ひっ さつま えば。 ソラシド、「ひっ翔べ!さつま号」就航 薩摩隼人の気概込めて

ソラシドエア、鹿児島県さつま町をPRするラッピング飛行機「ひっ翔べ!さつま号」を3月19日就航 鹿児島空港で就航式を実施

また、17番目のプロジェクトとなる空恋については、「これまでいろいろな地域が、それぞれ趣向を凝らして地域の魅力を発信するべく頑張っていただいているが、お互いにほかの町のよい知恵を盗んで、活かして、我が町をもっとよくするという、お互いに切磋琢磨して知恵を競い合うところに素晴らしさがあると思っている。 加えて、髙橋社長は就航式後の囲み取材で、「(空恋について)過去の17回の事例をやる前後でお客さまに聞くと、そういう町があったな、そういう町があるらしいから行ってみたいというお客さまが増えている。 ひっ翔べ!さつま号は今後約1年間、ソラシドエアの全路線に投入されます。 航空会社:• ソラシドの全就航地を飛び、さつま町をPRしていく。 ささ福かざりは、さつま町の女性たちの手によって一つ一つ丁寧に作られています。 下麦氏は、「さつま町には川内川という大きな川が流れている。

>

鹿児島県さつま町「ひっ翔べ!さつま号」|ソラシドエア

さつま町のイメージキャラクター「さつまるちゃん」が描かれたデカールを、前方ドア脇と胴体の後方に貼り付けている。 予めご了承くださいませ。 また、機内には観光PRや移住者向け情報が記載された情報誌をシートポケットに備えるほか、CA(客室乗務員)は制服に缶バッチを着用。 同便の出発前には就航記念セレモニーが行われ、「さつまるちゃん」も式典に駆けつけました。 浪華住吉名物「さつま焼」 浪華住吉名物 「さつま焼」• 鹿児島県さつま町は、鹿児島県薩摩半島北部に位置し、霊峰・紫尾山(しびざん)のふもとにあります。 機内サービス時のエプロンも、同じくさつまるちゃんが描かれたものを着用する。 鹿児島空港からは車で約40分程。

>

岩手県の郷土料理 ひっつみ汁 作り方・レシピ

さつま号の初便は19日の鹿児島発羽田行き6J76便で、午後0時48分に出発した。 現在、下記の4自治体・地域の機体が運航されている。 機材:• JA803X(登録記号)の機体を使用して、今後約1年間運航。 一つの小物を作るのには2時間程度かかります。 熊本県天草地域:「VISITあまくさ号」(JA806X) 宮崎県都城市:「肉と焼酎のふるさと 都城(みやこのじょう)号」(JA805X) 沖縄県:「プロ野球沖縄スプリングキャンプへGO!」(JA811X) 宮崎県:「日本のひなた宮崎号」(JA809X) 3月19日に就航した「ひっ翔べ!さつま号」は、同プロジェクトにおいて17機目の活用となり、鹿児島県内の市町村としては、2013年7月1日~2014年10月22日に運航していた鹿児島県錦江町の「元気ファクトリー錦江町号」に続いて2例目。 3月19日から就航した空恋機「ひっ翔べ!さつま号」 資料提供:ソラシドエア 初フライトは3月19日の鹿児島発羽田行き6J76便。

>

鹿児島県さつま町「ひっ翔べ!さつま号」|ソラシドエア

機材:• 航空会社:• 航空会社:• ひっつみが浮いてきたら長ねぎを加え、1分程中火で煮て火から下ろします。 十勝小豆を精製した淡白な味のこしあんを、秘伝の皮で包み、心を込めて、一本一本竹串にさして焼き上げております。 これから船というか、飛行機をこぎ出す記念すべき日になる」と挨拶。 ジップ付き保存袋にひっつみの材料を入れて、耳たぶほどの柔らかさになるまで捏ね、1時間寝かせます。 幻想的な雰囲気の中で都会の喧騒を忘れ、本物の癒しを体感できるイベントとして大人気です。

