高速 栗山 号。 札幌駅時刻表〜都市間高速バス/札幌 ⇔ 栗山・夕張

高速はやぶさ号(空港エリア)

岩見沢中心部の経路を一部変更し岩見沢栗山線には教大前経由を新設。 (平成3年)付で廃止となり、施設は長沼町へ譲渡され「」として使用。 途中停留所は野幌・南幌町立病院・栗沢駅前。 1987年9月19日 - 美唄インターチェンジ開通に伴う変更。 岩桂線 岩見沢ターミナル - 萱野 - 三笠ターミナル• 高速バス利用者のための駐車場が設置されている。

>

高速はやぶさ号(空港エリア)

JR幌内線(支線)廃止代替。 脚注 [ ] []• 1985年12月1日 - 特急札栗線を2往復新設。 12月1日 - A特急に野幌と高速栗沢を新設。 4月 空知中央バスへのを一部路線で開始。 (岩見沢発は通常便と同じく岩見沢ターミナル構内より発車)• 【バスの場合】 北海道中央バス 「高速くりやま号」札幌-栗山間約1時間。 4月1日 - 週末便の運行を廃止。

>

高速ペガサス号(日高エリア)

原型となる路線は鉄北線、桜木循環線、緑が丘・鉄北循環線。 4月10日 - 急行を江別ターミナル終着とし、江別ターミナル - 岩見沢ターミナル間廃止。 鉄北循環線の新設に伴い、月形線は北本町~開拓入口の経路を緑町経由から道道6号経由に変更し系統番号【21】を付与。 JR廃止後の交通網再編策として、を横断する経路を現在の(道道6号)経由から、みらい大橋(石狩川管理橋、広域)経由に変更する案が検討されている。 ・時刻表「急行新さっぽろ駅前線」および「新さっぽろ駅前線」はをご覧ください。 このほか、経路の一部をショートカットした「神社経由」や、教大前止まりの区間便も存在した。 神社経由はスクール便の経路となっている(同便自体が岩見沢市内線A・Bコースの支線扱い )ほか、2017年に新設された南町・春日循環線もそれに近い経路で運行されている。

>

高速ペガサス号(日高エリア)

江別 - 南幌間は1999年12月1日に廃止されている(を参照)。 1995年4月1日 - 特急岩美線を廃止。 栗山・広島線の区間系統だが、途中の経路が一部異なっていた。 開始時期は不詳だが12~3月は国道12号を通行するようになり、2010年12月以降はこの期間のみ市民会館前に2回停車していた• 一時は江別ターミナル発着便や、さらにその先の札幌市内まで直通する系統も存在していた。 停車バス停一覧• (昭和58年)10月 - 現在地に新築移転。 バス乗換路線• バス乗換路線• 2006年4月1日 - 志文線の西10丁目経由と美園南町線を廃止。

>

高速はやぶさ号(空港エリア)

1951年4月1日 - 北斗線を新設。 - 終点を石炭歴史村からレースイリゾートに短縮。 一部区間では・廃止代替を兼ねている。 夕鉄バス 「新さっぽろ駅前線」新札幌駅-栗山間約1時間。 岩見沢三川線 【28】岩見沢ターミナル - 栗沢駅前 - 栗山駅 - 由仁駅前 - 通 かつては、三川駅通よりも先の方面へ乗り入れる路線も存在した。 美唄発着のB特急を札幌 - 岩見沢間高速道路経由に変更。

>

高速はやぶさ号(空港エリア)

2009年4月1日 - 路線名を「かえで団地線」に改称。 1978年8月1日 - 鉄北線(岩見沢ターミナル - 北本町 - 北3条西10丁目 - 北5条西20丁目)開設。 高速くりやま号 [ ] 栗山駅出発 - 前 - - () - 札幌駅前ターミナル• 岩見沢234号交差点 江別12号交差点 江別337交差点 南幌337交差点 北広島274交差点 北広島 道道交差点 南幌 道道交差点 長沼 道道交差点 長沼 道道交差点 由仁274交差点 長沼 337交差点 栗山町へのアクセス 【車の場合】 札幌、千歳空港まで約40km、車で約40分。 いずれも農村部を経由する路線。 札幌行が乗車のみ、栗山行が降車のみの取り扱い。 1984年 - A特急を特急、B特急と新さっぽろ駅経由便を急行に呼称変更し、全便札幌駅前ターミナル発着に統一。

>