ウィザーズ 対 シクサーズ。 ジャレッド・ダドリー、シクサーズの敗戦は「ケミストリーの問題」

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編

それは来季に必ずつながるはず。 他の新人と比べてもかなり良い経験ができていると思います。 ただ、『全員で守り全員で攻める』というチーム意識は高いので、レギュラーシーズン以降の修正とガリナリの復帰に期待したい。 こういった経験を乗り越えてアベレージで15得点以上取れるようになるといいのですが。 ヒート戦では負けてしまいましたがこれはしょうがない。 リバウンド7、アシスト0、スル2。 ただ前の試合で40分以上プレーしてこの試合でも40分に迫る時間出場していたことを考えると、十分な活躍です。

>

MASAKARI TECHNO NBA NEWS: T.ヤング29得点、シクサーズがウィザーズに勝利し開幕2連勝

ウィザーズは、エースのジョン・ウォールが26得点をマーク。 自分のずっと好きなチームと日本人選手がにやり合う日がくるとは。 : 2018- コーチ、その他 [ ] 歴代ヘッドコーチ [ ]• 2011- 栄誉 [ ] 1961-62 -- 1962-63 -- 1962-64 -- 1964-65 -- 1965-66 -- 1966-67 -- 1966-67 -- 1966-73 -- 1973-76 -- 1976-80 -- 1980-86 -- 1985-88 -- 1987-94 -- 1994-97 -- 1996-99 -- 1998-99 -- 1999-00 -- 1999-00 -- 2000-01 -- 2001-03 -- 2003-09 -- 2009-2012 -- 2012-2016 -- 2016-. 話が少し逸れたが、オデンに負けじとマイアミ・ヒートのプレーヤーはレギュラーシーズンのような活躍を見せた。 :1987-1988• もエンが26分の出場で26得点、21リバウンドと大暴れするも追いつくことはできなかったですね。 :1968-1981 C M 50 1970年代 プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:4回 優勝:1回• アリーナスの健康状態はまだ怪しいですし、ジェイミソンはある程度の成績を予想できても、バトラーが完全に一流選手に成長できたかはまだ不確定です。 :1961-1965• 笑 状況はかなり難しくなってきましたがに出られなくても残りの試合は若いメンバーたちにとって貴重な経験になるはず。 プレイオフファーストラウンド初戦ネッツ対シクサーズの戦いは、ロードのネッツが111対102で勝利した。

>

ワシントン・ウィザーズ

セルティックスのイースタン優勝は堅いとは思いますが、他は不確定要素が高すぎて何とも言えません。 ただ、毎年ある程度の成績を残していることを踏まえると、7、8位辺りが妥当かと思います。 そのシーズン以降3年連続でニューヨーク・ニックスとプレイオフで戦い全て敗戦する。 ディフェンスも頑張ってました。 また、この年にワシントンD. 1964-65シーズンを前に大型トレードをとの間で行い、このシーズン初めてプレイオフに進出、を3-1で破り、ウェスタン・カンファレンス決勝でに2勝4敗で敗退した。 この試合も終始リードされていたが、ジョン・サーモンズの最後の数分の活躍により貴重な勝ち星を上げることに成功した。 第二幕ではホームで戦えないため、ヒートと同様に新たな環境でどれだけ早くアジャストできるかに注目。

>

NBA_八村塁観戦記(2020.8.6#68)

全8チームがシーズン勝率で上回るため、ウィザーズの劣勢は否定できないが、8月8日のペリカンズ戦は、ザイオン・ウィリアムソンと八村塁による初対決があるため、今後も注目していきたい。 1979年以来の地区優勝も決めた。 心配なのは八村のプレータイムの長さ。 次戦の巻き返しに期待したい。 ディフェンス面でも3スル、2ブロックと圧巻でした。

>

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編(バスケットボールキング)

463 ディビジョン準決勝勝利 ディビジョン決勝敗退 ボルティモア 3, 1 4, ボルティモア 2 1965—66 38 42. ウィザーズは第2クォーターでリードをしてそのまま逃げ切りました。 となると高速オフェンスはつながりや広がりを見せられず、速攻のような形か、遅れてきたチームメイトへパスを出して、シンプルな1対1という寂しい展開となってしまう。 来週はまず9日にと。 はジョエル・エンやアル・ホーフォードといったリーグの実力者がいます。 レベルの上がった八村 先週何かを掴んだかのように見えた八村塁。 なかなか思い通りにはいかないですね。 1960年代 プレイオフ進出:3回• 全体的にタッチが悪かったのですが特にゴール下、レイアップが決まらず。

>

MASAKARI TECHNO NBA NEWS: T.ヤング29得点、シクサーズがウィザーズに勝利し開幕2連勝

。 ウォリアーズのような素晴らしいバスをするチームではないということだね。 ・ウィリアムソンとの新人対決ですね。 もはや日本人とか、ルーキーとか、関係なく良い選手だなーと。 695 ディビジョン準決勝敗退 4, ボルティモア 0 1969—70 50 32. を本拠にし、ベライゾンセンターをホームアリーナとして、現在に至っている。

>

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編(バスケットボールキング)

: 1992-1994• :1995-1996• 463 1回戦敗退 3, ワシントン 2 1988—89 40 42. 5ゲーム差のため、今季相性のいい相手にここでも2連勝できれば、プレーオフ出場に向けて優位に立ちそうだ。 その中心といった八村、チームで最長の42分出場! 1試合48分なので、もーほとんど出ていた計算です。 5パーセント) 8月1日:対セルティックス(1勝1敗) 8月3日:対ロケッツ(1勝0敗) 8月5日:対ネッツ(1勝0敗) 8月7日:対ヒート(0勝2敗) 8月9日:対マーベリックス(0勝1敗) 8月11日:対ラプターズ(2勝0敗) 8月12日:対ウィザーズ(2勝0敗) 8月14日:対グリズリーズ(1勝0敗) ネッツとウィザーズはプレーオフ1回戦で対決する可能性があるチーム。 0パーセント) 8月2日:対シクサーズ(2勝1敗) 8月4日:対ウィザーズ(1勝0敗) 8月5日:対マジック(2勝0敗) 8月7日:対サンズ(1勝0敗) 8月9日:対レイカーズ(1勝0敗) 8月11日:対ヒート(0勝2敗) 8月13日:対ロケッツ(0勝1敗) 8月15日:対ヒート(0勝2敗) 同じ勝率で並ぶシクサーズと初戦で対決。 以後の2シーズンはアリーナスの負傷欠場などでチーム成績は横ばい状態にある。

>

【今日の八村選手】NBAでの活躍をお届け!ウィザーズの試合結果

敗因と言われても仕方ありません。 翌2005-06シーズンには、FAとなったヒューズを失うも、出場時間を得られず低迷していたクワミ・ブラウンと交換でを獲得、新しいを形成するなど的確な補強を行い、2年連続でプレイオフに進出した。 :1972-1981 C 50• 1961-62• : 2014-2015• : 2012-• 特に最近はディフェンスがいいので試合を通して見ているのがとても楽しいですね。 低迷を打開するため、でを指名し、1994-95シーズン途中にと交換でを獲得するなど若返りを図った。 開幕からチームリーダーのが膝の故障で欠場したことが響き、3勝28敗と不調を極めたが、ウォール復帰後は24勝25敗と改善され、、らの補強や、ルーキーのが期待された働きを残し、翌シーズンのプレーオフ進出に希望を残した。

>