の規定により退職すべきこととなる職員の職務の特殊性を勘案して、当該職員の退職により、当該職員が占める官職の欠員の補充が困難となることにより公務の運営に著しい支障が生ずると認められる事由として人事院規則で定める事由 2 任命権者は、 前項の 前項本文の期限又はこの項の規定により延長された期限が到来する場合において、 前項各号 前項第1号に掲げる事由が引き続きあると認めるときは、 人事院の承認を得て 内閣の定めるところにより、これらの期限の翌日から起算して1年を超えない範囲内で期限を延長することができる。

>

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

再度必要なら、あらためて延長できますが、それでも最長3年間までとなっています。 その一方で、渦中の黒川弘務氏が賭け麻雀という何とも情けない理由で東京高等検察庁検事長を辞任したので、これでこの問題は一段落かと思う人もいるかもしれませんが、決して油断はできません。 定年延長や三権分立やら出てるけど極端な反対意見ばっかりで分からん。 以下、順番に解説していきます。 ロッキード事件を捜査した元検察トップも反対 ロッキード事件で逮捕・起訴された田中角栄元首相。 そのために手厚く身分が保障されているが、定年になれば退官する。 米ロッキード社が航空機の売り込みをめぐり、日本の政界に多額の賄賂を送った事件だ。

>