>

ソラシドエア、鹿児島県さつま町をPRするラッピング飛行機「ひっ翔べ!さつま号」を3月19日就航 鹿児島空港で就航式を実施

鹿児島に古くから伝わるこの言葉は、勇猛果敢であったと言われる薩摩隼人、薩摩武士の気概があふれており、大きく挑戦し広く羽ばたいていきたい思いを「ひっ翔べ!」に込めている」と由来を紹介。 さつま町は鹿児島空港から約35キロで、車で約40分の位置にある。 町の魅力をてんこ盛りにしたホタルの妖精、さつま町のイメージキャラクターさつまるちゃんも日本中の空を飛びまわりながら、鹿児島を代表する名「さつま」を町名とするまちを全国に積極的にアピールし、町の魅力を発信していきます。 航空機の機体を地域PR、地域振興に活用する「空恋プロジェクト」の一環。 6J76便搭乗者には就航を記念して、搭乗証明書、さつま町の観光パンフレット・さつまるちゃんのキーホルダー・メモ帳・ボールペン、竹の菜箸が贈られました。 機材:• 実際の設立や変更から反映までに時間がかかる場合があります。

>

ひっ翔べ!奥さつま探険隊

株式会社ソラシドエア 代表取締役社長 髙橋洋氏 ソラシドエアの髙橋社長は、「私どもは責任をもって、この1年間、プロジェクトを成功させなければならない。 作っているのは「さつま町商工会女性部」、「NPO法人ひっ翔べ!奥さつま探検隊」に所属する女性の方々と、月2回開かれる教室に通う方々です。 僕はさつま町のいいところをてんこ盛りにしたホタルの妖精。 「さつまのささ福かざり(通称:さげもん)」とは、ひなの節句の為に母親や祖母が子どもや孫の幸せを願い、一針一針作り上げた「まり」と「細工物」をつるした昔の人の知恵と愛情がいっぱい詰まった福寿縁起の宝物です。 ぜひご乗船いただきたい」とアピールした。

>

薩摩剣士隼人 公式ホームページ

機体名称の「ひっ翔べ!」は、薩摩藩(現在の鹿児島県)に古くから伝わる「泣こかい 飛ぼかい 泣こよっか ひっ翔べ」(標準語では、泣こうか 飛ぼうか 泣くより 飛んでしまえ)という言葉からとった。 機体前方ドア横に貼られたさつま町をPRするデカール(ソラシドエア提供) ソラシドは地域振興の機体活用プロジェクト「空恋-空で街と恋をする-」で、機体側面に九州や沖縄の自治体名を描き、機体を通じて自治体をPR。 幾星霜の老舗の味をご賞味ください。 定款等• 町の中央部を九州第2位の大河・川内川が流れ、毎年5月中旬になると無数のホタルが飛び交い、全国的にも珍しいホタルを間近で観賞できるホタル舟が運航されています。 さつま号」特別塗装の航空フォト 飛行機 写真・画像 が、 207枚投稿されています。

>

薩摩剣士隼人 公式ホームページ

航空会社:• 油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、1cm幅に切ります。 機体後部と前方ドア横に、さつま町のイメージキャラクター「さつまるちゃん」をモチーフとしたデカールが貼られた。 2017年度• 空港:• さらに、豊かな自然に育まれ、都市部の市場で高値で取引される超早掘りたけのこを代表とする農林水産物やトロっとした湯で美肌になる泉質をもった神の湯・紫尾温泉、美人の湯・宮之城温泉も魅力的です。 空港:• 2018年度• 鹿児島県さつま町長 日髙政勝氏 同機の初便となったSNA76便(鹿児島12時35分発~羽田14時10分着)の搭乗ゲートでは、就航式が実施され、鹿児島県さつま町長の日髙政勝氏、ソラシドエア代表取締役社長の髙橋洋氏がそれぞれ挨拶。 また、飛行機に乗るだけでなく、少し派手なデカールを貼るので、それを各空港でご覧になる、直接お乗りになる何倍もの方が、さつま町、ひっ翔べ!さつま号という名前をご覧になるので、それを通じて地域の魅力をさらに浸透させられればと思っている」と意欲を見せた。 空港:• 空恋プロジェクトは、ソラシドエアが運航している機体に、九州や沖縄の自治体、地域の名前が書かれたデカールを貼り付け、自治体のPRを実施。

>