臥薪嘗胆 口語 訳。 「臥薪嘗胆」の意味と使い方とは?由来や類語表現も例文つきで解説

『蛇足』原文・書き下し文・現代語訳

越、十年 生聚 せいしゅう し、十年教訓す。 詩曰、 「嗟、爾君子、無恒安息。 夫差上姑蘇、亦請成於越。 ・ 与范蠡 - 「与」は「と」と読み、「〜と一緒に」の意味。 国政を挙げて大夫種に属し、而して范蠡と兵を治め、呉を謀るを事とす。

>

臥薪嘗胆【がしんしょうたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

奢 しゃ 誅 ちゅう せられて呉に 奔 はし る。 後日談 [ ] このあと、しばらくしてから、越の臣下だった范蠡(はんれい)が,越王の部下を辞めて、そして越から外国に抜け出す。 ・ - ・ - ・ - ・ - ・生聚(せいしゅう) - 人民を増やし、物資を豊かにする。 ・請う(こう) - 願う。 そして自分で首をはねて死んだ。 勾践(こうせん)国(くに)に反り(かへり)、胆(きも)を坐臥(ざぐわ)に懸け(かけ)、即ち(すなはち)胆(きも)を仰ぎ(あふぎ)之(これ)を嘗めて(なめて)曰はく(いわく)、 「女(なんぢ)会稽(くわいけい)の恥(はぢ)を忘れ(わすれ)たるか。

>

「伊勢物語:筒井筒(つつゐづつ)」の現代語訳(口語訳)

「正直 せいちょく 」は正しくて嘘の無いさま。 春秋戦略には、呉の国を治めていた王「闔閭(こうりょ)」とその息子「夫差(ふさ)」が登場し、「臥薪嘗胆」は闔閭の敵を取ると決めた夫差の物語の一部です。 呉(ご) 越(える)を伐つ(うつ)。 闔廬傷而死。 周(しう)の敬王(けいおう)の二十六年(にじふろくねん)、夫差(ふさ)越(えつ)を夫椒(ふせう)に敗る(やぶる)。 檟可材也。 文脈から、使役(しえき)と捉えて、書き下し文では「〜しむ」が補われている。

>

臥薪嘗胆【がしんしょうたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

・女(なんじ) - おまえ。 朝夕(てうせき)薪中(しんちゆう)に臥し(ぐわし)、出入(しゆつにふ)するに人(ひと)をして呼ばしめて(よばしめて)曰はく(いわく)、 「夫差(ふさ)、而(なんぢ)越人(えつひと)の而(なんぢ)の父(ちち)を殺せし(ころせし)を忘れたる(わすれたる)か。 乃 チ自剄 ス。 」 為幎冒乃死。 」 宰相の伯嚭は越からの賄賂を受け取り、夫差を説得して越王を許させた。

>

十八史略 「臥薪嘗胆」 現代語訳

・郢(えい) - 楚(そ)の都。 杯を奪い取って言ったことには、 「蛇固 ヨリ無 レ シ足。 入 ル 動詞。 范蠡可かず。 子胥 ししょ 復 ま た 之 これ に 事 つか ふ。

>

高等学校国語総合/漢文/臥薪嘗胆

伍員は、字を子胥といい、楚の国の人である伍奢の子である。 詳細 [ ]• [ 書き下し文 ] 闔廬伍員を挙げて国事を謀らしむ。 故に、木、縄を受かば則ち直く、金、礪に就かば則ち利く、 君子博く学びて日に己を参省せば、 則ち智明らかにして行ひに過ち無し。 伍員 名詞。 (なので、そこで、)死者の顔をおおうための四角い布を作り、(顔を覆って(おおって)隠して(かくして)、)死んだ(=自殺)。

>

『臥薪嘗胆』原文・書き下し文・現代語訳

・ - ・ - ・ - ・ - ・属鏤之剣 - 剣の名前。 「治」は「整備する」の意。 ひさぎの木は(棺桶(かんおけ)の)材料にすることができる。 「介」は"大きい"、"小さい"という意味もある。 意味は「討伐する・討つ」。

>

『臥薪嘗胆』原文・書き下し文・現代語訳

夫差は言った、「わしは子胥に会わせる顔がない」と。 山の名前。 夫差志復讎。 伍奢(ごしゃ) - 子胥(ししょ)の父。 読まない書き下さない。 呉は三度戦って、三度とも敗走した。

>