胡蝶 蘭 の 増やし 方。 胡蝶蘭は挿し木ができるの?どうすれば増やせる?

株を分けて大切な胡蝶蘭を増やしてみよう!上手な胡蝶蘭の増やし方

胡蝶蘭の成長期にあたる4~6月の春を狙って、以下の手順で植え替えを行いましょう。 銀行振込(前払い) ご注文確認のため振込入金先を記載したメールをお送りいたしますので、お振込みをお願いいたします。 元気な胡蝶蘭の葉の色や大きさの特徴 では基本として胡蝶蘭が元気な状態での葉っぱの色や大きさを紹介します。 つまり花が咲くには十分に葉が成長していなければなりません。 とは言ってもやり方は非常に簡単で、水をスプレーして葉に直接与えるようにするだけです。

>

胡蝶蘭の増やし方!株分けでしっかり増やすコツをご紹介!

家庭でも可能!胡蝶蘭は挿し木ではなく株分けで増やす 胡蝶蘭を増やす場合は、 挿し木ではなく株分けで増やすことができます。 根を折らないように注意しながら、 親株きら芽の出た子株を切り取る。 大輪の白い胡蝶蘭は開店祝いや当選祝いなどで贈られることが多く、胡蝶蘭がずらりと並ぶ姿は壮観です。 そしてそのエネルギーを利用して、花を咲かせるのです。 冬の間に寒さや水切れで蕾が枯れることがあるからです。 10月から見え始める小さい花芽なら、低温の冬の間は大きくならないので、蕾の枯れる心配はありません。

>

支柱を使って胡蝶蘭の見栄えを良くする方法

株分け後の環境に注意しよう 高芽、子株どちらの株分けの場合も、大切なのは 根をしっかり定着させることです。 胡蝶蘭の葉は元気な状態ではぷっくりと張りがある葉をしていて、色合いは深いグリーンです。 と言っても、どちらが胡蝶蘭の置かれている状態か区別が付きにくいということもあるでしょう。 そうしていると花芽のように葉の上の方に小さな葉の芽が出てくるでしょう。 水苔とバーグはそれぞれ性質が違うからです。 子株で株分けをする方法• 次に子株を親株から切り離します。 「株分け」とは? 「株分け」とは、株から新しい根や花芽が出てきたときに「親株から一部を根ごと切り離し、新しい鉢に移し替えること」を指します。

>

株を分けて大切な胡蝶蘭を増やしてみよう!上手な胡蝶蘭の増やし方

小ぶりの胡蝶蘭やピンク色の胡蝶蘭もあり、ちょっとしたお祝い事やプレゼントにも華やかで人気があります。 なかには、複数の花芽を保つことができず枯れてしまう株もあるので、確実に花を咲かせたい場合は花芽を切って間引き、1本だけにして育てた方が良いでしょう。 しかし株そのものは生きていますので、暖かくなったらしっかりと肥料と水をやります。 糸を取り除くと反射的に体をくねらせて逃げます。 特に夏場の日差しは強すぎて、葉が焼けてしまいます。

>

支柱を使って胡蝶蘭の見栄えを良くする方法

これは、温度により株の状態が変化しているためで、詳しくは を紹介していますのでそちらをご覧ください。 ご入金が確認できましたら、商品の準備・発送をさせていただきます。 既存の花茎はワイヤーが付いているので、少々面倒ですが、支柱のワイヤーを花径から少しずつ外していきましょう。 下葉が柔らかく成る様だと水不足です。 しかし屋内に侵入してきて胡蝶蘭に着いてしまうとかなり大きな被害を出します。

>

【胡蝶蘭の花芽】根との見分け方・出てくる時期と作り方

つまり胡蝶蘭の葉は貯蔵庫の役割をしているということですね。 そして傷口にも消毒液を塗るようにすること。 高芽と比べて芽が出ている為、 子株は比較的見分けやすいでしょう。 また根が5センチ以上に成長してから 株分けをしましょう。 このため、 1度花を咲かせて疲れた状態になっている株を元気にするには、1つの節ものこさず根元から既存の花茎を切り、葉と株だけの状態にするのが効果的です。 根に気を付けながら切り離してください。

>

お気に入りの胡蝶蘭を株分けで増やそう!

切り花の場合は鑑賞用として飾ってあげましょう。 葉が枯れても諦めずに葉の状態を確認しながら、世話を続けていくことが胡蝶蘭との上手な付き合い方なんですね。 「そんなこと言われても見ただけじゃ分からない」と言われてしまうかもしれませんが、気を付けるポイントに芽を配ればすぐに異常に気付けるようになりますよ。 水遣りの時は、葉の埃を取るのも一緒に行います。 それを防ぎ、見た目も綺麗にする為に伸びてきて花径となった花芽を支柱で支えます。

>

【胡蝶蘭の葉】葉水のやり方と枯れたときの対策

そして、花茎を切り取る時は、株ギリギリの所で切り取って下さい。 胡蝶蘭を通販で買うなら、アロンアロンで! 「アロンアロン」は、知的ハンディキャップを持つ方が丹精こめて栽培したをはじめ、やをネット上で販売しています。 そして2番花は胡蝶蘭にとって体力を使ってしまいます。 これは根腐れと同じ状態で、対処は掘り起こして腐ってしまった根を切り落とすことが第一です。 胡蝶蘭を増やすのは難しいといわれていますが、せっかく子株が出来ているのならチャレンジしてみるしかないですよ! 胡蝶蘭は育てるのが難しいといわれている中で、胡蝶蘭を株分けできるまで成長することができているのは胡蝶蘭の育て方や環境が良いということです。 高芽を切り離してもすぐに花芽は尽きません。

>