ヤニス アンテ トクン ポ。 [丹羽政å

ヤニス・アデトクンボとは

ガードなのにセンターを個人で守り切る異常なスマート。 7 ギリシャ代表 [ ] 2014年にギリシャ代表として出場した。 第6戦で31得点、14リバウンドを記録、試合は97-86で勝利しシリーズの決着は最終第7戦に持ち込まれることになった。 センター化については、シーズン前の補強で明らかに読み取れました。 (笑) まずは アンテトクンポのプロフィールを紹介しましょう。 では、らを抑えて最多得票を獲得し、カンファレンスのキャプテンとなった。 ボールを持ったときの脅威だけでなく、持っていなくてもハードワークで支え、攻守に存在感を発揮しているヤニス。

>

【NBA 2018

2月6日、彼はワシントンウィザーズに対する148〜129の勝利で43得点を記録した。 クソみたいだったアメリカのオフェンスは流れるようになっていきます。 カンファレンス決勝では、カワイ・レナード率いるトロント・ラプターズと対戦し、最初の2試合で勝利したが、続く4試合でラプターズに4連敗し、4-2で敗退した。 プレーオフ1回戦、対の初戦で35得点、13リバウンド、7アシストを記録、試合はオーバータイムの末、113-107で敗れた。 12月14日、バックスはクリーブランド・キャバリアーズに114-102で勝利し、ヤニスはキャリアハイとなる44得点を挙げた。 同世代のFに多くのライバルがいるのでまずポルジンギス、ウィギンス、イングラム等多くのライバルを圧倒するのが先決ですね。 でも、だからといってセルティックスがヤニスを止められるわけじゃないっていうね。

>

ヤニス・アンテトクンポ【未来のNBAスター】シューティングガード編

もくじ (クリックで移動します)• セルティックスのホーフォードなんかは、まだわかりやすい方で、ジャズはゴベアーをヤニスのマークにしたりと対策を立てています。 1月9日、彼はヒューストン・ロケッツ戦で27得点を記録し、 シーズンハイとなる21リバウンドを挙げ、チームも116-109で勝利した。 ホワイトとスマートは受け手としてもポジション移動しているのが上手い。 ヤニスが暴れるスペースを開けるために誰が必要でいくらで調達できるのかは中々むずかしくて カンファレンス優勝までしてたら安い金額でFAも集まってきたのかなぁなんて少し思ってしまうところです。 もくじ (クリックで移動します)• 3月4日に行われた戦で35得点、9リバウンド、7アシストを記録、試合はバックスが118-110で勝利した。 今は真ん中から行き過ぎなんで左右から挟まれる。 そうなると慌てることもないし、そもそもテイタムいないし、強引な仕掛けが減った上にシュートが外れたところで「失敗した」ような印象がありません。

>

Wikizero

よく勘違いする人が多いですが、中堅から下位チームのエースで25点前後で得点ランキング上位、だがプレーオフ進出が山っていう選手は歴史上ざらにいます。 彼は2月のカンファレンス月間最優秀選手に選ばれた。 いつもか。 11月4日、彼はサクラメント・キングス戦で 144-109で勝利し、26得点・15リバウンド・11アシストで今シーズン2度目のトリプル・ダブルを記録した。 他にも影の大黒柱なブログドンがさようならパターンもあり得ますが、 果たしてバックスのコントロール役を暴走ブレッドソーだけに任せてよいのやら…. ヤニスの2倍くらい足を動かしています。 ヤニスはショートレンジでも距離感が悪いのでポスト真ん中よりエルボーやミドルポストのサイドで受けて、ストロングサイドでバンクショット狙った方が確率は良いかも知れません。 彼は10月と11月のイースタンカンファレンス月間最優秀選手に選ばれた。

>

ウォリアーズがバックスにヤニス・アンテトクンポを求めるトレードをオファーか?

どっちにしたってカタカナにしたら実際の発音ともずれてますしね。 その後、バックスはカンファレンス決勝に進出した。 なお、その時のサンプル映像にされていたのがブルズのバトラー。 そりゃあ日本だってファジーカスvsスマートならマッチアップ変更をさせないだろうしね。 外部リンク [ ]• グリーンはNBA屈指のオールラウンダーではあるが、サイズと機動力があるアンテトクンポを獲得できればウォリアーズにとっては大きなアップグレードとなるだろう。 金メダルを獲得している プレースタイル [ ] 長身に加えてが広く、そのリーチの長さはディフェンスやリバウンドなどで、効力が発揮される。

>

Wikizero

そこからパスアウトで3Pにしていたギリシャでした。 生き生きとプレーしたバーンズ。 まだ1Qの話ね。 そして唯一のミドルこそ許したもののドライブは止めきったターナーでした。 2月4日、彼は6回目の週間最優秀選手に選ばれた。 1月15日、彼はマイアミ・ヒートに124-86で勝利し、12得点・10リバウンド・10アシストで今シーズン4回目のトリプルダブルを獲得した。 : 2020• それはラプターズが3人がかりでインサイドを囲みまくって止めたことで証明された部分もあります。

>

ウォリアーズがバックスにヤニス・アンテトクンポを求めるトレードをオファーか?

ボールすら持たせず、インサイドのポジション取りでフェイスガードしながら裏パスが出ても先に内側にポジションを移して体を張ってブロックする。 ヤニスがいなければスモールで良いって事ですが、その一方でマーク担当を疲弊させてどうするのでしょうか。 ロングレンジから打たなくても、ドライブからストップジャンプシュートがあれば、そもそも誰も届かない位置の打点なわけで、無理矢理でも決めることになるでしょう。 もしヤニス・アンテトクンポがバックスとマック契約を交わした場合、利用できるとなればワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールがマイアミ・ヒートのナンバーワンターゲットになる。 「ボールを動かす意識」はもともとあったけど、効果的に動かせなかったのが、ちょっと余裕があるので効果的じゃなくても気にならないのでした。 その後もターナーはヤニスにボールを持たれるものの、ドライブは全てシャットアウトし、「逃げるヤニス」にしてしまいました。 : 2017• 2013年11月にのドラフトでから指名され、主力選手として活躍した。

>

ヤニス・アンテトクンポ【未来のNBAスター】シューティングガード編

ボストン・セルティックスとの第2回戦、第4戦で、彼は39得点・16リバウンドを記録し、バックスが113-101で勝利するのに貢献し、3-1でリードを奪った。 それらは「もう一歩前でシュートを打てれば」というショートレンジの問題だとも思います。 vsUSAで気合が入っている様子。 1月15日、彼はマイアミ・ヒートに124-86で勝利し、12得点・10リバウンド・10アシストで今シーズン4回目のトリプルダブルを獲得した。 レブロンジェームズこそ究極のオールラウンダーであり、こんな選手2度と出てこないと思ってましたが。 個人でボコられているわけじゃないけど、「ヤニスにパスが出せる」し「ヤニスに集中させて他がフリー」になっているギリシャ。

>