小湊 鉄道 キハ 200。 キハ200形車両

昭和にタイムスリップ! 小湊鐵道で日本の原風景を訪ねる旅(前編)|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

車体 [ ] 窓配置d2D 1 6 1 D2d(d:乗務員扉、D:客用扉、 1 :戸袋窓)の両運転台式で、窓の上下に補強帯の露出はしない、ノーシル・ノーヘッダー構造の平滑な側板を備える。 元々キハ20系統が頑丈な車両である事からおのずとこの車両もそのような立ち位置となり長く運用が続けられたものの、流石に老朽化が深刻である事から2020年より徐々に置き換えが始まるようで、JR東日本からキハ40形が導入されています。 沿線も里山と言われるような、昔からある日本の原風景のようなところを走っているので、車窓も合わせて楽しんでほしいですね。 車体長さは20m、幅は2903mm、自重は30t、エンジンはキハ20と同じDMH17C(180ps)です。 概要 [ ] 自社発注の、国鉄払い下げの、国鉄払い下げの買収国電を気動車化したと、と種々雑多であったの既存車両の老朽化に伴う代替と車両増備を目的として、(国鉄)を基本としつつ多少の独自色を盛り込む形で設計され、1961年(昭和36年)から(昭和52年)までの16年間にで総計14両が断続的に製造された。 内房線の中間駅で五井駅は最も利用者が多いそうです。

>

小湊鉄道キハ200形気動車

最終増備車は、完全新造の車両としては日本で最後にDMH17系エンジンを搭載して製造された車両である。 手前の稼働中の車両と同じ色だったとはとても思えず、痛々しさすら感じます(クリックすると大きな画像でご覧になれます)。 DT22と呼ばれる国鉄キハ20系などと同じ型のコイルバネ台車なので、振動が小刻みに上下に揺れて心地いい。 車両や駅舎、風景、音などがどこか懐かしさを感じさせ、タイムスリップした気分を味わえるトレベリンでした…が、小湊鐵道の旅はこれだけでは終わりません! その続きは次回に! スタジオトークよりひと言 土屋さん: ドアの開閉がとても力強さのある音で、懐かしさを感じますね。 キハ40の唯一の欠点?は客室から前方の展望があまり良くないことでしょうか。 5kmあります。

>

小湊鉄道キハ200型②

駅名標。 ちょうど気動車が入れ替えを行なっていてJR東日本から来たキハ40形も見ることができます。 キハ200型は、1961年に登場したの標準型ゼルカーで、1977年までに14両が製造されました。 現在でも小湊は同社の持分法適用関連会社としてに名を連ねているが、事実上独立色が強く、「K'SEI GROUP」ロゴも使用していない。 1月31日催行分はGo To トラベル事業支援の対象商品で、参加者の支払額は12,870円。 休車に至る経緯は不明ですが、ネットをいろいろ調べた中で確実なのは「 2002年の時点で既に休車だった」ということくらい。 製造当初は非冷房だったが、1990年代にキハ209・210を除く全車が冷房化された。

>

【私鉄に乗ろう 40】小湊鉄道線 その1

キハ200型の増備による置き換えが16年もかかってたのは、その費用捻出がなかなかできなかったためで、初期に製造されたものは製造後すでに40年が経過していますが、2017年現在では保留車のキハ209を除き、13両が現役で活躍しています。 ~風景・並び~ 五井 牛久~馬立 五井 五井 五井 五井 五井 五井 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 飯給 五井 五井 五井~村上 飯給 飯給 飯給 上総鶴舞 上総鶴舞 ~その他~ 五井 : : :. 古い車両ならではの揺れ方に野月さんも気持ちよさそう。 編集部が選ぶ関連記事• ~映像~ キハ200ドア開閉(youtube) 未だに主力として残っているのが奇跡ともいえるキハ200形。 上写真は五井にて。 ヘッドマーク(イメージ) JR東日本千葉支社、小湊鉄道、JR久留里線活性化協議会は、オリジナルツアー企画「ディーゼルマニア~気動車堪能の旅」を開催。

>

【私鉄に乗ろう 40】小湊鉄道線 その1

キハ40は5月18日にこうして運ばれてきました。 野月さん: 感染防止対策を取りながらの楽しみ方は? 荒井さん: 沿線には里山らしい風景が広がっています。 運転されたらちょっと楽しみなのはクロスシートであること、やっぱり車内でお弁当を食べる時などはクロスシートがよく、なぜ今までなかったのかと思うくらい。 現在、DMH17Cエンジンを搭載する現役車両は少なく、JR各社でも定期運用を持つ搭載車はあとわずかで、私鉄でも・などの一部に残るのみとなっています。 海士有木(あまありき)駅。 ドアも古い車両ならではの音や仕組みがあり、野月さんがレポートしました。

>

昭和にタイムスリップ! 小湊鐵道で日本の原風景を訪ねる旅(前編)|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

私が取材した時も途中で観光バスから降りてきた団体が大量に乗り込んできまして…車内を撮影するどころではなくなったのはここだけの話です(笑)。 そこで小湊鐵道鉄道部車両工務課の荒井康伸 あらい やすのぶ さんに、路線の魅力や楽しみ方についてお話を伺ってきました。 こちらは非ユニットサッシで、窓枠がありません。 第3セクターとはちょっと事情も違うかもしれませんが、「昭和の風景」を求めて乗りに来られる方もたくさんおられますから、むしろ正解なのかもしれません。 駅名標。

>