ジョイント ゾーイ。 ゾーイとジョイントゾーイの違い

【THタックル】バスプロも使用するギル型ビッグベイトの2020年新色「ジョイントゾーイ復刻カラー」発売!

リアルベイトとはいえ、きっとバスからすれば違和感の塊だとは思います。 いまの釣り業界は、パクリメーカーとコスプレユーザーで成り立ってるようなもんですが、ときどきこういう奇天烈な爆弾が投下されるんですよね。 でも実は、この多芸さが扱いを難しくしているような気がします。 腹びれ、尻びれ、尾びれの各部にフラッシングブレードを搭載し、高いアピール能力でバスを寄せます。 これは集魚効果と食わせの要素を併せ持つ実績の高いアクションです。

>

【楽天市場】THタックル ジョイントゾーイR 【ネコポス配送可】:フィッシングサンイン

スポンサーリンク ジョイントを生かそうとするほど釣れない ジョイントゾーイを使い込むなかでたどり着いたのは、まさかの本末転倒な結末。 ボディ下部にフックが付いていないので、根掛かりを軽減してくれそうです。 リアルだから釣れるというわけではないでしょうが、アングラーとしてはオートマチックに自信を持てちゃう、そんなゾーイちゃんなのです。 これはTHタックルさんが当時、通常の野池ギルカラーとして1ロットか2ロットだけごく僅かに塗って販売したカラーだそうです。 フェザーとスカートで支えられる浮力があるので沈む速度はかなり遅いです。 学ぶべきことは本当に多いですね。 最近はバカでかいルアーが多いので2oz以上ないとビックベイトって感じではない。

>

【楽天市場】【2019年新色】THタックル ジョイントゾーイ (RSカラー) 【ネコポス配送可】:フィッシングサンイン

これは気付かなかった。 ジョイントゾーイのS字アクションは手元にアクションが伝わりやすく、ファーストリトリーブも可能です。 リアルな造形、そしてカラーリング、多様な使い方で魅了いっぱいのルアーでした。 この希少な野池ギルカラーは2019年JB TOP50、NO. 画像だと紫薄めですが、実物は結構バイオレット(紫)です。 あくまでも自己流なので、誰かにとっては刺さるかもしれないし、誰かにとっては鼻で笑われるかもしれないし、誰かにとっては「普通やん」と思われるかもしれません。 これはゾーイ、ジョイントゾーイ特有のサイドフェザーフック&テールラバーの恩恵で、とくに流れのあるエリア、たとえばバックウォーターなどでは自発的なアクションが期待できるうえに、つつくようなキスバイトもサイドフックが高確率で絡めとります。 でもそれは大間違いで、ジョイントがあるからこそ、見せて魅せるリアルベイトとしての強みが生かせるんですよね。

>

☆THタックルのジョイントゾーイ購入☆

小ギルちゃんそっくりなシルエットでございます。 これをヒトに置き換えると、スキップしながら目の前を通り過ぎる、できれば関わりたくないヤツです。 I字引きにカッ飛んできたヨンジャップ 置いて食わせる、もはやビッグなスモラバ ジョイントゾーイはバスの通り道や、バスが執着しているスポットに置いておくだけでも釣れます。 これは集魚効果と食わせの要素を併せ持つ実績の高いアクションです。 引いてやると、フロントのWバズブレードは細かい水飛沫とブレード同士が接触する金属音を発生! そしてリアのROTOブレードは重たくトルクのある回転でカップ形状のブレードが空気をはらみ甘い水音と丸い水飛沫を発生。

>

【楽天市場】THタックル ジョイントゾーイR 【ネコポス配送可】:フィッシングサンイン

ブレードがついてる リトルジョイントゾーイにはウィロータイプのブレードが胸元についています。 Mクラスのベイトロッドでも普通に扱えるサイズ、重量でございます。 リトリーブでS字系の迷走アクションと、スローな引きによるアI字アクションをうまく組み合わせ、多彩な誘いが出来るモデルです。 リンク 価格 価格は税込み4378円。 尾の部分にもラバーに隠れてトリプルフックが付いています。 上がジョイントゾーイで下がゾーイ ゾーイとジョイントゾーイの使い分け ゆっくりただ巻きでフラフラせずに真っすぐ泳いでくるルアーに反応がいいと感じる状況であればゾーイ。

>

ジョイントゾーイはビックベイトが苦手でも釣れそうなルアー!

この状態からグリグリとリトリーブするとジョイントゾーイはS字系の迷走アクションへの変化しリアクションバイトを誘発します。 アクション ゆっくり引けばI字引き、巻けばS字系アクション。 まあこんなギルは自然界にはまず居ないのですが、バスはなんだと思って喰うのでしょうか。 どんな構造かというと… フィールドを選ばないコンパクトなボディーにを詰め込んだ リトリーブするとき、 テールのは。 ちなみにこれは、オリジナルゾーイよりもジョイントゾーイの方がサイドフックのヒートンが長いため有利です。

>