メンタル ヘルス マネジメント 検定 試験 日。 メンタルヘルス・マネジメント検定の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

【実録】メンタルヘルスマネジメント検定〔Ⅱ種・Ⅲ種〕勉強法

目次 メンタルヘルス・マネジメント検定の勉強法 勉強初期(10〜15時間) Aを一通り精読。 しかしII種の合格率は50%前後のため、場合に寄ってはあなどれなく、III種と併願する際はII種の勉強を中心に進める必要があります。 試験中の予想外の躓きにも焦らず対応できます。 この記事では、「メンタルヘルスマネジメント検定とはそもそもどのような試験なのか」「検定試験の難易度」「試験の合格率」「検定試験に合格するためのベストな対策」など、受験生の方が知りたいことを凝縮してご紹介いたします。 部門レベルでの心の不調の問題に対応し、主に部下のメンタルヘルス対策のための知識や対処方法を学ぶことができる内容となっています。

>

メンタルヘルス・マネジメント検定の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性• 1通につき、 1,250円(税込)の発行手数料がかかります。 メンタルヘルス対策の中で、管理監督者の役割は特に重要です。 心の病にならないためには、有効な対策を取り入れる必要があります。 以下に私が行った勉強計画を説明しますので参考にしてください。 公式のものなので、内容に不足はありません。 但し、論述問題の得点が25点以上。

>

メンタルヘルス・マネジメント検定の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

5 試験の概要 1 受験資格 メンタルヘルス・マネジメント検定には、 学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。 2種:ラインケアコース 管理監督者(管理職)が対象で、部門内や、上司としての部下のメンタルヘルス対策を推進する• (方法は中期にて記述) 勉強中期(20〜25時間) ここからはBの問題に取り掛かるとともにBが勉強の中心となります。 続けているうちに余裕があれば近年のメンタルヘルスに関するニュースを、テキスト内で取り上げられるメンタル機関のサイトなどで確認してもよいです。 次に3種は、セルフケアに関する内容ということで、 あまり新鮮味が感じられなかったので見送りました。 その兆候を的確にとらえて、医療の専門家につなげる橋渡し的な役割を担う知識の学習がメンタルヘルスマネジメント検定という事です。 統一試験日に札幌・東京・大阪・福岡などの全国15都市の指定会場で試験が実施されます(公開試験)。

>

メンタルヘルスマネジメント検定1種は独学で合格可能なのか?

とにかく何度も繰り返し、最低でも3回は見直しをします。 何かを学ぶ際に仲間がいると、分からないことをすぐに聞くことができたり、議論することにより知識が確かなものになるでしょう。 試験教室の温度についてはご要望に沿えないことがありますので、体温調整ができる服装でお越しください。 試験問題・答案用紙等を複写・撮影する。 最初の1ヶ月は、テキストを 繰り返し読み、残りの1ヶ月で問題集を解き、間違えた問題を減らしていきました。

>

メンタルヘルスマネジメント検定とは

・雇用が継続され、安定した収入を得られやすくなる ・精神状況が良好な人はコミュニケーションが取りやすくなる ・上司や同僚などとよい人間関係が構築でき仕事も楽しくなる ・配偶者や子供、親などとの良好な人間関係を保ちやすくなる 学習方法はさまざまありますが、通信講座を利用した場合は、独学より合格できる可能性が上がったり、カリキュラムが用意されていているためスケジュール通りの学習を行うことができます。 2020. とにかく何度も繰り返し、最低でも3回は見直しをします。 メンタルヘルスマネジメント検定の公式テキストは、全国の主要書店で販売しており、インターネット通販でも購入できます。 例えば法律で定められている残業時間の時間が間違っているのであれば、その正しい数字だけ書けばよいです。 個々の労働者への配慮• 受験料・試験の内容はコースごとに異なる メンタルヘルス・マネジメント検定の受験料や試験の難易度はコースによって異なります。 模範解答では、記載しないと正解にはならない「要点」があるので、その点をしっかりと意識して学習しましょう。

>

メンタルヘルスマネジメント検定試験2種,3種の概要と勉強法および合格率

最後に 「ストレス解消」という言葉はよく使われていますが、実際の社会ではストレスが高まり、うつ病などの精神的な病に冒されたり、過労死したりといったことが後を絶ちません。 メンタルヘルスマネジメント検定とは? 役割に応じたメンタルヘルスケアに関する知識・対処方法を得る検定 メンタルヘルスマネジメント検定は、対象者(経営幹部や一般社員など)の職場での役割に応じて、それぞれが必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を得ることができるようになることを目的とし、2006年から始まった検定試験です。 メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割• 職場環境等の評価および改善の方法• 集合時刻に遅刻したり、試験会場を間違えると受験できません。 メンタルヘルス・マネジメント検定を通して、労働者はセルフケアに関する知識が身につくので、未然に防止できるようになります。 メンタルヘルスマネジメント検定1種の 試験日は年に1回のみで11月に行われます。 このノートは、試験日前の総復習の際などにも役に立つでしょう。 II種・III種どちらもあるが、余裕がなければII種のみでも可です。

>

公開試験結果・受験者データ

主催者サイト: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? うつ病という心の病は誰でも聞いたことがあると思いますが、正面から向き合って真剣に考えたことがある方は少ないのではないでしょうか。 Webで情報収集してみたところ、• 気合いを入れて 合格を勝ち取りましょう! 目次• メンタルヘルス・マネジメント検定には団体特別試験として会社や学校で特別に試験を実施することもあります。 この記事では、「メンタルヘルスマネジメント検定とはそもそもどのような試験なのか」「検定試験の難易度」「試験の合格率」「検定試験に合格するためのベストな対策」など、受験生の方が知りたいことを凝縮してご紹介いたします。 メンタルヘルスマネジメント検定の公式テキストは、全国の主要書店で販売しており、インターネット通販でも購入できます。 そのために自分自身から職場全体に至るまでストレスの原因やケアについての幅広い知識を身に着けるのがメンタルヘルス・マネジメント検定です。

>

メンタルヘルス・マネジメント検定の内容や合格率、試験対策を解説します!

そして、ラインによるケアで大切なのは、 管理監督者が「いつもと違う」部下に早く気付くことです。 メンタルヘルス検定3種のおすすめテキスト! 検定のほとんどの問題がこの公式テキストから出題されるので、とりあえず試験対策用に用意することをおすすめします。 メンタルヘルスマネジメント検定とは、うつ病などの疾患の正しい理解とうつ病の予防、そして、自分自身あるいは身近な人がうつ病に陥った場合の正しい対処方などの知識を学ぶための試験です。 過去問の問題集は ネットで購入することもできますよ。 どれくらい勉強すれば合格できる?? 個人差はありますが、 メンタルヘルスマネジメント検定1種に 合格するために必要な時間の目安は 120時間程度とされています。 また、テキストの内容が頻繁に改定されているため、最新のものの使用を勧めます。

>