ジョージ カーリン。 ジョージ・カーリンのメッセージで感動の作りかたを学ぼう!

ジョージ・カーリン

」と嘆く人たちで溢れている。 それは、 we have taller buildings but shorter tempers, ビルは高くなったけれど 人の気は短くなり、 wider Freeways, but narrower viewpoints. このヒト達は慎み深い人々だが、そのヒト達のことなんてこれっぽちも考えてない、ああいった金持ちのチンカスどもを選挙で当選させ続けているんだ。 そして、死後の世界にお金は持っていけない…。 (ジョージ・カーリン). ヤツラが全て所有している。 ヤツラが主要な土地 全てを所有していて、 ヤツラが巨大株式会社の 運営権を所有している。 利益は求めるが、人間関係は浅くなっている These are the days of two incomes but more divorce, 共働きで稼ぐが、離婚は増えた Remember; spend some time with your loved ones,because they are not going to be around forever. 他人を恨んだり、妬んだり、お金が中心の考え方ばかりをしていると、心が本当に醜くなってしまい、運も離れていきそうです。

>

この時代に生きる私たちの矛盾

まとめ この時代に生きる私たちは、 矛盾を抱えながら生きていくことから逃れられない存在なのかもしれません。 We drink too much, smoke too much, spend too recklessly, laugh too little, drive too fast, get too angry, stay up too late, get up too tired, watch TV too much, and pray too seldom. カーリンが「過激なことを言う芸人」として、若者から大人気になるきっかけとなったネタ。 絶対に 改善されない。 We talk too much, love too seldom, and hate too often. それが第二次大戦になるとBattle Fatigue(戦闘疲弊)になる。 これっぽちもだ。 会場爆笑。 どれだけ、心のふるえる瞬間があるかだ。

>

スタンダップコメディーで皮肉な英語を学ぼう。Byジョージ・カーリン

1937年に生まれた彼は、空軍を経てラジオパーソナリティーとして活躍、1959年のボストンで後の相棒Jack Burnsと出会った。 物は買いまくっているものの、楽しみは少なくなるばかり。 さらに1950年代の朝鮮戦争になるとOperational Exhaustion (作戦的消耗)になってより長くなる。 でもねオイラが、ヤツラが求めないことを教えるよ。 キスと抱擁は、傷ついた心を 内深くから癒してくれるから。

>

ジョージ・カーリン

月まで行って来れるようになったのに、隣人とはトラブルばかり We've cleaned up the air, but polluted the soul. (以下略) ****************************** 引用終り ジョージ・カーリン氏が動画の中で「ヤツラ」「ヤツラ」と言っているのは、ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥のことだと思います。 薬は増えたが、元気な者は減った We drink too much, smoke too much, spend too recklessly, 我々は飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費し過ぎるが laugh too little, drive too fast, get too angry, 笑顔は少なく、猛スピードで運転し、すぐに怒る read too little, watch TV too much, and pray too seldom. 当時の私たちは時事ネタを扱い、自分の立場を明確にしていた。 そこをオーナー達は信頼しているんだな。 AND ALWAYS REMEMBER: Life is not measured by the number of breaths we take, but by the moments that take our breath away. 空気を綺麗にしてきたけれど、魂は汚染された。 それによれば、人の幸福度を左右する最も重要な指標は、お金・社会的成功・健康 ではなく『 愛(身近な人々との 人間関係の深さ)』だとのこと。

>

選挙前に読んでおきたいジョージ・カーリンの言葉。これ以上ダマされないために・・・

We build more computers to hold more information, to produce more copies than ever, but we communicate less and less. ヤツラには不要さ。 ヤツラは、 これっぽっちもアンタ達のことなんて 考えちゃいないぜ。 ヤツラは、批評的な思考回路を持つ市民を求めない。 会場爆笑。 利益を追い求めるが 人間関係は浅い。 *****(以下、DhiPatriotsより意訳) 歴史における私たちの矛盾点、それは次のようなものだ。 「この時代に生きる私たちの矛盾」について さすがは社会派コメディアン! 言葉の使い回しが絶妙です。

>

繧ク繝ァ繝シ繧ク繧ォ繝シ繝ェ繝ウ 譛ャ, 縲御シ昴∴譁ケ縺9蜑イ縲阪→縺�≧譛ャ縺ョ荳ュ縺ァ邏ケ莉九&繧後※縺�k遉セ莨壽エセ繧ウ繝。繝�ぅ繧「繝ウ縲√ず繝ァ繝シ繧ク繝サ繧ォ繝シ繝ェ繝ウ縺ョ縲後%縺ョ譎ゆサ」縺ォ逕溘″繧狗ァ√◆縺。縺ョ遏帷崟縲阪→鬘後&繧後◆蜷崎ィ繧偵#邏ケ莉九らァ√◆縺。縺ッ豈取律縲∝ソ�′縺オ繧九∴繧九h縺�↑迸ャ髢薙r逕溘″縺ヲ縺�k縺繧阪≧縺?

We've added years to life not life to years. 時代や環境のせいにしないで自分を変えるということは、もしかすると一生かかることかもしれませんが、人生の中で成し遂げたいことのひとつだと思っています。 これには理由がある。 ヤツラは、 情報に通じていて、 教養があり、 批評的な思考回路を持った 人達なんていりゃしない。 カーリンのネタが現実になる時代 ちなみにトランプが政権に就いて以来、カーリンが生きていた頃の発言が現実になっていると指摘する記事もよく目にする。 飛び級とオチこぼれナシ?どなたかどこかで矛盾していませんか? でも理由がある。 本当のオーナー。

>