おろか な 重 葬。 遊戯王カード考察:おろかな重葬(じゅうそう) そろそろ眷竜スターヴ許されなさそう

【シャドール考察】新テーマ「教導(ドラグマ)」はシャドールで使える?天底の使徒とアルバスの落胤の出張を考える【RISE OF THE DUELIST】

そのカードを手札に加える。 実用的な動きであれば以前サイバー・ダークデッキにて登場した《No71 リバリアン・シャーク》等を墓地に送ってセブンスワンを狙うというコンボがありましたが、それに近いコンボのためにライフを半分にして行うのかを慎重に考えたいですねー」 「デッキトップを操作!というよりは、《》を持って来れる 《》も実はこのコンボを行いやすくなっています。 「などが実際使っていると安定しているなぁと思ったのですが、《》等の効果を見て思ったのは「即アドを取れるカードがそこまで無いなぁ」という印象でした。 アプデ前 希少性と威厳を保っていた神 待たれよ 上に書きましたが、神の通告では儀式魔法は無効にできず、神の警告、通告は制限で1枚ずつしか入れられなかったので、それほど意識する必要はありませんでした。 つまり 《ゲールドグラ》の場合、ターン制限がないため1ターンに2枚のカードをEXデッキから墓地に送れることになる。 効果を使ったあともリンク素材にしたり、シンクロ・融合・エクシーズ素材にできる《ゲールドグラ》と違って、使ったらそれで終わりになってしまう。 召喚権を使うか否か• また、は膨大なを要するが、1に何度でもできる。

>

おろかな重葬の効果考察と考案と相性の良いカードは?遊戯王またも汎用性の高いカード誕生か!?

セブンスワン!超動! 遊戯王暦19年!カードゲームは色々と遊び続けて20周年! ブログ運営は5年以上になりましたが、まいログはまだまだ1周年も迎えていません!笑 遊戯王の環境情報とインタビューを交えつつ最新の遊戯王優勝デッキをお届け!まいログも本格始動1周年のために様々な内容を更新中! 現在ツイッターフォロワー数も6000突破!企業案件も承るキャラブログを運営中です!カーナベル等各種TCGショップのスポンサーサイトと複数契約中。 状況次第ではありますが、コピーと悪用が可能になったこのカードが今後どうやって悪用されるのか注目したいところですね」. 3 :このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。 1~2枚あれば十分だと思います。 高等儀式術は、通常の儀式魔法と比べて手札やフィールドの消費を抑えられるカードです。 その他の• このターン、自分フィールドの 融合モンスターは相手の効果の対象にならず、 相手の効果では破壊されない。

>

《おろかな重葬》考察・使い方解説!《ゲールドグラ》との比較解説【遊戯王OCG】

汎用性の高さの違いや「エクストラを墓地に送ってアドを取るデッキが環境に少ない」という部分。 カード1枚で様々な効果に変換出来る点は、デメリットを払ってでも発動する価値のあるカードだと思います。 そのため、神の通告では特殊召喚を無効にすることはできません。 そのモンスターをし、このカードのX素材1つをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。 《ゲールドグラ》の場合、2回効果を使うことで、デッキから儀式モンスターと儀式魔法の一組を揃えることができた。 《おろかな重葬》効果考察 「という訳で今回はのんびりパック内カード考察といきたいと思っています。

>

【おろかな重葬と相性がいい】墓地で効果を発動するEXモンスター17選!!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。 ラブライブ!スクコレ• 総合評価:《》と比べ枚数では劣るため、エクストラデッキからの速攻展開を重視するデッキで使用したい。 それに収録され、かつストーリーを感じさせるイラストのOCGオリジナルテーマということは、「教導 ドラグマ 」は星遺物や竜剣士のような続き物のテーマ枠だと推測されますね。 2 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 また《 天底の》には 「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの」 1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える付加効果もあります。

>

【おろかな重葬 効果考察】安い内に買っておくべき?《おろかな重葬》の値段がまだまだ安価な件について【日記】

また特にエクストラから墓地に送ってコンボを狙うのは基本的には儀式系をサーチ出来る《虹光の宣告者》なので間接的に儀式モンスターデッキのサポートとして刷られたカードなのかもしれません」 「特にコンボは強力なのですが、全てのデッキで活用出来るタイプのカードではまだ無いというのが難点ですわね。 そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。 最終的に展開した後に重葬を打つ事で『次のターンの返し』が行えるようになりました。 が適用されている訳ではないので注意。 おそらく今回の1番の目玉カードなのではないかと思い今回紹介させていただきました。 召喚権を使う• 似た効果を持つ《ゲール・ドグラ》と比較すると《ファントム・オブ・カオス》に召喚権を割くことができるのでコンボを行いやすく、戦闘ダメージは0になりますがコピーするモンスターの攻撃力によっては相手モンスターの戦闘破壊も狙うことが可能です。

>

遊戯王カードWiki

数年前であれば《龍の鏡》によるコンボを狙う。 1 :LPを半分払って発動できる。 ゲールドクラの魔法カード版といった趣であり、莫大なライフコストを求めるところまで一緒である。 交換・返金にて対応させていただきます。 そのモンスターを除外する。 青眼の亜白龍 をセットで持ってくる動きがあります。 今までのデッキであってもですが『コストの割りにあってない』というのが正直なところです。

>