ウィズ 大 魔道 杯。 【黒猫のウィズ】【湯けむり温泉大魔道杯】上位報酬のボーダーラインは?

【黒猫のウィズ】「湯けむり温泉大魔道杯」イベントトーナメント【覇級 神の湯】5ターン抜け攻略情報!

もしかすると、今回の4周年魔道杯も30000人、いや40000人までもらえるかもしれない。 むしろベタすぎるから避けられているのだろうか。 AS抜けならばデッキ全体がAS連撃に寄せる必要があり構築何度が上がります。 非常に高いHPですが、パネルに攻撃力5倍がありますし、スキル反射で弱体化6倍、HP70%以下で盗む&ステリセと非常にプレイヤーカインドな設定です。 前回ボーダーの急上昇に対応できなかったプレイヤーも、今回は100万以上積んでくる可能性が高いだろう。 ボス戦でも単色以外恐怖があるのでASメインで行かない限りは単色がオススメです。

>

【黒猫のウィズ】「必殺大魔道杯in八百夜町」イベントトーナメント【覇級 杯喜んで】5ターン抜け攻略情報!

魔道杯を開催するたびに程度の差はあれど、は上がっていく傾向にある。 今は余計な敵スキルの発動回避もやり込み的な課題になっているので、程よくゲーム性も増したと言えるだろう。 ボーダー88万ptと予想! 覇級には属性反転がくるものの、チェインプラス効果があることから、前回と難易度はそこまで変わらないと判断。 まあ8月はSSのほうが強いような精霊が配布されたのだが…。 1戦目 HP25万の有利属性の敵1体ですが先制で属性反転を受け、さらに死亡時行動で主属性光闇はここで退場させられます。

>

【黒猫のウィズ】イベントトーナメント攻略&獲得pt一覧

開催前予想 4周年記念ということで、総合報酬は強力なものが来るだろう。 とりあえず95万〜100万積んでおけば安心できそうです。 さらに降段を繰り返して7段や8段にしていた。 メアレスは2018年にして遂に開催され、幻魔特区もスザク完結から2年半経過した2018年にようやく単独の魔道杯が初開催された。 :5周年記念魔道杯となった。

>

【黒猫のウィズ】「湯けむり温泉大魔道杯」イベントトーナメント【覇級 神の湯】5ターン抜け攻略情報!

2 ボスを水属性弱体化後ワンパン ボス戦で単体水属性弱体化を打った後に蓄連アーシェや蓄印エニグマMGなどでワンパンします。 人外魔装での反転無効も一体には可能です。 寸評 魔道杯初日、お疲れ様でした。 HP120万の有利属性1体をASのみで削り切る必要があります。 0万 爆速アテナの伸びはえげつなく、リュコスも伸びてはいるものの、 最終が70万台前半に終わっているメイマオ、サーシャは、休日にも関わらずpt相応の伸びに留まっている。 最終的に5月までは微妙だったが6月7月はEX-ASもSSも強力な精霊が配布されており懸念は解消されたかと思われたが、9月はEX-ASは強いがSSは微妙なのが配布されている。

>

【ウィズ】〈大魔道杯inアンダーナイトテイル〉三日目が終了で最終日に突入!流石に60はいきそう……: 黒猫のウィズ まとめ情報

やはり覇級のデッキが投稿されてきたせいか、ラストの追い込み時には加速しやすい状況とも言えそう。 ちなみに、総合精霊は上位精霊を取れなかったユーザーでも計算上取ることは可能である。 尊敬の念を込めて、このデッキコンセプトの狂っている点をあえて挙げると ・まず水光アヤツグが5枚当てていた事実 ・それを再契約に使わなかった事実 ・難易度上げ上げで常に複色パネル解答の苦行 ・それを4日間走り続ける荒業 ・5問解答なのでほぼ休まるタイミングは無いと思われる おそらく問題回収は済んでいるのだとは思いますがそれにしてもすごい!!! もちろん他にも様々なコンセプトのデッキがあると思いますので、こういうのがあった、私はこのデッキで走ってるなどありましたらコメントかTwitterにお気軽にお寄せください!!! それでは3日がんばっていきましょう!!!. 今回もその流れでボーダーが上がると踏み、前回の80万よりも高い 82万ptと予想する。 デイリー上位報酬のボーダーも上がっているが、2015年にチーム分けしたことによってもボーダーの下落を促すことが出来た。 現状60万ペースの中で、そこから最終日だけ急に100万クラス、というのをどれだけみるかだが、 23時台で加速したとは言え60万~65万ペースから出ていないことを考えると、 やはり70万程度ぐらいは積んでおくのが現実線と考えます。 前述したアレスちゃん結晶での突破も可能です。 個人的にはイベントトーナメント覇級を5ターンで回れるデッキが作れたので、これで周回しようと思っています。

>

【ウィズ】〈大魔道杯inアンダーナイトテイル〉三日目が終了で最終日に突入!流石に60はいきそう……: 黒猫のウィズ まとめ情報

2018年当初はイベ覇デッキが・蓄積・のどれかが組めてしまえば5ターンで周回できるテンプレ化が著しい。 11月、12月はそれぞれ配布デッキだとか全問不正解デッキが活発だったので接待と言うほどではなかったが、エフェクトが早いのでやはり接待に近い状態となっていた。 HP21というのが実に嫌らしい。 裾野が広がるということはボーダーは減少していく可能性が高く、今回は特に発表がないので前回と同じような順位・ボーダーになることも十分ありえる。 良い例が。 今回は私もある程度ボーダーを追えそうなので、明日もボーダーを追ってみます。

>

【黒猫のウィズ】魔道杯のボーダー傾向と規則性|ボーダー予想

番号 1位入賞回数 獲得ポイント 1 5 2000 2 5 4000 3 10 6000 4 10 8000 5 10 10000 6 10 30000. パッツァなど、報酬精霊の人気も相まって、ボーダーが高くなるかもしれない。 バーニングでなければ イベントトーナメントの形式が前回のような形式でなければボーダーは以前の形に収束すると考えられる。 とは言え深夜に入るといったん落ち着くので、朝以降は勢い的には仕切り直しとなる。 いつか何かのギミックに使えるかもしれません。 逆に、イベントの人気に反しなぜか魔道杯に絡めていないのが超魔道列伝シリーズである。 : 他のイベントでも魔導ではなく魔道で統一されている。

>