五目 おこわ。 やまがたの郷土料理:春の頃の郷土料理「五目ぶかし」|おいしい山形ホームページ

五目おこわ

蒸し器を使うとベチャつかずモチモチに仕上がります。 Copyright C 2008- おいしい山形推進機構事務局 All Rights Reserved. 蒸しあがったおこわを盤台に移し、で切るように混ぜる。 、、、中国等を入れる)• 鯛おこわ• 蒸し器を使うとベチャつかずモチモチに仕上がります。 しいたけの戻し汁はとっておく。 023-630-2221 おいしい山形推進機構事務局 山形県農林水産部6次産業推進課 〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号 TEL. 鰻おこわ• 023-630-2221 Copyright C 2008- おいしい山形推進機構事務局 All Rights Reserved. 鶏おこわ• 炊飯器だとベチャっとしてしまいがちなおこわ。 小豆の代わりに黒豆を用いたものはとも呼ぶ。 4人分として、3を用いる• 材料:もち米、ごぼう、にんじん. A one pot meal featuring your favorite Mexican flavors that cooks all in one pan. 蒸し器を使うとベチャつかずモチモチに仕上がります。

>

五目おこわ

日本国語大辞典第2版(小学館)、「おこわ」の項。 元々は 強飯(こわめし)をあらわすが一般化したものである。 蒸し器を使うとベチャつかずモチモチに仕上がります。 おこわ弁当 おこわ(御強)はを蒸した。 五目ぶかし もち米を蒸し上げたものはおこわ。 祝いの席のごちそうとして知られる)• 『』 -• もち米をザルにあけて水気を切り、芯がなくなるまで蒸し器で蒸す。

>

おこわ

日本大百科全書(小学館)、「こわ飯」の項。 梅おこわ• 母直伝のメモ書きです。 少し濃い目の味付けになるよう戻し汁で調整する。 なお、「炊(た)く」は、「赤飯(強飯)を炊く」のように、蒸すことも含むことから、区別するため「炊(かし)ぐ」とする。 かまぼこ、人参はさっと湯がいておく。 もち米は洗って、一晩水に浸す。

>

おこわ

これを10分おきに3〜4回繰り返し、40分ほど強火で蒸す。 もち米は洗って1晩水につけておく。 材料:もち米、ごぼう、にんじん. かまぼこ、人参を除いたほかの材料をしょうゆ、砂糖、みりんと1のしいたけの戻し汁で煮る。 栗おこわ• (現在は販売終了)• 「飛騨の栗こわい」はの名物として知られた。 しらむし(白蒸し) - 小豆を用いないおこわ。 。

>

五目おこわ

もち米にあずき・を混ぜで炊いたもの) など。 油揚げ、人参も長さ2cm程度の千切りにし、かまぼこも同様に切る。 023-630-2221 おいしい山形推進機構事務局 山形県農林水産部6次産業推進課 〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号 TEL. 材料:もち米、ごぼう、にんじん. 炊飯器だとベチャっとしてしまいがちなおこわ。 母直伝のメモ書きです。 もち米は水気を切り、蒸し器で蒸す。 御霊(みたま)…では「御霊」(みたま)という、小豆で炊いた御赤飯のかわりに黒豆でもち米で炊いたおこわが通夜や法要、で用意される。 昔はもち米は貴重品であり、もち米を蒸したおこわは慶事や祭り、など晴れの日しか口にすることができない祝いの席のご馳走であった。

>

おこわ

関連項目 [ ]• レシピ• に、ごま塩を振り提供する。 ちりめんおこわ• 母直伝のメモ書きです。 そのほか、鮭、じゃこ、松茸、筍など旬のものが好まれる傾向がある。 母直伝のメモ書きです。 炊飯器だとベチャっとしてしまいがちなおこわ。 現在はもち米を用いてさえいれば、普通に炊き上げたものや、もち米とうるち米を混ぜて用いたものをおこわと呼ぶこともある。 赤飯(やを入れたおこわ。

>