大阪 都 構想 投票 権。 誰が「大阪市」を守ったか──組織と個人の戦いだった「都構想」住民投票

18歳選挙権なら実現していた「大阪都構想」。若者が投票すれば社会が変わる初の選挙となるか!(高橋亮平)

() 「野次馬的視点で言うと感覚で痛快。 (市長) 住民投票については「大阪市民の皆さんが自分たちの街づくりに議論すべきであって私コメントすることは適切ではない。 。 () 「大阪都構想での住民投票の結果は、大阪市の今後を考えることで二分されたような大きな議論だったのではなかろうか。 大都市地域特別区設置法については「広域機能の一元化や大阪市を特別区再編など、めざすべき大都市制度の枠組みを考え、大都市制度推進協議会において議論を行うとともに、法定協議会設置に向けて準備を進めていきたい。

>

「大阪都構想」住民投票再度否決の翌日に橋下徹氏がテレビ番組で「生まれた子供に一票を与えて親が行使するべき」と負け惜しみのトンデモ発言!弁護士の米山隆一氏が橋下氏に対して徹底批判!

北区・中央区分離 北区・中央区合体 5区案 都島区、北区、淀川区、東淀川区 0299,626 数字は区割り案の基準とした2035年の推計人口。 テレビでは、大阪維新の会代表(21日に代表辞任)の松井一郎・大阪市長、代表代行(21日に代表就任)の吉村洋文・大阪府知事、公明党大阪府本部代表の佐藤茂樹・衆院議員が並んで会見し、松井が「敗因は私の力不足」「これほどの問題を提起できたことは、政治家冥利に尽きる」と、前回2015年の橋下徹市長(当時)と寸分違わぬことを述べていた。 (市長) 「大阪ダブル選挙結果は府民、市民が、問題提起に対して一定の方向性を出したということで民意の表れ。 () 「大阪ダブル選挙を通じて大阪都構想はあまりにも急ぐ必要性はある事に疑問。 だからこそこの俺が情報媒体の宣伝状況や工作員の _. () 「大阪都構想やダブル選挙を始め、大阪を変えなければならないという有権者の声が強くて選挙結果に出たのだと思う。 2008年時点では大阪市の廃止による特別区の設置などはまだ議論の俎上にはなく、橋下自身も「大阪府庁を発展的に解消する。

>

市民の自治権奪う「大阪都構想」 大阪市の廃止狙う維新 背後で蠢く外資や財界

それに気をつける事で熊本市と熊本県には連携会議が活性化しつつ、相互関係も良好になっていく。 橋下徹氏としては少なくともただの外国人への参政権付与には明確に反対しており、 特別永住外国人の制度を解消する方針です。 」と静観。 それを日本維新の会の憲法改正原案では「 日本国籍を有する者」と明記しています。 14日に市内でトークセッションを行い、投票権拡大の議論を盛り上げたいという。

>

【アホの朝日新聞】 在日コリアンにも、大阪都構想への投票権を与えろカスジャップ!!!

6月9日には大阪府議会においても賛成多数で可決、同日で発効した。 反対集会への出席を控えることを要求した。 これは1947年から大阪市側が展開していた運動に対する大阪府側の対案とされた (特別市制度は実施されることなく、1956年に制度が施行された際に廃止)。 詳細な議論は未知数あるものの、巨大自治体の枠組みを変化させて民意を問うたことは大変意味のある選挙だったと思う。 私たちの訴えを受け止めてくれた市民、有権者に感謝を申し上げたいし、敬意を表したい」• 20区の内訳は、現在の大阪市24の行政区を合併し8都区、堺市は7つの行政区を3都区に再編し周辺9市を特別区として大阪都20区に設置する。 () 「大阪都構想の主張は分かりやすく、橋下氏の強い発信力や行動力に大阪再生を期待した結果、大都市制度議論は不可避。 投票用紙の記載は「大阪市における特別区の設置についての投票 特別区の設置について賛成の人は賛成と書き、反対の人は反対と書くこと。

>

【アホの朝日新聞】 在日コリアンにも、大阪都構想への投票権を与えろカスジャップ!!!

すでに大都市法は施行されているが、その存在を前提にして考えざるを得ないが、融合一体化のためのもうひとつの選択肢である「特別自治市」の制度化が図られるべきことは当然。 都構想自体を実現か否かは市民の方々が判断をされるべき問題がが一般的な受止めであって、この構想を通じて感じた事は、都道府県と政令市との関係で、二重行政に関するもので地域ごとに異なっていて全体に一般論として言えるものではなく、各都道府県と政令市の人口バランス、地域与件を考慮しつつ二重行政の排除に努めながら住民サービスの向上に努めることが重要。 更に人口は70万切っていることから多種多様な政令市が存在してることから政令市としていく問題が出てくる。 改めて大阪都構想の発端となったのはで大阪府と大阪市のライバル関係が原因であって大阪市が主導権を握ったことが事実であるものの市町村との連携が大事であって、群馬県が何かをアクションを起こすときに市町村と連携しないと絵に描いた餅になってしまう。 しかし「東西区」を巡って相応しくないため、維新が実施した地元の住民の対象をしたアンケートでは、「淀川区」に変更した。 また、2020年投票対象の区割りでは、都市の拠点にも配慮がなされ、各特別区に主要ターミナルがあり、各特別区の将来的な発展の核となることが期待できるとしている。

>

市民の自治権奪う「大阪都構想」 大阪市の廃止狙う維新 背後で蠢く外資や財界

政令指定都市として都道府県と同レベルの財源と権限をもっていた大阪市は消滅し、一般市以下の特別区を大阪府が統括することになる【図参照】。 また、の教授(地方自治論)は「U字」自体を疑問視し、都市化や自治体の権限の違いの影響を除いた場合、「グラフは『L字』カーブになる可能性が高い」と述べ、人口が一定以上になるとそれ以上増えても歳出には影響しないとの考えを示した。 また、静岡市長の田辺信宏はこの構想に反対している。 再び住民投票での否決・廃案 [ ] 2020年11月1日には2015年に行なわれた住民投票に続く2度目の住民投票が行なわれた。 そこを私たちは勘違いしたらあかんと思います」 大阪市廃止・特別区設置の住民投票、いわゆる「大阪都構想」の二度目の否決が決まった直後、自民党の川嶋広稔・大阪市議は言った。 これが、大阪維新のやり方です。 」と静観。

>