ひたむき 類語。 「真摯」の意味とは?真摯を使った言葉や類義語をわかりやすく解説

「ひたすら」の意味と使い方・漢字・類語・敬語・対義語・名言

では、他の例文です。 そんなよく似たふたつの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか。 「ひたすらな思い」=「思いがひたすら(そのことだけに向かう)」ということです。 なので、心や気持ちのあり方を表していると言えます。 「ひたぶる」の意味は、3つあります。 ひたすらに食べ続けるとは言っても、ひたむきに食べ続けるとは言いません。

>

「ひたむき」の意味とは?使い方の例文や類語への言い換えも解説

ひたぶる 「ひたぶる」は漢字で「頓」または「一向」と書きますが、「頓」と書く方が無難です。 【使い分け】誠実との違い 「真摯」と「誠実」の違いは、対象が人か物事かという点です。 意味を調べても互いに類似の語として出て来るうえ、どちらの説明文を見てもとても似通っています。 「健気」の読み方• 「健気な性格」という慣用的な言い回しは、 「自己主張が強すぎず、誠実で控えめな性格」や 「何にでも一生懸命に取り組む素朴で真面目な性格」のことを意味しています。 つまり、集中して取り組む行動や状況を示しているのです。

>

「ひたむき」の意味とは?使い方の例文や類語への言い換えも解説

ひたむきな人だからといって、失敗しないわけではありません。 決して途中で放り出さない「ねばり強さ」と目標としたゴールまで走り切るための「行動力」を持ち、不安感やショックな出来事に打ち勝つ「前向きさ」、そして自分なら絶対に乗り越えられる・乗り越えてみせるという「自信」。 「ひたすら」と「ひたぶる」は、「ひた」の部分と読み方が四文字である部分が似ているため、類語として挙げられてた時にも何となく親近感があります。 品詞で異なる使い方 「副詞」は「自立語・活用しない・非主語」の属性で、「形容動詞」は「自立語・活用する・述語・用言」の属性を持ちます。 遠慮してしまうのなら、次に誰かが困っているときは同じように手を貸そうと心に留めておくだけで十分です。

>

「ひたすら」の意味と使い方・漢字・類語・敬語・対義語・名言

「ひたすら」の類語は? 「ひたすら」の類語になる言葉を、ご紹介します。 必要なときに助けを求めることは、頑張るために必要なことです。 通常は「ひたすらに」の後にも言葉が来るのですが、「ただひたすらに」で文が終わることも少なくありません。 「ひたすら」の敬語について!. 「ひたすら」は「ただそれだけ」=「1つの方向だけに向く様子」といったことを表す言葉ですので、どちらかと言えば「いちず」よりも「いっと」の方が表現的に近いと言えます。 一向 「一向」の「一」は、音読みで「いち」や「いつ」訓読みで「ひと」や「ひと(つ)」と読みます。

>

「健気」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

助けてほしい、手伝ってほしい、困ったことが起きた…そんなときは、ひとりで抱え込まずに人を頼りましょう。 例:お客のクレームには真摯に対応してください この例文は「お客様のクレームには誠意ある対応をしてください」という意味です。 「只」は「ひ・ひた・ひたす」などと読まず、「管」も「たすら・たす・ら」などとは読みません。 。 1つ気になるところは、「只」も「管」も「ひたすら」の読み方と一致付かないという点です。 「只管」の「管」は、音読みで「かん」訓読みで「くだ」と読みます。 「ひたすらに」などの例文 「ひたすら」は「ただひたすらに」といった形で用いられることが多いのですが、「ひたすらに」は形容動詞としての使い方になります。

>

ひたむきな人の特徴・心理は?ひたむきさが人生を変える3つの理由

そして、「ひたすらな・ひたすらに」の後に付く語が「どのように」ということを表す述語としての役割も果たしています。 「ひたすら」には「副詞」と「形容動詞」としての意味があります。 「誠実」は「真面目で真心があること」という意味を表します。 「ひとつ・最初・同じ・同じにする・全部・ひたすら・少し・ある時・または・なんと」などの意味があり、「ひたすら」の漢字として用いる時には「ひたすら・同じ・ひとつ」の意味が込められています。 副詞としての意味で「ひたすら」を使う場合の例文には「ひたすら祈る姿にしみじみした」「ひたすら謝るが許してもらえそうにない」「ひたすら隠し通して何がしたいのか」などがあります。

>

「健気」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

「只管」と「一向」は同じ意味・読みで使用されるにもかかわらず、用いられている漢字が全く違っています。 「副詞」としての使い方は「活用しない自立語(単体で意味を成す語)」ですので、「ひたすら祈る」や「ひたすら尽くす」など「ひたすら」に何かを付け足すことなく使用します。 「ある方に進む・方向・北向きの窓・以前・正面・あちら側・適応」などの意味を持ちますが、「ひたすら」の漢字として用いる時には「ある方に進む」の意味が込められていると考えられます。 「ひたむき」の使い方と例文 1つのことだけに集中する状況で使う 「ひたむき」は1つのことだけに集中して、一生懸命になる状況で使用しましょう。 「真摯な対応」と「真摯な姿勢」は同じように見えますが、「真摯な対応」は「 相手の出方に対して真摯に対応する」という意味を表します。 「ひたすら」の意味・使い方・例文! 「品詞」というのは「形態と職能により分類した単語の種別」のことで、動詞・形容詞・名詞・副詞・助詞・接続詞など「~詞」と言われる言葉の種類の総称です。

>