外苑 前 アンディ。 話題のモダンベトナミーズ。外苑前「Ăn Đi 」でテイクアウト

話題のモダンベトナミーズ。外苑前「Ăn Đi 」でテイクアウト

ただ、如何せん量が少ない… (結局、ティーリーフサラダ+昨晩の夕食ののこりのボルシチと、冷蔵庫にあったシャケでおにぎりをつくる。 日替わりのバインミー。 料理構成は食後のコーヒーを入れて12品。 「当時は、酢やぬか漬けを作ったり、はちみつも発酵させたりしていました。 こんにちは! 暑くて湿度が高い時にはスパイスが効いた食べ物を食べたくなります。

>

ベトナム料理とソムリエ厳選ワインのマリアージュが逸品!東京・外苑前の注目店『An Di(アンディ)』

2018年に「An Di」料理長の就任に至りました。 ココナッツプリンも普通と違う! 何やらハーブの香り。 真蛸、、大葉、にのソースで。 あずきも上品。 スイートチリソースで味わうそれとは全く違う、まろやかな旨みと和の風味を感じさせる生春巻き。 フレッシュな果実感が前面に出ていて、いやがうえにも食欲が増す味わいに仕上がっている。

>

話題のモダンベトナミーズ。外苑前「Ăn Đi 」でテイクアウト

715 ;--ease-in-out-quad:cubic-bezier 0. 気軽に来てください」。 去年の夏休みにに行ったの事を思い出しながら、外苑前にある< An Di>さんへお邪魔してきました。 バインミーを頼んだ息子たちも同様…それでもみな16時にはお腹がすいてしまった…)しかもテイクアウトで1000円〜1200円はちょっと高いと感じた。 「この人が作ったものを使いたい」と、強く思うように……。 ぜひ選りすぐりのワインや日本酒とともに、ご賞味あれ。 写真(上)の「ティーリーフサラダ」は、ミャンマーの伝統料理であるお茶の葉のサラダ「ラペットゥ」をアレンジしたもの。

>

ベトナム料理とソムリエ厳選ワインのマリアージュが逸品!東京・外苑前の注目店『An Di(アンディ)』

デザートにはさっぱりとすだちとベルベーヌ、ココナッツミルクのプリン。 (たしかにコースの方が結局おトクになりそうな内容)。 日本茶の産地では、お茶の出がらしを食べる文化があると聞いて「ぜひ取り入れたい」と、食べて美味しい茶葉を探して出会ったのが「星野製茶園」でした。 発酵茶葉を単独で食べると苦味が強いが、全体をよくまぜることで、茶葉の程よい苦味、それぞれの食材の持つ食感が複雑に絡み合う!! ワインは日本のタケダワイナリーの無濾過の白を。 モダンベトナミーズと称されるその料理の担い手は、元フランス料理人である内藤千博(ないとう ちひろ)シェフ。 地中海風の深いターコイズブルーのカウンターが印象的。

>

地図 : An Di (アン ディ / Ăn Đi)

2 ;will-change:opacity;opacity:0;transition:opacity. AIX:S 住所 電話番号 050-5486-8616 (お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。 2;color: f8f7f7;color:var --color-neutral-100 ;background-color: e18f2e;padding:2px 10px;margin-left:3px;border-radius:. 発酵は、料理の幅を広げてくれます」。 日本の食材とフレンチの技から生まれるモダンベトナミーズとは一体どんな料理なのでしょう? ふたつの必需品を取り入れた『ティーリーフサラダ』など料理の全貌は、次回「足跡レストラン」でご紹介します。 マンゴーと柑橘系のソースをかけてよく全体を混ぜていただく。 定休日 不定休日あり ぐるなび 上記は取材時点での情報です。

>

外苑前のランチにおすすめレストラン20選

「店内だけでは場所が足りないので、近くにいくつか事務所を借りて保管しています(笑)」。 定番のベトナム料理が、日本の食材で再構築された姿がここにもあります。 今日は「ラムとグリーンアスパラのバインミー」1200円。 「例えば、鹿肉のローストだったり、ポン酢ソースを添えた根菜だけの生春巻きだったり、見た目は一般的なベトナム料理らしくないのに、ハーブやスパイスをうまく合わせることで、口にするとちゃんとベトナム料理が味わえる。 住所 3-42-12 1F 交通手段 東京メトロ 銀座線 外苑前駅3番出口より徒歩約4分 外苑前駅から393m 営業時間・ 定休日 営業時間 【火~金】 17:00~21:00 L. それに従い、ラストオーダーを20時30分とさせて頂きます。

>