Pt ボート。 PTボートとは

アメリカ海軍 エルコ 80' PTボート (前期型) メリットインターナショナル プラモデル

初期のPTボートは、を発射する単装魚雷発射管を4基装備していた。 その後も、作戦海域の沿岸部などで日本の輸送部隊への襲撃やかく乱、偵察など幅広い任務に活用されました。 7mm機銃を1門ずつ並べたもので、照準はMk14による。 揶揄された「PTボート」 やがて日本陸軍の天敵に ただ配備された当初は、大型艦船が花形の海軍のなかでは、ベニヤ板を材料としている小型船ということで、評判は決して良くはなく、「ベニヤ板の驚異」「モスキート・ボート」と揶揄されることもあったそうです。 さらに、一部の魚雷艇は肝心の魚雷発射管を降ろし、銃砲を主兵装とするとして運用された。

>

アメリカ海軍 エルコ 80' PTボート (後期型) メリットインターナショナル プラモデル

なお量産性を考慮し、プロペラは3軸とも同じものを使用していたが、軸の回転数が高いためトルクが低く、偏向は小さかったという。 また、火力の強化を目的に75mm砲の試験搭載や、を6基装備した人力発射架も試作も行われたが、どちらも実戦に投入されることはなかった。 アメリカ海軍のアーヴィン・チェイスとエルコ社の設計主任がイギリスに渡り、PV-70を視察した。 ****************************************. PV-70はPT-9型と名前を変え、海軍の試乗が始まった。 これらを受けアメリカ海軍は、魚雷艇に「PT」の類別コードを与え、正式にその整備に乗り出すこととした。 香港を基地としていたのは英海軍第2魚雷艇隊で、ブリティッシュ・パワー・ボート社の艇身一八メートルの魚雷艇六隻と、中国海軍から手にいれた第一次大戦当時の魚雷艇二隻で編成されていた。

>

PT小鬼への対策(復習):JFK_のブロマガ

筑土龍男「第2次大戦における米PTボートの意義」『世界の艦船』328号、1983年• この両艇は、エンジンの故障のために予定時刻に集合できず、日本軍の空襲をのがれるために島影に隠れていたが、タガナヤン島へくる途中で、一緒になったということだった。 7mm機銃を1門ずつ並べたもので、照準はMk14による。 また同じ魚雷艇で対抗するには日本軍の魚雷艇は性能、数量とも十分ではなかった。 砲熕兵装 [編集 ] 初期型のPTボートの標準的な砲熕兵装は連装機銃2基と、及びその他小火器若干であったが、様々な敵に対処するため、PT25以降は艇の大型化に伴い兵装が強化され、前記に加え、艇尾に対空用としてを装備するのが標準的となった。 速力と機動力を高める。 『』 米海軍の小型艦艇としてヒギンズ78フィート型、エルコ80フィート型が登場する。 東から強風がふきすさび、艇は木の葉のようにゆれた。

>

PTボート

でのドイツ舟艇との夜戦やがその典型的な例である。 PTボートーの最後の戦いは、一九四二年四月八日の夜に起った。 開発計画には、大量のPTボートを建造するだけでなく、乗組員の訓練や艇隊の編成、PTボートの母艦の整備なども含まれていた。 前史 [ ] からにかけて行われたの中で実施されたによる攻撃が、事実関係が確かな歴史上最初の水雷攻撃であるとされている。 初期のPTボートは、Mk8魚雷を発射する単装魚雷発射管を4基装備していた。

>

てごわいぞ日本軍、PTボート(高速魚雷艇4)

、のがのを攻撃したのがこれに当たる。 戦力ゲージ ボス U 随伴 1隻出現 敵連合第一艦隊で登場 第二ゲージ ボス W 随伴 敵連合第一艦隊1隻・敵連合第二艦隊2隻出現 ・ イベント最大の山場。 その後、にはスレードナヤ湾において停泊中であったを撃沈し、に損傷を与えた。 しかし周囲を広大な海に囲まれているアメリカで、���メリカ海軍は外洋での作戦を重視していたため、巨大戦艦やの開発に力を入れ、や沿岸部で戦う為の魚雷艇を必要としておらず、魚雷艇の研究開発には不熱心だった。 また、第二次大戦の前、海軍上層部はPTボートの扱いに困っていた。 イギリス向けのヴォスパー70フィート艇は900馬力のホール・スコット社製エンジン3基を搭載した。

>

PT小鬼への対策(復習):JFK_のブロマガ

これ以降、諸国では以前の水雷艇や魚雷艇をひとくくりに「魚雷艇」( Torpedo Boat)と呼ぶようになった。 実戦運用 [編集 ] 日本軍との戦い [編集 ] この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 また、対水上戦闘ではの打ち上げに使用された。 また、1931年9月、がを占領し、で緊張が高まる対日関係の悪化から、を中心とする地域の防備を強化するため、高速の攻撃用魚雷艇の配備を進めるべきだと言う意見も強くなった。 その他 特筆すべきその他の兵装として、と煙幕発生器が挙げられる。 皮肉にも同じ日、日本軍がラングーンに侵入した。 彼らは日本軍につかまらない唯一の方法、つまり中国の陸地を横断してラングーン 〔ビルマの南部〕まで、はるばる五六〇〇キロの逃避行のすえ、あくる一九四二年二月十四日、ラングーンに辿り着いた。

>

PTボート

ソロモン方面、ニューギニア戦線、フィリピン戦線に投入され、その名の通り哨戒活動に従事した。 配備の第1魚雷艇隊、配備の第2魚雷艇隊、そして配備の第3魚雷艇隊である。 海軍大学校教官。 全長:24. PTボートについて 米軍が太平洋での対日本軍戦線に投入した魚雷艇の総称。 残った魚雷艇は四隻となったが、パターン半島で、日本軍巡洋艦に魚雷を命中させたこともあった。 十二月十九日朝、日本軍の香港島上陸が開始された。

>