田舎 に 帰る と やけに 懐い た。 「田舎に帰るとやけに自分に懐いた褐色ポニテショタがいる12(1/2) 」

「田舎に帰るとやけに自分に懐いた褐色ポニテショタがいる12(1/2) 」

・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。 だからことさらそれを気にしないように、 い ・ つ ・ も ・ の ・ に ・ い ・ ち ・ ゃ ・ ん ・ をどこか演じるように圭の頭をうりうりと撫でる。 101• 今回の中身は雷おこしだ。 セミの声に意識を逸らしながら、俺は圭の後ろを着いていきながら実家へと戻った。 うだるような暑さのなか、俺は自身が育った生まれ故郷の田舎へと帰ってきた。 そして改めて目に彼のポニーテールが入ってくる。

>

「田舎に帰るとやけに自分に懐いた褐色ポニテショタがいる12(1/2) 」

105• 100• 「ていうかお前なんで髪のばしてんだ?」 それは何気ない疑問。 びみ太先生の「田舎に帰るとやけに自分に懐いた褐色ポニテショタがいる」の第9話が公開された。 ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。 特に顕著なのが、ポニーテールにした黒髪だった。 ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 108• 男の子のはずの従兄弟がなんだか可愛い……ような……。 (紙の書籍ではありません)• 「やりい! 俺の勝ち!」 「ちょおま、いつのまに!」 負けてしまったことを悔やむよりも、密着した肌が気になりだしながら、俺はこの時間をもう少し続ける為に再戦を申し込むのだった。

>

「田舎に帰るとやけに自分に懐いた褐色ポニテショタがいる12(1/2) 」

「なんでー? へん?」 どこか勢いのなくなったキャラクターが今の圭の心境を表している気がして、俺は咄嗟に本音が漏れてしまう。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 「よっと……ついたーっ! 田舎!」 「にーちゃーん!」 「お!」 リュックサックの位置を直し、手にした土産を確認しながら背後のタクシーが去っていくのを感じていると、正面から快活な声をあげて見覚えのある褐色の少年が駆け寄ってくる。 さきほどは気にしないようにしていたが、短パンから覗く太ももの日焼け痕の境目がひどく気になった。 はっきりと色の別れた褐色と白色のコントラストが何故だか目に眩しい。 104•。 ・もご確認ください。

>

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる 2

107• ・この商品は電子書籍です。 そんな風に俺は内心をすべてポニテのせいにすると、一切の操作を投げていた俺のキャラクターが無惨にも圭のキャラクターの飛び上がりアッパーカットによってKOされるのだった。 それらの行程を打破し、ようやく俺はこの秘境めいた田舎へと帰ってきた。 どうしてだろうか。 さらに在来線で一時間。

>

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる 2

・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 「久しぶり~!」 「圭!」 以前会ったのが正月の時。 俺は今目の前でふりふりと揺れるポニテに気を取られながら、従兄弟の圭と一緒に格闘ゲームに興じている。 ゲームで興奮したのか頬は赤く、その表情にはどこか喜色が浮かび、眼差しには期待が込められているのがわかってしまう。 そして案の定圭の返事ははっきりと移動を拒絶するものだ。

>

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる 2

ばーちゃん元気か?」 「うん!」 以前持ち帰ったお土産の東京バナナに味をしめたのか、嬉しそうに紙袋を受けとる圭。 うお、なんだ急に 俺は鳴り止まない動悸が圭に聞こえていないことを祈りながら、冷や汗をたらしつつ無難な返事をすることに成功する。 「お前の座布団あるだろ。 その時から半年と二ヶ月が経過した従兄弟は、全身を小麦色に焼いた姿で目の前に現れた。 改めて目にすると、僅かな間に従兄弟の圭が変化したのがわかる。 「ていうかお前髪伸びたな」 「へへっ、まあな!」 なぜか伸びた髪を誇らしげに揺らす姿に、俺の心臓は奇妙な高鳴りを覚える。 そんな彼は俺の疑問に少しの時間考えると、俺にポニーテールを見せたままなんでもないように聞いてきた。

>

田舎に帰るとやけに自分に懐いた褐色ポニテショタがいる

ショタなので男の子なわけだが……かわいいものは性を越えてかわいいと思い知らされる。 今の俺の心境はこれに尽きるだろう。 「う、うん……」 疑問符を浮かべながらどうにか答えてみせた俺の言葉を聞くと、圭は露骨にその表情をへにゃりと緩め、うれしそうににやにやと微笑みだす。 106• __________________________________ ポニテ、恐るべし。 なので、俺としてもそんな可愛い従兄弟と触れ合うのはやぶさかではないのだが……。 それにしても…… 久々に会った従兄弟が、なんだか色っぽく見えるとは……。

>

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる 2

102• 毎度のことだけどやりづれえ」 これも俺が実家へ帰省するようになってから毎度のポジションなので今さら言ってもしょうがないことではある。 103• これもすべてポニテのせいだろうか。 都内から新幹線で三時間。 ……ちくび見えてる おさがりのランニングシャツから覗く胸元の蕾。 「いや、変っていうか……むしろかわいいっつーか……ポニテ」 「えっ、ほんと?」 こっちはドギマギしながら答えたというのに、圭のやつ嬉しそうにこちらへ振り返ってくる。 「ここがいい! ってにーちゃんアイテムずる!」 「はいはい」 年の近い友達も少ないという圭にとって、俺と会える数少ない機会は本当に楽しみなことらしいことをおばさんから聞かされている。

>