白話 小説。 江戸時代における白話小説の読まれ方 : 鹿児島大学付属図書館玉里文庫蔵「金瓶梅」を中心として

白話小説とは 読書の人気・最新記事を集めました

これはまじめな?内容ですよ。 当時の風俗や民俗を知るのにも、役立つ。 明代になると、本を読むという娯楽が流行するようになりました。 まず印刷は、木版印刷です。 今でいうところの、「小説」、、ノベル、、の元祖、、嚆矢ですね。

>

中国の明代に急速的に白話小説が流行した背景にはどういったものがあったのでしょう...

抄訳、というかダイジェスト版ですがそれでも、貴重ですよね。 42 『閲微草堂筆記 ; 子不語 ; 述異記 ; 秋燈叢話 ; 諧鐸 ; 耳食録』 1971年。 一方、中国には、いわゆる中国語の「話し言葉」で書かれた、「白話小説(はくわしょうせつ)」と呼ばれる文学作品も数多く存在します。 >江戸時代前期・中期における中国俗語(白話小説)研究 これは中国における白話小説研究の事例でなく、日本の研究事例という意味でお取りしてよろしいのでしょうか? それなら多少お答えできます。 また、出版された本を買って読む人もいなければ成立しません。 特に女性中心の扱いという形で描写している。 かの、滝沢馬琴も愛読ですね。

>

秋成前後の中国白話小説 [978

近世の人々は白話小説をいかに受容し、自らの文学へと結実させていったのか。 しかし、近世小説には、 仮名草子 ( かなぞうし )・ 浮世草子 ( うきよぞうし )・ 通俗軍談 ( つうぞくぐんだん )・ 近世軍記 ( きんせいぐんき )・ 談義本 ( だんぎぼん )・ 勧化本 ( かんげぼん )・ 咄本 ( はなしぼん )・ 滑稽本 ( こつけいぼん )・ 洒落本 ( しやれぼん )・ 黄表紙 ( きびようし )・ 人情本 ( にんじようぼん )・ 合巻 ( ごうかん )・ 実録 ( じつろく )などと多様な分野があるが、それらの中で読本が、一葉に詰められた字数が最も多く、むずかしい漢語を多用し、挿絵が本文の内で占める比重が軽い、言い換えれば挿絵が比較的少ない小説なのである。 また、作品論における原話と翻案作品の比較に際しては、両者の文化的差異をも踏まえて分析し、原話の性格が翻案によっていかに変質したかという問題にまで目を向けた。 明代中期 16世紀 に入って、庶民向けの平易な小説として定着し、、、らの小説家が、古くからの講史(語り物)を『』、『』、『』等のすぐれた長編白話小説にまとめあげるに至った。 「鏡花縁」とは、鏡花水月という言葉から来ている。 お爺さん、、出世しても結局むなしいものですよね。

>

丸井貴史『白話小説の時代―日本近世中期文学の研究―』(汲古書院)

明治大学法学部教授。 第一部「日本近世文学と『今古奇観』」では、近世期に広く享受された短篇白話小説集『今古奇観』について、その諸本の系統および近世日本における受容の様相を考察する。 今読んでも、面白いというか、自分が小説(幻想小説?)を書く際の「元ネタ?」にしたいような奇抜なプロットのお話が満載で非常に興味深いですね。 こんなあらすじです。 早稲田大学第一文学部卒、1974年同大学院博士課程修了。 妖狐、方術師、妖猿、道士などが入り乱れて魔術合戦の大活躍。 内容は「世を醒ます、姻の縁」を描いたものですよ、 え? タイトルまんま?ですね?夫婦の何世にもわたる因縁譚です。

>

中国の明代に急速的に白話小説が流行した背景にはどういったものがあったのでしょう...

本巻に収められた『 近世説美少年録 ( きんせせつびしようねんろく )』は、江戸時代の小説、すなわち近世小説の世界では「 読本 ( よみほん )」と称されるジャンルに属する作品である。 面白さでは断然「聊斎志異」です。 念のため) 杜子春は、芥川の翻案?でご存知でしょう? 原作とは結末が違いますよね。 通俗軍談や近世軍記も、読本同様に字数が多く、じっくりと読むことが求められるジャンルである。 タイトルを見た瞬間に思わず「?」を浮かべました。 白話小説を読み解く面白さは、話し言葉の時代による違いを楽しめることや、書き言葉の文章よりもふんだんに盛り込まれた遊びの部分や愉快な言い回しを味わうことにあります。

>

江戸時代前期・中期における中国俗語(白話小説)研究について、特に...

申し訳ありません。 五四運動以前に人称代名詞は性別の区別がなかったのですが、五四運動後に性別が区別されるようになり、現代中国語においては、「他」は男性にのみ用い、女性には「她」を用いることになっています。 以下引用ウイキペディアより 『鏡花縁』(きょうかえん)は、李汝珍による中国清代の白話体章回長編伝奇小説。 この、「捜神記」を筆頭としてそのごも陸続とこの手の説話集が作られてやがてそこから もっと小説らしいというか プロットや体裁を整えたいわゆる小説らしい作品が生まれてくるのですね、 それが、唐時代のいわゆる「伝奇小説」です。 (かなり自由に私が翻案しています、で、、原話とは多少(かなり?)違うと思います。

>