よみがえる 美空 ひばり。 “AI美空ひばり”ができるまでを追った大反響の番組をDVD化! 「よみがえる美空ひばり」発売決定! | ガジェット通信 GetNews

「AI美空ひばり」ができるまでをDVD化 NHK「よみがえる美空ひばり」発売へ

自分のパソコンやスマホが故障したりするかもしれないリスクを取るよりもその可能性が一切ないU-NEXTを使って観る方が安心ですし、リスク取ってまで観るのもおかしな話ですよね。 中世のヨーロッパでは、人間は神の一部であると考えられたりしていたし、日本でもアニミズム的な感覚が信仰されていた。 まずはNHKにて、『不死鳥コンサート』のマルチカメラで撮影されたアーカイブ映像を教師データとして機械学習を行い、そこから顔まわりのモデルデータを生成。 そういった視点で見たとき、美空ひばり本来の高い歌唱力や表現性は、「AIの技術力を計測するためのベンチマーク」として考えることもできるだろう。 ステージ上に等身大でよみがえった美空ひばり。 設備の違いだけでなく、美空ひばりさん本人の歌い方にも変化がある。 3DCGの表情制御などはゲーム内3Dムービー業界なりCG映画業界なりのもっと腕の人に任せた方が不気味にならずに済んだ気がしますが忙しくて無理だったのかもですね。

>

NHK「AIでよみがえる美空ひばり」再放送 内容に賛否両論も大反響

このすばらしいプロジェクトに参加することができて、大変光栄に思っております。 (無料トライアル期間中でも読めます。 快適に動画が観れるので、オススメです。 昨年の放送後、 大反響を呼び、 NHK紅白歌合戦でも披露された歌声が多くのファンからの要望を受けてDVDとして発売される。 死んだ後もAIによって、表情も思考もあるように見える存在と対話ができるからだ。 しかし、だ。

>

NHK『よみがえる美空ひばり』再放送日はいつ?見逃し動画配信で視聴!

番組では美空ひばりの過去の膨大な音声データから、ヤマハ株式会社が開発を進めている最新の人工知能 AI 技術によって、ひばりの声を現代によみがえらせ、AI美空ひばりとして新曲を歌唱し、人の心を揺さぶらせることができるのかという試みに挑んだ。 ゴールデンレトリバー、チワワ、秋田犬、土佐犬など。 ユーネクストの解約・退会の仕方(手順) U-NEXTの解約方法は、とても簡単です。 現在ではバーチャルシンガーによる歌声を制作できる技術として広く親しまれている、同社独自の歌声合成技術「VOCALOID」 2003年発表 と比較して、AI技術を使用した『VOCALOID:AI』では特に、音色変化の表現が格段に向上した。 他にもマリア・カラスとかで実現していた。 また、曲中の語りは、長期のツアーや劇場公演で家に帰れない美空ひばりが、息子である加藤和也氏に読み聞かせていたカセットテープに残された音声データをコンピュータに読み込ませ生成されたもの。 あれはファンの総意ではなく極々一部のファンの一部感想の抜粋と編集と見做して良いかと。

>

“AI美空ひばり”ができるまでを追った大反響の番組をDVD化! 「よみがえる美空ひばり」発売決定! | ガジェット通信 GetNews

「この楽譜の文脈を与えたらどう歌うか」というのを想定して歌う点がこのAIの最大の特徴であるという。 あるいは故人の考えが残されたものとして、「書物」がある。 AIのディープラーニングが安価で手軽になれば、それらの膨大な「ライフログ」によって遺族が死者をAI化することは十分にありうる(既にそのようなサービスを開発している会社はいくつもある)。 そういったニュアンスを含め作ってくださったので、人間とは何かというところまでを考えたプロジェクトになったと思います。 AIがもっと発展すれば、そのような創造や進化の謎にまで手が届く日がいつか来るのかもしれない。

>

「AI美空ひばり」ができるまでをDVD化 NHK「よみがえる美空ひばり」発売へ

わずかに色のバリエーションを出している• もともとある波形から適切なものを探し出して切り貼りするのではなく、AIを使って歌声を直接創り出す方法のほうが、今回は適していた。 とはいえ、少し引いた目で考えると、亡くなった人の一部をテクノロジーで残すこと自体は人類がずっと行ってきたことだ。 こうした大衆的な想像力の中で、境界が曖昧な死生観が、自覚されることもなく発展していくだろう。 ひばりさんを慕い、会いたいと願う皆さまがそばにいたらこういう身振り手振りをされるだろうと、ひばりさんの気持ちになって歌い、そして動いてみました。 時代とともに変わる収録環境 「七色の声」も影響 歌声の参考として日本コロムビアから提供された音源は、時間の経過で劣化しているものもあるが、もともとは収録スタジオで専門の機材を使って収録された商業レベルの音声だった。

>

ホログラムと音声合成で美空ひばりが甦る? ヤマハのAI技術で新曲ライブに挑戦!「NHKスペシャル」9月29日放送

一連のモデル制作は松本氏がリードしたが、クランチタイムには3人体制でテクスチャ、髪の毛、アクセサリのディテールアップに取り組んでいたそうだ。 U-NEXT に登録すれば、NHKオンデマンドの動画(番組やドラマ)を いつでも好きな時間にスマホやタブレット、高機能テレビ等で観ることができます。 5分もかからずに完了します。 技術はやがて進歩し改良されるので将来に対する期待も込められてとなるでしょうね。 新曲の中には、そういった気持ちを込めたセリフも入っています。 AI(ディープニューラルネットワーク)を用いた美空ひばりの歌声、語りの再現、新曲『あれから』の制作を先行させる必要があったからだ。

>