谷口 たか ひさ。 気候危機10‐『あと1年半』‐気候危機阻止の為、私たちに残された時間│本当に価値のあるものは?

勉強がすきだから。 7日(月):兵庫• その際、「ヨーロッパの教育」と「日本の教育」のもっとも大きな違いについて教えていただきました。 谷口さん、おっしゃっていました。 この流れが変わることを望むしお手伝い(些細なことでもいいし)が出来るなら、していきたいです。 すでに、 世界150ヵ国以上で、同じ日(9月20日(金))に計画されています。 10日(木):富山• あと1年半しかないと思いながら、 最愛の人の顔を、思い浮かべてみてください。 地球を守ろうHPより 【日時】 2020 年2月27 日(木 )9時45分~12時 次回は、3月19日・4月9日の予定 【内容】2020年 気候変動に向かう気持を、地球が受けてくれる最後の年 谷口青年が語る気候変動についての世界の動きを、彼のつき動かされた思い を語る1月の講演会のDVDを見ながら まずは「知る」ことから初めよう! グレタさん(スェーデンの17歳少女)の書籍も紹介 【場所】 ソーネおおぞねホール JR中央線・地下鉄名城線・名鉄瀬戸線「大曽根」駅900m 地下鉄名城線・地下鉄上飯田線「平安通」駅900m 名鉄小牧線「上飯田」駅1. むしろ、そうしてしまっては逆効果かと。

>

【オアシスカフェレポ】地球を守ろう!環境活動家 谷口たかひささんの気候危機のお話会@高石市

。 26日(木):東京• 尊敬する人はスウェーデンの気候活動家グレタ・トゥーンベリ。 ラッパで出すヘンテコな音色が、斜め後ろにいた人を爆笑させていますね。 飲むとポンコツになる31歳。 現在はグローバルIT企業の役員(COO)を務めながら、社会課題解決を志し、ドイツへ移住/起業。 たとえば、われらがロージーの疑問にある「知的障害者」という言葉。

>

【オアシスカフェレポ】地球を守ろう!環境活動家 谷口たかひささんの気候危機のお話会@高石市

2019年、ドイツで気候危機の深刻さを目の当たりにし、「みんなが知れば必ず変わる」をモットーに「」を立ち上げ、気候危機の発信や講演を開始。 9日(水):石川• 自己肯定感も低くなるよね。 「日本では義務については教えてくれるが、権利については教えてくれない」 その教育機関の方が発したこの言葉を聞いたとき、私は体中に電撃が走ったような感覚に襲われました。 。 「声を挙げないということは、賛成しているのと同じことです。

>

3日(木):京都• 保有は国際資格・を含め40種。 2019年12月26日に全国47都道府県での講演達成。 』 との信頼できる情報の紹介と、日本では知られていない世界で起きていることを映像も交えて伝えています。 こういうことを、自然観察で取り上げることは時折あっても、広く一般の周りには実はあまり知られていない、伝わっていない、、と実感しています。 2019年末にインディペンデント紙も、2020年が気候変動にたちむかう最後のチャンスと報道。 なにがなんでも、私たちの手で私自身の未来、私たちの子どもたちの未来、そして地球を守らなければなりません。

>

8月20日(木) 谷口たかひささんの講演会 於:ウィンクあいち(名駅)夜

平日学校を休んで「無関心はやめて」とデモ活動に参加する子。 活動 [ ] 「みんなが知れば必ず変わる」をモットーに、『』代表としてのための活動を行う。 彼は環境問題に取り組むため6月からドイツに移住し日本に向けて様々な問題点解決策を発信してくれています。 」と聞いたところ、 「急に大きな声を出して騒ぎだす人。 この問題、自分も何かできないか模索してたところ。 バナナは凍ってハンマーみたい。

>

1人ひとりの優しさと勇気が世界を変える! 日本47都道府県同時開催『気候保護のための活動』! 世界150ヵ国以上の子どもたちと共に

残りの37~38人に「なぜYESではないと思うの?」といつも尋ねるのですが、同じ回答が返ってきます。 第1回では私の活動について紹介しましたが、今回は、私が行っている講演の中で特に反響の大きい「自由と権利」についてお伝えします。 お母さん自身の「自由と権利」も認めてほしい この「自由と権利」というものを教わらないので、自分で自分の「自由と権利」を否定して、「義務」で自分のことをがんじがらめに縛って生きている人がこの国にはとても多いと感じています。 これはいいね! この日はまた、温かいと言うよりは暑い感じでしたね;今ぐらいだったらもうカーディガン1枚はおるのですが無しで済んでしまい、汗が出るくらい、家では靴下も要らない。 現在はグローバルIT企業の役員(株式会社Freewill、) を務めながら、解決を志し、へ/。 人類史最大の脅威の1つである「気候危機」について、 まずは、知るということが初めの1歩です。

>