君 の 瞳 が 問いかけ て いる 上映 館。 横浜流星&吉高由里子、『きみのめ』を110回鑑賞したリピーターに驚き!映画『きみの瞳が問いかけている』アンコール舞台あいさつ|シネマトゥデイ

STARDUST

三木監督は「越」と書いて「この作品が海を越えて広がっていくのは嬉しい出来事だった」と作品の広がりを実感。 上映後に行われた舞台挨拶に登壇した横浜は、「皆さん、本日はお越しいただきありがとうございます。 」と明かした。 車椅子の吉高由里子に、横浜流星が語りかける…W主演映画メイキング写真公開 マイナビニュース• 横浜は「考」と挙げて「身の回りの環境が変わって、自分自身を見つめ直すきっかけにもなって、仕事もそうだし、人間関係をそうだし、プライベートもそう。 宇宙でいちばんあかるい屋根の上映スケジュール・映画情報 映画の時間編集部• 沢山長い間愛していただき、ありがとうございます」と感無量の表情だった。 大塚明夫「声優を夢見る若者が陥りがちな失敗」 東洋経済オンライン• 不慮の事故で、視力と家族を失った明香里。 三木監督は横浜の瞳について「目の芝居がいい!」と太鼓判を押していた。

>

STARDUST

今年も残りわずか。 やがて自分の過去が彼女の失明と関係していたことを知った彼は、高額な手術代を稼ごうと賭博試合のリングに立つことを決意する。 )の「今年を表す漢字一字」をそれぞれが発表することに。 この日の会場にも50回以上作品を観ている人がいるなど、ほとんどがリピーターであることから、作品に関するマニアックなトークが展開される。 グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~の上映スケジュール・映画情報 映画の時間編集部• 彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。 視力を失った女性と夢に破れた青年の恋を描く。

>

キュン|きみの瞳(め)が問いかけている

(磯部正和). リピーターの数も順調に増やし、横浜演じる塁の名前にちなんで本作を観た回数の単位を「~塁」にするのがSNSで流行中。 大ヒット上映中! Share SNSでシェアしよう!. 映画『きみの瞳 め が問いかけている』 映画ログプラス• 暗闇だった人生に、再びやさしい光が射すような幸せな日々。 spring song」の上映スケジュール・映画情報 映画の時間編集部• きみの瞳が問いかけているの上映スケジュール・映画情報 映画の時間編集部• 三木監督は横浜の瞳について「目の芝居がいい!」と太鼓判を押していた。 )の「今年を表す漢字一字」をそれぞれが発表することに。 今回の舞台挨拶では、本編シーンの超コアな解説を実施。 〜あらすじ〜 29歳の明香里(吉高由里子)は、思いがけない事故で視力と家族を失うが、明るく過ごしていた。 そのロングラン大ヒットを祝したアンコール舞台挨拶が12月3日に東京のTOHOシネマズ六本木で行われ、主演の吉高由里子、横浜流星、そして三木孝浩監督が登壇した。

>

横浜流星『きみの瞳が問いかけている』リピーター続出に感謝|シネマトゥデイ

同作は、不慮の事故で、視力と家族を失った女と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男、光を失って生きてきた二人が織りなす運命のラブストーリー。 本当にありがとうございます。 そして、三人での舞台挨拶は最後になるが、11月20日 金 に実施された三木監督によるティーチインイベントが大好評であり、ファンの期待に応えて再度実施されることが発表されイベントは幕を閉じた。 そして、横浜流星さん、いいですねえ。 07 日時:12月3日(木) 場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 登壇者:吉高由里子、横浜流星、三木孝浩監督x 華やかな存在感と数々の賞に輝く確かな演技力で、日本映画界のトップに立つ女優、吉高由里子と、2020年の日本アカデミー賞で新人俳優賞に輝き、エンタメ界に旋風を巻き起こしている横浜流星がダブル主演を務める、邦画界を牽引する恋愛映画の旗手・三木孝浩監督の最新作『きみの瞳(め)が問いかけている』(配給:ギャガ)が大ヒット上映中!不慮の事故で、視力と家族を失った明香里(吉高)と罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)。 韓国映画によくあるような、正統派の恋愛映画です。

>

横浜流星『きみの瞳が問いかけている』リピーター続出に感謝|シネマトゥデイ

物語が進むと横浜の前髪が少しずつ変化していることや、ラストの海のシーンでの解釈を巡るトークなど、この会場でしか聞けない裏話に観客は酔いしれていた。 ステップの上映スケジュール・映画情報 映画の時間 映画の時間編集部• その理由について「身の回りが変わって、自分を見つめ直し、考える時間がありました。 映画「きみの瞳(め)が問いかけている」は、大ヒット上映中! ぜひ劇場でご覧ください!. 恋愛映画の旗手・三木孝浩監督のもと、吉高は目が不自由という難役に、横浜は世界大会で優勝したこともある空手経験を活かした天才キックボクサー役に挑む。 10月23日の公開以来、ロングランヒットを続け、50回以上映画を観た人も会場に駆けつけていることを知ると、横浜は「ありがたいです」としみじみ語っていた。 もっと頑張っていきたい」と刺激を受けた様子。

>

吉高由里子、横浜流星、三木孝浩監督『きみの瞳が問いかけている』アンコール舞台挨拶に登壇!今年の漢字をいち早く発表!

今日リピーターの方の質問を受けて、まだ自分の役作りが足りないんじゃないかと気づかされたので、これからもっと頑張っていきたいと思います。 〜見どころ〜 チャールズ・チャップリンの『街の灯』にインスパイアされた韓国映画『ただ君だけ』を原作にしたラブロマンス。 時と場合にはよりますが、基本的には後味のいいものを観たいですからねえ。 そして自分の中でいろんな答えが出たりもしたので、大事な年になりました」と様々な思いが去来したようだった。 本作にとってラストになるであろう舞台挨拶の締めに横浜は「2塁、3塁と皆さんに愛していただき嬉しく思う。 吉高は「私はリアルのことだと思っていた…」と様々な解釈があることに驚き、横浜も「僕もリアルなことだと思っていたけれど、同時に情けないと思った。 。

>