幡野 広志。 写真家・幡野広志さんの人生相談本2作目 毒親、DV、就活、レイプ... 『他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。 #なんで僕に聞くんだろう。』

10月19日に公開されたぼくの記事について|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

10月19日配信の最新回のタイトルは「大袈裟もウソも信用を失うから結果として損するよ」。 そういう時「絶対当たらないよ」と言っているよりも、「きっと当たるよ」って言っておいた方が、当たっても外れても、その人から好かれると思うんですよ。 その後も痛みは続き、整形外科や内科に行くも 痛みは収まらず、同年の11月に大きな病院に 行ったところがんであることが分かったそうです。 ご相談者様、そして、被害者の皆様に、心よりお詫び申し上げます。 彼が刊行した『』には、幡野さんが身体の異変に気づいた日から診断・告知に至るまで、そしてがん公表後に出会った人々との話が綴られている。 答えた人が直接お礼を言いに来てくれるのは、嬉しかったですね。

>

【炎上】幡野広志さんがDV相談した女性を嘘つき呼ばわりし大炎上 糸井重里さん擁護ツイート : まとめダネ!

申し訳ありませんでした。 なかなか、そうは思えない人が多いように思います。 するとそこから、仕事関係者を中心に噂が広まり、電話やメール、SNSの通知音が鳴り止まなくなった。 今週の幡野さん 愛媛に行ってきました。 「嘘をつかない答えって、嘘に惑わされないことなんだね。

>

なぜ? 写真家・幡野広志、DV被害者の悩み相談を嘘と切り捨...

そのあたりの理由も含めて、 全6回の対談をおたのしみください。 またメッセージ送りますね、ではまた。 だからいまはまだ、みきさんの相談には答えることはできないのだけど、いつか必ずもう一度答えさせてください。 私の両親はずっと不仲で、自分自身子供の時を思うと心が痛くなる時がありました。 もし今後掲載した方がいいと幡野さんや編集の方達で判断されれば、掲載して頂いても大丈夫です。 『なんで僕に聞くんだろう。

>

親子の「距離感」は難しい…! 独特の人生相談で人気の幡野広志さんに聞いてみた|ウーマンエキサイト(1/2)

そうですね。 今後、専門家や当事者の方がたから学び、多様性ある社会へと前進させるため、本メディア上での具体的なアクションを続けていきます。 だから幡野さんに相談すれば、何かを考えるきっかけになるかもしれないと思って相談しました。 心配してくれる気持ちはよくわかるけれど、ベッドで天井を見つめながら毎日を過ごして寿命を延ばすことを僕は望んでいない。 できれば楽しい思い出だけ残してあげたい」(幡野さん) 幡野さんにとって死に方を考えることは、残される人たちを思いやることでもあるのです。 よろしくお願いします 長々とすみません。 』(幻冬舎)が、2020年11月12日から発売予定だ。

>

幡野広志さん「なんで僕に聞くんだろう。」インタビュー がんを患った写真家が他人の人生相談に向き合う理由|好書好日

もちろんDVというものが存在することは認識していたけど、きっとぼくが想像をするよりも遥かに多くDVは存在するんですね。 >> まわりを笑顔にする優しさと、真綿の「優しい手」 保育園の友だちにおもちゃをあげる。 子どもが生まれると、自分の仕事や趣味を諦めてしまう人は多いですが、僕は逆じゃないのか? と、思うんです。 ありきたりな感想なんですけど、考えさせられるというか。 息子への手紙でもあり、全ての人への手紙でもある、処女作『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

>

幡野広志(写真家)は余命3年の末期がんでwiki風プロフィールと結婚した妻や子供は?ハートネットTV

障害と上手く付き合っていく方法を聞きたい」「精神の病を患う元夫を受け入れられない自分が薄情で残酷だと思うのが」「結婚する友だちをみるたびに妬ましくおもってしまう」「地味にまじめに勉強をし続けている私は間違っているのか?」「死産した苦しみをずっと背負っている」「レイプされて生まれた子を愛せなくなってしまうかもしれない恐怖がある」「就活が迫っているのに、したいことがわからない」「毒親を自認するシングルマザーだけど、今の彼の子供がほしい」「私も幡野さんみたいに本音で生きたい」「親に復讐するには、どんな方法が一番いいか知りたい」「23歳だけど恋人ができたことがなく、女性用風俗に行った」「障害をもつ子供の親になったことを受け入れられない」「好きだった先生を忘れられないので、貫こうと思う」「受験に失敗してから、ずっと前を向けない」「アルコール依存症の母をこれからもずっと面倒みないといけないのか」「難病を患ってる同僚を殴ってしまいそう」「娘が、過激な動画を見ていたのが、どうしても許せない」. 幡野氏「DVについて学んでいく」 当の幡野氏も26日、「」と題した声明を出し、「記事が発端でDV被害の二次被害を増長させてしまったこと、DV被害の経験者の方を苦しめてしまったこと、DV被害について無知であるにも関わらずウソと決めつけて記事を書いたことを、深くお詫びします」と陳謝した。 』書籍第2弾。 それは、がんになる前と後、心の軌跡をたどるものでした。 いずれ、こう、何というか……例えば依存が強い親だったら そういう人間だってことが子どもにバレちゃうんです。 どういう意図でなりすまして削除依頼をしたかは不明ですが、そもそもなぜニセ相談者さんとわかったかというと、記事の削除後に本物の相談者さんからメッセージが届いたからです(本人にしか知り得ない情報が入っていたので、今度は本物と判断できました)。

>