カントール の 対角線 論法。 実無限と可能無限によるカントールの対角線論法の考察

「無限」には2種類ある?数学的な正しさの正体『無限論の教室』

小学校で最初にどのような数を学んだのかというと、1、2、3、・・・とまずは10までなんども唱えて覚えたことと. 可能無限は変化する有限量です。 距離空間はご存知でしょうね。 これは哲学に反します。 これでなんとなく分かっちゃう人もいるでしょう。 これどこまで対応させてもキリないですよね? どっちも後から後から元が出てきて無限に尽きることがないし、目が潰れるまで好きなだけ無限に対応させ続けることができます。 だから、この宇宙って決定論的にできているのか、それとも非決定論的にできているのかという、物理学の最も基本的な問題に絡むからだ。

>

実無限と可能無限によるカントールの対角線論法の考察

。 sub 0,m,g 0 , sub 0,m,g 1 , sub 0,m,g 2 ,. リストアップ出来ない、数える対象にならない等は、要するに我々の把握の基本が分離量に有るからで、連続量は感覚を超えているからではないか。 さて、話が面白くなるのは、ここからです。 60さんのリンクを読みました。 ボランティアと同じです。

>

カントールの対角線論法がよくわからないです。具体的には、「[0,1...

順序対 x, y についても同じことが言える。 のどれとも違う実数を作ることができて、列挙する実数 an の数をどこまで増やしていっても実数を全て列挙する方法はないのである。 To Aleph-Null And Beyond - アレフゼロとその彼方 連続体仮説が本当かどうかはさておき、これで我々もやっとアレフ・ゼロと(少なくとも)アレフワンまで来ましたね。 自分がしたくてするのか、相手の為なのか、自意識の深めがどの程度かです。 MANIFESTさんがどのくらいの予備知識をお持ちなのかわからないので 答えにくいのですが、 集積点について質問されると言うことは少なくとも位相空間についての基本的な 用語くらいはご存知だと仮定して説明します。 Sequence 1は1だから1番目の元(1)、Sequence 2は2だから2番目の元(0)、Sequence 3は3番目の元(0). かつて、竹内薫の「99. よって >拾い漏れであった 私が書いた方法(=カントールの方法)で、どこでどう考えたら数え落しが生じるのか、そこが知りたい.... 明らかに、有理数全部拾っています。

>

カントールの定理の証明と対角線論法

実数の面白いところは、そのような単なる定義とか、異なる無限であるなどでは分らないですね。 実数は自然数によって数え上げることができず、可算集合ではないのです(非可算無限集合 uncountable set )。 言葉や公式は知っていても、なんか実感がわかないと思うのなら、 次の例えで微分と積分を考えてみ. つまり、大きすぎる数を求めてしまうと、値が変数に収まりきらなくなり、 極限の幻想が壊れてしまいます。 。 0から1の間の特に無理数をぜんぶ拾い上げ番号づけが出来たと仮定するのでしょ? だったら あとで 少数点以下にどんな数字が来る数を持って来ても すでにリストアップ 出来ている・・・ということでなくちゃ 話になんない。

>

無限集合の濃度とは? 写像の全単射、可算無限、カントールの対角線論法

私もこの歌は好きです。 ( b ) これもわかりやすい例を挙げて説明します。 そして 可能無限数学の実数を 可能無限桁の小数と定義します。 新興宗教が金儲け以外 の目的があるわけがないという固定観念の上に立った連想的思考ですね。 無限公理のおかれる座標に 対角線論法がそのまま用いられるとするのならば・そして直線論法は同時に用いられなくてよいということでしたら もう問い求めは済んでいると受け取らねばならないと思います。 つまり人間の体がCHINOPS系で出来てDNAによって秩序立ってる様に 人間の心は様々なエネルギーの持つ性質で出来ており その性質の反応、作用、相互作用で出来ている。

>

実無限と可能無限によるカントールの対角線論法の考察

さて、この百万電子年というとてつもない回転の数と、1千地球年というたった千回の回転数と、どちらが長い間の出来事だったのでしょう。 Seque. 連続体仮説については、後にとの結果によって一応の解決をみている。 すなわち、言葉は時系列として時間の経過とともに順番に出てくる。 有理数には対角線論法は使えません。 また、人間も多くの動物も言語以外に、ボディー・ラングエッジでも意思疎通をしていますが、これはどちらかというと空間的論理の把握と言えるでしょう。 その「強さ」は、何を受け入れる事によって手に入れたのか?、代償として何を諦めたのか?。 O'Connor, John J; Edmund F. どこで締めればよいか分からずに来ましたが もう少し開いています。

>

「無限」には2種類ある?数学的な正しさの正体『無限論の教室』

停止性問題の決定不能性を「有限時間」と「無限時間」という2つの時間階層の間のだと解釈すると、 時間階層定理の証明を停止性問題の決定不能性の証明の焼き直しとみなすことができる。 (仮定で) はい、というわけで『仮定』から『矛盾』が得られました。 注意 「実数と有理数において、無限の密度では同じである」と、ここだけは背理法必要。 ある人に悩みを言ってもらい、何人かで聴きます。 ここで、実数 b を次のように取る。

>

無限を最短で紹介するよ

新たに作った数と、元々あった「個々の数」との比較では、 ある有限の数以上の差になってます。 つまり、1番、2番、3番と、自然数の番号 を付けられるということだ。 このように、我々が世界を認識するとき時系列的でなく、空間的な掌握法が圧倒的に巨大な領域を占めているのです。 じゃあ、 なんでこの無限は他の無限より小さいの? これを理解するには唐突ではございますが、 超限数の算術をちょいと引っ張り出さねばなりません。 上の Y の構成はで用いられる「自分自身を含まないような集合」と酷似していることに注意されたい。 それが現行数学の失ったものだと思います。

>