Sns 政治 広告 禁止。 Facebookが、巧妙な「政治広告」の規制に頭を悩ませている──ザッカーバーグ、透明性確保へ変心のワケ

Facebookが、巧妙な「政治広告」の規制に頭を悩ませている──ザッカーバーグ、透明性確保へ変心のワケ

政治団体、候補者、政治家によるコーズベース広告は許可しない コーズベースの広告とは、広義には、特定の思想や原因、目標を宣伝する広告のこと。 ザッカーバーグ氏がしたことは、トランプ大統領がFacebookを意のままに操って嘘をつき、有権者に嘘を配信するのに大金を払っているということです」 フェイク情報との戦いは「いたちごっこ」 政治広告は規制される方向に動き出しているが、フェイクニュースやフェイク広告を発信する方法は依然として存在する。 あとは、を利用する国民にも、や自衛が求められます。 が歓迎、が批判していますが、業界トップの競合企業と差別化するのも目的でしょう。 民主党に有力な候補者がいない中、「トランプ氏再選」も現実味を帯びている。 何百万人もの生活に影響を与え得る『投票行動』を左右させるために使うことができるのです」 「インターネットの政治広告は、市民の言論空間に対して、これまでにない課題を突きつけます。

>

Twitter、政治広告禁止ポリシーを公開 11月22日から実施

その用途として、政治広告などが疑われている。 そのため同社は、別の種類の懲罰に身を晒すことになった。 10月23日に開かれた米下院金融サービス委員会の公聴会では、アレクサンドリア・オカシオーコルテス議員がFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOを問い詰める場面があった。 だが、満足のいく指針になるとはとうてい思えない。 しかーし、もし政治広告を特定の人たちに強制的に届けるために誰かが私たちにお金を払うということなら、まあ、彼らは好きなように何でも発言することができるでしょう!』」 「(選挙の)候補者の広告のみを停止することも検討しました。 候補者、政党、または政治行動委員会(PAC)などの関連グループからの広告も許可しない• 金額にさえ上限をかければ、選挙運動や政治活動は出来るだけ自由にすべきだからです。 Twitterが、香港デモに関する中国国営メディアの偏った広告を掲載したと批判されたことを受け、世界の国営メディアによる広告を全面禁止にするポリシー変更を発表した。

>

Facebookが、巧妙な「政治広告」の規制に頭を悩ませている──ザッカーバーグ、透明性確保へ変心のワケ

それによると、• また、ツイッターのネッド・シーガル()最高財務責任者(CFO)は、今回の禁止措置による財務上の影響はほとんどないと述べている。 EUのフェイクニュース対策プロジェクト「」が、新型コロナ禍でのインフォデミックの現状について継続的にまとめており、その中で取り上げてきたのがロシアと中国の存在だった。 読者諸氏にはTwitterのユーザーもいることだろう。 米連邦選挙管理委員会(FEC)会長のエレン・ワイントローブは先日、ワシントン・ポストに寄稿した記事で、マイクロターゲティングによる政治広告の危険性を訴えた。 そのハードルの引き上げは、フェイクニュースの拡散そのものにも向けられている。 が対応に苦慮する政治広告、は撤退 のCEOのジャック・ドーシー氏が、全世界で政治広告を禁止するとツイートしました。

>

TwitterのCEO、「政治的広告はすべて禁止する」とツイート

新しいテクノロジーは、情報操作ではなく、自由のためのツールでなければならない。 欧州委員会は12月3日、新たな取り組みをまとめた「」を発表した。 また、支持政党に基づいて選挙広告のターゲットを設定することを今後は認めないという。 コロナ禍でのメディアへの逆風も、フェイクニュース対策における重要な論点だ。 もう一方のFacebookは、表現の自由を根拠に政治広告の禁止にまでは踏み込まないとマーク・ザッカーバーグCEOが議会で発言している。 swiper-pagination-bullets-dynamic. 後退する価値があることなのです」. Twitterの7~9月の決算は、売上高は9%増、純利益は95%減だった。

>

Twitterの政治広告禁止 日本への影響は?

が2020年3月に明らかにした、フェイスブックでは、政治広告を掲載していた「ページ」の半数以上が実際の資金供給元を開示しておらず、これは金額にして3,700万ドル(約38億5,500万円)にのぼることが指摘された。 そのものズバリの政治広告は打たないのではないか 今回、Twitterは直接的に政治広告を認めないという方針を打ち出してきたわけだが、おそらく、Twitterがどのような対応を取ったとしても、そのものズバリの政治広告を打つことを政党は避けるようにしていたのではないかと予想する。 そんなことが容易に想像できる。 EUは2019年5月の欧州議会選挙を控えた2018年4月、をまとめている。 1,140万人以上の米国人の目に触れたという。

>

Twitterの政治広告全面禁止は正しいだけに猛攻撃を覚悟せよ

国内でも、の利用者に、実質的な発信源や発信の意図を知らせずに、世論操作が行われている可能性があるからです。 日本で多数のボット(プログラムによる自動投稿をするアカウント)が活動していて、その多くがの主張をしている、という論文が、2017年に、エアランゲン=大学のファビアン・博士によって発表されました。 政府がすべきこととして、選挙に関する外国からの不当な発信につき、発信元を特定する能力(アトリビューション能力)の向上と制裁措置の整備等が挙げられており、外国からの選挙介入の備えとしては、私も賛成です。 要は、は、独自の利益のために、政治広告や政治的なコンテンツに対する対応を決めています。 「民主主義において、徹底した議論が行われることは非常に重要であり、全ての意見の妥当性を誰かが審判することは不可能だ。 。 アメリカではフェイスブックが政治広告のファクトチェックを拒否したことで批判を浴びている。

>

ツイッター、政治広告を全面禁止へ 来月22日から 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

11月15日には「規制」の具体的な内容を発表した。 そんな中、Facebook、Twitterなどソーシャルメディアの政治関連広告の扱いに急速に批判が集まっている。 「表現の自由云々ではない。 だが、ザッカーバーグ氏に泣きついても始まらない。 候補者、政党、投票問題、または選挙への投票に影響を与える広告を含む、政治的な広告は許可しない• これはなのだ。 Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', and 'CNET News. 広告主としては、トランプ大統領の選挙陣営だけでなく、エリザベス・ウォーレン上院議員など民主党候補らの陣営も含まれる。

>