佐々木 イン マイ マイン。 佐々木、イン、マイマイン|デジタル映画鑑賞券【ムビチケ】

シネマの週末・この1本:佐々木、イン、マイマイン 引きずる過去に別れを

まんまとしてやられました。 僕は役者さんとコミュニケーションをとることが多いタイプだと思っているんですが、「僕はこう思うんだけど、どう思う?」と聞いたり、「僕も分からないからとりあえずあっちの対岸まで一緒に歩いてみよう」という言い方をしたり。 またこちらも年の功が災いしてか、そういったキャラクターを主人公に据えた作品は嫌というほど見てきているので、「ああ、またかいな」とうんざりした気分にさせられたのも正直なところです。 これが実話なら、ハチャメチャな青春を思うままに過ごした佐々木は確かに印象深い人物で、かつては確かにこのような人物がいた、と懐かしく思います。 突然車が止まり、中から全裸の佐々木が出てくる。

>

佐々木、イン、マイマイン

きっとこれからも知る事はない。 。 公開待機作品として、『ソワレ』 20年・外山文治監督 、『愛うつつ』 20年・葉名恒星監督 などがある。 どうかよろしくお願いします」とメッセージを送る本作。 シルバに叱られるよな、こんなに家に閉じ籠もってたらさ。 初監督作品にして ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2016観客賞、 福岡インディペンデント映画祭2016優秀賞を受賞。 他人の人生の選択を、私が決めて良いはずがないけれど、岳くんは、俳優の細川岳でいてほしかった。

>

『佐々木、イン、マイマイン』レビュー:誰の心にもある“自分だけのヒーロー”

後輩に誘われ、ある舞台に出演することになった悠二だったが、稽古が進むにつれ、舞台の内容が過去と現在とにリンクし始め、加速していく。 その真剣な眼差しに、背筋を伸ばして企画の内容を問うと、これまで聞いたことがない魅力的な人物についてでした。 でも季節は、分からないときは「分からない」って言うけど、理解できるように頑張る姿を見せてくれる。 在学当時から映像の現場でスタイリストとして携わるが、経験過程で映画に没頭し、学院卒業後スタイリスト業を辞する。 愛おしくも戻らない青春の日々への哀愁をストレートに描き出したその内容には、観るもの自身の経験と照らし合わせて共感を覚えること必至だ。 昔から知っていて、会ったことすらある、そんな気がしてならない。

>

『佐々木、イン、マイマイン』河合優実に注目!|シネマトゥデイ

僕はそんな彼が羨ましかった。 こんなに全身全霊で1個の作品を作る人に出会ったことがないんですよ。 だから彼には変わらないでいて欲しかった。 泣いている姿や、誰かのことを好きになった姿も見た事がない。 これは勿論私が勝手に言っていることだが、大いに真剣だ。 その残像を抱えたまま、むしろ佐々木の記憶をどこか生きる拠り所にさえしてきた悠二が、佐々木という青春のシンボルの死に直面することで、青春期に終止符を打って、成長していく。 それが嫌だ。

>

藤原季節×内山拓也監督『佐々木、イン、マイマイン』対談 「三振かホームランしか狙っていない」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

そう信じてしまう。 そんな矢先、悠二の電話に佐々木から数年ぶりの電話がかかってくる。 役者を目指すが今ひとつ売れて来ず、バイトをしながら生活する悠二。 私の周りにも大概おかしな奴しか居ないと思っているが、細川が語るその人は、それ以上に誰よりも狂っていた。 やっぱりお酒の席でも頭の中から映画のことはなくならなくて。 森優作のコメント 内山監督のことは「ヴァニタス」をぴあフィルムフェスティバルで観ていて、すごく映画に対しての思いが強い方という印象があって、今回お話をいただいてとても刺激的な共演者の方たちとのモノづくりに参加させてもらえる事を光栄に思っています。

>

佐々木、イン、マイマイン

僕たちはその可能性を信じています。 と言いたい。 2020年製作/119分/G/日本 配給:パルコ スタッフ・キャスト 文句なしの傑作!令和に産み落とされた、最高にロックな人生賛歌!咽び泣くほど眩しかった! 石井は、何もかもがとっ散らかった売れない俳優。 〈コメント〉 "社会意識が落ちてるぞジョー" 劇中劇にそんな台詞があったっけ。 こういう口コミは大抵、いや、9割当たりなんだ。

>

映画『佐々木、イン、マイマイン』あらすじ/キャスト/特報予告動画。村上虹郎も出演の内山拓也が描く青春ムービーとは?

映画基本情報 タイトル 「佐々木、イン、マイマイン」 2020年製作/119分/G/日本/配給:パルコ キャスト 石井悠二:藤原季節/佐々木:細川岳/ユキ:萩原みのり/多田:遊屋慎太郎/木村:森優作/一ノ瀬:小西桜子/苗村:河合優実/吉村:井口理/佐々木正和:鈴木卓爾/須藤:村上虹郎 スタッフ 監督: 内山拓也 /脚本:内山拓也,細川岳/プロデューサー:汐田海平/撮影:四宮秀俊/照明:秋山恵二郎/録音:紫藤佑弥/美術:福島奈央花/衣装:松田稜平/ヘアメイク:藤原玲子/助監督:中村幸貴/スチール:木村和平/アシスタントプロデューサー:小元咲貴子/制作担当:槇原啓右 公式サイト 公開後、一定期間でリンク切れの可能性あり 映画. 自分が正しい。 そんな彼の姿を今でも覚えている。 ラストシーンを撮り終わった時、もう立ち上がれなくても構いません。 人の目を気にせず裸になったり、突然女の子のおっぱいを触っても許される彼は、魅力的だった。 いつもアホなことばっかり言い合ってるけど、めちゃくちゃかっこいいなと思ったよ。 2013年ドラマ『放課後グルーヴ』で女優デビュー。 佐々木:細川岳• 彼にとっては、育った家庭環境、が1番関わっているのかも知れないけど。

>

映画『佐々木、イン、マイマイン』予告編

圧倒的に面白かった居酒屋での細川の語り口に負けない、その人の泥臭い人間味を過不足なく、それ以上にリアリティが生まれる脚本を描き、それでいて映画然としている映画にする。 彼がいたから悠二の高校時代は輝いていたといえるのでしょう。 CONTENTS• 次の時代を作る象徴となるような一作を投じます。 映画『佐々木、イン、マイマイン』について 参考:主演・藤原季節の公式Twitter 映画『佐々木、イン、マイマイン』 クランクアップ — 藤原季節 kisetsufujiwara 内山拓也監督が『ヴァニタス』でもタッグを組んだ俳優・細川岳との共同企画で挑む長編映画『佐々木、イン、マイマイン』。 良かった、良かったです。 悠二たちが追いかける。

>