ライン ビジネス アカウント。 LINEの企業アカウントの費用と開設方法とは?分かりやすく作り方を解説!

ビジネス版LINE「LINE WORKS」とは? 便利な使い方を解説

メッセージやタイムライン投稿の企画や施策に困った時は、こちらを参考にしてみてください。 個人で使っているLINEトークのように、顧客と親密なコミュニケーションが可能です。 ・メッセージテンプレート機能 Imagemapや、Button式・Confirm式・Carousel式といった 豊富なテンプレートを用意しています。 対応ステータスが見える化されることで、問い合わせへの対応漏れを防げます。 それぞれの違いをご理解いただけたなら幸いです。

>

LINE公式アカウントの開設|LINE for Business

メールの場合は長い文章や構成を感が合える必要がありますが、LINEでは スタンプなどを利用して気軽なメールを送ることによってプロモーションや宣伝効果を上げることが出来ます。 LINE WORKSで「新規メンバー招待」を探してください。 また、友だち数が増えると、メッセージの配信に追加費用がかかるので、費用対効果を見ながら活用することが求められます。 視覚・聴覚に訴えかけることで、サービスの訴求力を向上します。 LINE WORKSのホーム画面。 これはメッセージの配信通数に応じて3つのプランがあります。 友だちの増やし方 何と言っても友だち登録の数によりプロモーションの成否が決まります。

>

【LINE@とLINEの違い】ビジネス運用に必要なSNSの知識

基本機能で利用できる自動応答機能は 特定のキーワードに対して設定されたテンプレートメッセージを送信することしかできません。 ご存知の通り、LINEには 5つのメニューがあります。 初期費用:800万円~ 月額費用:250万円~ 費用に大きな開きがある理由も明確で、LINE ではプロモーションに大きく関係する友だちを自ら獲得する必要があり、友だち登録数の上限も10万人となります。 企業・サービス・製品• ・LINEプロモーションスタンプ ・通知メッセージ ・LINE Chat API ・LINE Call API ・LINE オーディエンスマッチ ・LINE Beacom ・LINE LIVE などです。 料金プランは月額360円の「ライトプラン」 年間プランではひと月あたり300円 、600円の「ベーシックプラン」 年間プランではひと月あたり500円 、1,200円の「プレミアムプラン」 年間プランではひと月あたり1,000円 の3つで、それぞれ使える機能が異なります。 会員証となるバーコードを発行すれば、オフラインの購入データも獲得できます。

>

LINE のビジネス向けアカウント 「LINE@」 が誰でも無料で使えるようになったので試してみた

LINE公式アカウントの「応答モード」の設定方法 公式アカウントのホーム🏠内で 「 設定」のボタンを押すと 以下のメニューが表示されます。 ショップカードや会員登録証の導線としても使えるできるなど、自社にあわせて活用しましょう。 LINEの企業アカウントの費用は? 以前のLINE公式アカウントは月額最低でも250万円の利用料が必要でした。 LINEビジネスIDの作成方法は記事後半部分で、画像付きで解説しています また、スマホのアプリストアで「LINE公式アカウント」と検索してアプリをダウンロードすることも可能です。 上記画像はWeb版の管理画面ですが、アプリ版と項目はほぼ同一です。 P プログラミング• 友だちユーザーの属性に応じて適切なコミュニケーションをとることができるため、 エンゲージメントの向上や購買率の向上等が期待できます。

>

LINE@でアカウントを複数作成する方法と運用のすすめ

フリーペーパーや情報誌の他に、折込チラシやDMなどがあり、各種掲載するための友だち追加用QRコードは管理画面から取得が可能です。 LINE WORKSアプリをインストールし、「アカウント作成」をタップ。 LINE公式アカウントを運用しながら、店舗ごとにLINE を運用し、より店舗や地域に特化した情報を配信しているケースもあります。 LIN公式アカウントは複数作成できますか?. 一方のLINE公式アカウントでは公式ブログでの紹介やスタンプ配信の効果などにより、マスメディア並みの影響力があると言われています。 機能を組み合わせられるのは、以下2つのアカウントです。

>

ビジネス版LINE「LINE WORKS」とは? 便利な使い方を解説

企業や店舗にあった内容へ柔軟に変えられるように敢えて箇条書きにしています。 その中で企業のアカウントを持つことは 広告やプロモーションにはとても大きな効果が得られます。 感想やコメントを送ってもらったユーザーへの対応だけでなく、複雑な問い合わせにも対応する必要が出てくることもあります。 積極的な投稿をすることで、ゆっくりとではありますが未登録の方に見て頂く機会を増やせるため、友だち登録を増やしてプロモーションに繋げることが可能になります。 LINEだけで簡単に会員機能が作成できるのはユーザだけでなく、事業者にとっても大きなメリットだといえるでしょう。 つまり、業務で利用しているメールアドレスでログインが可能になり、個人のLINEアカウントを利用したくないという場合に利用できます。 FAQやよくある質問への導線も作成できるため、問い合わせ前にユーザーの疑問を解決できることも。

>

ビジネス利用ができる企業用LINEアカウントの種類と運用方法を解説

プロフィールを開いた際に表示される画像で、店舗の外観・内観、プロフィール画像では伝えられない一押しメニューや商品などを設定しているアカウントもあります。 チャット LINE公式アカウント初心者の方は この2つの全体像を把握することで 使い方のイメージを具体化できます。 通常の機能に加え、スポンサードスタンプを活用して、LINE友だちを一気に数百万人単位で増やすことが出来ます。 双方を必要に応じて切り替えることができるので、簡単な質問には自動応答、複雑な質問にはオペレーターが対応するという使い方が可能です。 メッセージ、タイムライン、友だちの追加数やリーチ数など様々な情報が分析できます。 審査状況の詳細や不承認だった内容については教えてもらえません。

>

LINE公式アカウントの開設|LINE for Business

これまで、「LINE@」「LINE ビジネスコネクト」「LINE カスタマーコネクト」「LINE 公式アカウント」など様々なサービスが展開されていましたが、2019年春にこれらのサービスが統合して「 LINE公式アカウント」と生まれ変わりました。 以前までは出来なかった 月単位でプランのダウングレードなども可能になりました。 また、Webで会員証を管理している場合、IDやパスワードなどを入力する必要があることから、少し面倒に感じてしまいがちです。 「個人ではなくて、企業のLINEアカウントを作ることは出来るのか」 「企業のLINEアカウントは費用が掛かるのでは」 「どのようにアカウント開設したら良いのか分からない」 このようなお悩みを持っている方も多いです。 ・ショップカード LINE上で、ポイントカードを作成できる機能です。 そこで今回は、いくつかある企業用LINEアカウントの種類や費用を簡単に紹介しながら、どのように運用すれば効果的なのか解説したいと思います。 それの中でアカウントを作ることにより、 利用する率や目にする頻度が増えますので、大きな宣伝効果につながることが分かりました。

>