力強い 動き を 高める 運動。 小5体育「体つくり運動」指導のポイント|みんなの教育技術

小6体育「体つくり運動~体の動きを高める運動~」指導のポイント|みんなの教育技術

また学習評価にも活用できます。 また、自分や友達の体や心の変化への気付きを促すよう、発達の段階に応じた行い方や言葉がけを工夫することが必要です。 第6・7時では、自分の体の動きに応じた運動を選んで取り組みます。 体つくり運動は子供にとって、仲間と楽しく運動することで運動や体育がますます好きになれるよさがあります。 ICT活用• 動き方を確認し、ポイントを見付けたり、工夫を考えたりできます。

>

小6体育「体つくり運動~体の動きを高める運動~」指導のポイント|みんなの教育技術

そのために、楽しみながら運動を行える場をいろいろ用意し、それぞれが意欲的に運動することで、自分の課題に気付くことができるようにしましょう。 また子供自身が、自分や友達の体力の伸びがわかるように取組前後の結果や様子をワークシートに記録しておくとよいでしょう。 体の動きを高める運動(単元後半) 運動のねらいに迫るため、子供や各学校の実態を踏まえながら、ある程度のまとまった時間を位置付けることが必要です。 その際、ペアやグループでの活動を中心にして取り入れると、一緒にしたり見せ合ったりすることで、自分の体力の向上を実感することができ、友達の動きのよさにも気付けるようになります。 その理由は3つあります。

>

小5体育「体つくり運動」指導のポイント|みんなの教育技術

音楽で静的な雰囲気や活動的な雰囲気をつくれます。 また、自分の課題に適した場を選んで運動しているかを確認し、学習が進められるようにしましょう。 体の動きを高めるためには、 人数、回数、距離、時間、姿勢、用具、方向などを変化させて運動を工夫しながら行うことが大切です。 ビデオを活用すると、自分自身を客観的に観ることができ、子供の気付きにつながります。 授業づくりのポイント 4 月、新しく高学年としてスタートする五年生は、心も体もやる気に満ち溢れていると思います。 体を動かす楽しさや心地よさを味わい運動好きになるとともに、心と体との関係に気付いたり、仲間と交流したり、さまざまな基本的な体の動きを身に付けて、体の動きを高めたりして、体力を高めるために行われる運動です。 体つくり運動は、「体ほぐしの運動」と「体の動きを高める運動」の2つの運動に分かれています。

>

小5体育「体つくり運動」指導のポイント|みんなの教育技術

また、友達と協力しながら、自分の体力に応じた運動を選び、計画的に自分の体力を高めるための方法を身に付けられるようにもしましょう。 また、子供が自分の体力に目を向け、必要感をもって運動に取り組むことが大切になってきます。 。 子供たちが「やってみたい」「できるようになりたい」という場づくりを心がけてください。 課題に合った運動をして、グループの友達と体力を高めよう グループストレッチコーナー 【ボール渡し】. さらに、互いの動きのよさを伝え合う活動も入れるようにしましょう。 第5時では、子供が6つのグループに分かれて、次の6種類の運動をローテーションで回ります。

>

小6体育「体つくり運動~体の動きを高める運動~」指導のポイント|みんなの教育技術

その際、昨年度の新体力テストの結果を参考にするとよいでしょう。 5・6時間目は、課題に応じた運動をします。 仲間と関わりながら運動する楽しさが味わえるように、1人の場面、複数の場面を意図的に分けて、運動を通して感じたことを確かめながら授業を展開するとより効果的です。 体ほぐしの運動(単元前半) 人数を変えたりテンポを変えたりすることで、運動の楽しさや心地よさも変わってくるため、意図的に運動の組み合わせ方やテンポを変えて授業を行うことが大切です。 教師は、子供が学んだことを生かして授業以外でも取り組みたくなるような授業を行いましょう。 そのような子供には、年度始めに体つくり運動をすることをおすすめします。 。

>

小5体育「体つくり運動」指導のポイント|みんなの教育技術

。 。 。 。 。

>

小6体育「体つくり運動~体の動きを高める運動~」指導のポイント|みんなの教育技術

。 。 。 。 。 。 。

>

小6体育「体つくり運動~体の動きを高める運動~」指導のポイント|みんなの教育技術

。 。 。 。 。

>