Line の コロナ 調査。 ※最新※【LINEリサーチ】新型肺炎(新型コロナウィルス)に関する調査結果(2020年3月2日実施)|LINE for Business

LINE、新型コロナ状況を尋ねる先行調査結果を一部公開

さらに、今回の調査で得られた個人の感染症予防および職場での感染症予防の集計結果のうち、前者については第4回全国調査(2020年5月1-2日)との比較でお知らせします。 これにいち早く応じたのが、メッセンジャーアプリで国内首位のLINEだ。 本結果は、回答者における発熱(37. 『以前はやっていたけれども控えていること』では、「飲食店・居酒屋に行く」が男女ともにTOPとなっています。 そのため、国内の全ユーザーがこのアンケートを受信及び回答することができます。 働く人達のいのちを守るため、3密を避け、社会的距離を管理できる働き方に調整することが直ちに必要です。 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 図1:職業・職種グループ別の発熱者の割合(%)の47都道府県散布図 発熱者=37. 5度以上の発熱が4日間以上)の回答者における割合(発熱率)が比較的に高い傾向が全国的に認められました(表1及び図1)。 利用者の健康状態をチェックする。

>

LINEの8300万大規模調査、「準備期間わずか数日」の舞台裏:日経ビジネス電子版

厚生労働省の橋本岳副大臣は、回答者にお礼を述べたうえで「調査結果を生かすことで、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた有効な対策の実現に全力を尽くします」とコメント。 (引用: どうやら公式に行われているアンケート調査ですね。 厚生労働省のクラスター対策班と連携してデータを分析した慶應義塾大学の宮田裕章教授は「4日以上の発熱が直ちに新型コロナウイルス感染を示すものではないが、人との距離を取ることが難しく防御の行動を取りづらい働き方や過ごし方をしている人ほど感染リスクが高いと見られる。 新型コロナウイルスの感染状況を視覚的に確認できる米ジョンズ・ホプキンス大学のWebサイトで過去2カ月の状況を比較した。 LINEは、3月27日から30日までの期間、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県在住の登録がある15歳~69歳のモニターを対象に、新型コロナウイルス感染症の予防対策と現状の体調を調査する「新型コロナの状況把握アンケート」を行った。

>

LINEの8300万大規模調査、「準備期間わずか数日」の舞台裏:日経ビジネス電子版

7%という結果になった。 また、「個人を特定できる形で公開されることはありません。 LINEリサーチでは、これまで計4回の新型コロナウイルスに関する調査を実施していますが、今回4回目では不安感が大きく増加しています。 。 職業・職種の6グループ グループ(1) 現状の業務体制では3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種 (例:比較的長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など) グループ(2) 業務の中で3密が発生し、社会的距離の確保も困難だが、個人として感染症対策についての専門的知識を有する対人援助職 (例:医療職、介護職) グループ(3) 3密回避や社会的距離対策の一定の導入が進んでいる職業・職種(例:内勤営業(オフィスワーク中心)、流通・物流業システム(卸・小売り、運送業等)など) グループ(4) 通常3密、社会的距離の確保が難しい環境下だが、休校措置などで一定期間対策はなされている (例:教職員、学生・生徒) グループ(5) 自粛条件下で、個人での3密回避や社会的距離対策が比較的容易 (例:専業主ふなど) グループ(6) その他 (上記以外) 結果1 調査の結果から、3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種(グループ(1))において、他グループと比較し、発熱者(37. 厚労省とLINEは30日、上記協定の締結を発表。 以下グラフの青枠のグループは、既に前章でご紹介してきたような「リモートが比較的可能な職場(青)」です。

>

新型コロナウイルス感染症の最新状況まとめ

5度以上の発熱」「喉の痛み」「強いだるさ」「咳がひどい」「息苦しい」「下痢がある」「味・においがしない」のいずれかの体調不良症状がある人をエリア・年代別で分けた結果、東京都が7. 新たに始めたことは「掃除」、「料理」、「電子書籍」など 外出自粛が呼びかけられている中、緊急事態宣言エリア等では休業要請も出され、これまでの生活とは大きく変化がありました。 送信数:83,799,804人• 今後、休校措置が限定的に解除される状況を想定して、新型コロナウイルスの感染対策を踏まえた授業を行うことが重要です。 厚生労働省は3月27日、「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定締結の呼びかけ」を民間企業向けに行った。 次回は4月5日に予定しているそうです。 LINE株式会社公式アカウントの見分け方(LINE株式会社WEBサイト) (URL) 全国調査のまとめ• 用意していたマスクがなくなってきた、ドラッグストア等で入荷目途が立っていないことから心配している状況が見受けられます。

>

LINEの「コロナ全国調査」は一体何に使われる?

LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。 また様々な施策を検討・実施する中で、どのような課題を抱えているのでしょうか。 3%と、半数を超えた。 ポイント付与事業について、農林水産省は、計上されている予算額に達する見通しになったため、近日中に新たな予約ができなくなると11月13日に発表しました。 「Go To イート」の利用について、東京都や大阪府など9都道府県が人数制限を設ける方針を決定。

>

LINE、新型コロナ状況を尋ねる先行調査結果を一部公開

・会社名 : 株式会社OKAN(URL: ) ・代表者 : 沢木 恵太(さわき けいた) ・住所 : 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋10階 ・設立年月 : 2012年12月10日. 発熱者の回答者における割合は第1〜3回にかけて上昇していたが、第4回で減少傾向が見られた• 新型コロナウイルス感染症に関する情報が、国内外で日々発信されている。 厚生労働省においては、3月30日にLINE株式会社と「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結し、この協定に基づく情報提供に資するため、LINE株式会社の公式アカウントにおいて、サービス登録者に対して第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を3月31日~4月1日に実施しました。 新型コロナウイルスの日本国内での感染で心配な点としては、 「いつ流行が落ち着くのかわからない」「ワクチンや特効薬がまだない」、「悪質なフェイクニュース・デマが出回っている」が上位にあげられました。 3%)の2つが、高い割合で行われていた。 危機感が低すぎる 男性20代,大学生• 本日から実施されるのは「第1回」目とし、今後も定期的に同様のアンケート調査が実施される模様です。 自分が当初思っていたよりも状況が悪くなり、いつ感染が収束するのか先が見えない不安感があるから。

>

LINEの「コロナ全国調査」は一体何に使われる?

新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、感染症予防対策や働く環境の整備などが急務となっています。 LINEは、厚生労働省の新型コロナ対策のための調査に協力して、日本全国のLINEユーザー8,400万人を対象に、第5回「新型コロナ対策のための全国調査」を8月12日 水 〜13日 木 に実施いたしました。 本件に関するご不明点やご質問は、よりお問い合わせください。 これまでに寄せられた全国でおよそ2400万人の回答を分析したところ、37度5分以上の発熱が4日以上続いていると答えた人の割合が全国平均で0. 自治体や省庁の公式アカウント お住まいの地域に応じた自治体アカウントに登録しアンケートに答えていただくと、その結果をもとに健康状態にあわせた情報提供や適切な行動のサポートが受けられます。 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 注意)4日以上の発熱は帰国者・接触者相談センターにご相談いただく一つの目安ですが、直ちに新型コロナウイルス感染を意味するわけではありません。 例えば、定期的な検温等による体調管理と発熱時の休暇取得の徹底、社会的距離を確保する働き方の導入(テイクアウト等の考慮、職場のレイアウトや座席の配置の調整、対面による協議や交渉を自粛、遠距離出張を控え遠隔会議で代替など)。 対象の公式アカウントを右へスワイプし、ミュートボタンを表示させ、タップすることでミュートを解除することができます。

>