銚子 電鉄 まずい 棒。 「お先真っ暗」自虐ネタ満載の銚子電鉄が潰れないワケ 顧問税理士から転身、竹本社長が描いた「弱者戦略」(税理士ドットコム)

銚子電鉄が発売する謎のお菓子「まずい棒」中川礼二似のパッケージで発売

、、ぬれ煎餅駅のほかインターネットで販売されている。 銚子電鉄は、 東日本大震災後の 風評被害や、沿線人口の減少で、乗客数は減る一方です。 近年は「鉄道なのに自転車操業」などと自虐ネタをいとわない竹本勝紀社長(58)らのなりふり構わぬ経営手法も新たなファンを獲得している。 ぬれ煎餅は1995年に発売しましたが、これまで2回大きなブームがありました。 皆さん気を遣ってくれているのかな。 「安銚18年9月31日生まれ。 その矢先に東日本大震災が起こり、銚子市も観光客が減りました。

>

【マンガ】銚子電鉄の「まずい棒」を食べてみた。<レビュー>

今回カンブリア宮殿で取り上げられるってことで、ふだん銚子電鉄を利用するわけでもないし、当時は電車を見たいがために見ていたのに、まさか10年後にして「銚子電鉄の内実」を知るとは、正直思っていませんでした。 電車運行存続のためにスナック菓子「まずい棒」を買って下さい!! ぬれ煎餅に次ぐヒット商品を販売しないとまずいんです。 スーパーまずい棒 [ ]• そんな危機を乗り越えるために頼りとなったのはやはり、これまで経営改善に貢献してきたユニークな菓子「まずい棒」。 『銚子電鉄』とは? 銚子電気鉄道株式会社は、千葉県銚子市に本社を置く鉄道会社である。 さらにバブルの崩壊で、親会社となっていた建設会社が倒産、資金面での後ろ盾も失う。 入れよう、という話になった時に、銚子生まれ銚子育ちで、観光アテンダントをやっていたこともあり、知人から声をかけていただきました。

>

【NHK・あさイチ】銚子電鉄のぬれ煎餅、まずい棒、ぬれ餃子の奇跡!

発売価格は15本セットで690円(税別)。 お客様に安心してご利用いただけるよう、車内に抗菌・抗ウィルスコーティングの施工を徹底してまいります。 まずいなんて言われると味が気になります。 銚子電鉄では、秋の台風や大雨の直撃をうけ、工場の建物の一部が破損して、ぬれ煎餅の生産数量が減少したことや、鉄道収入にも影響を及ぼしたことより、「本当にまずい状況」になったことから、味は良いが食欲をそそらない、カビ色の「スーパーまずい棒」の開発に踏み切った。 ニュース報道の抜粋 千葉県の銚子電鉄が、新名物を発売。

>

【NHK・あさイチ】銚子電鉄のぬれ煎餅、まずい棒、ぬれ餃子の奇跡!

お菓子の味が「まずい」からではなく、 銚子電鉄の経営状況が「まずい」から。 なかなか出向けない人もたくさんいますよね。 — 車内販売マニア tkJ32m9k18N7QaE なんか、すごいことになってしまいましたが、2019年には「売るものが無くなってきたので音売ります」 今度は"音"まで! 電車に乗るのが好きな私ですが、音を聞くのも密かな楽しみなのです。 混雑するときは何人くらいのお客さんがいるんですか? 1車両にぎゅうぎゅうで130人ほど乗れるのかな。 うまい棒じゃないの?と思ってしまいますが、本当にまずい棒という名前なのです。 こう綴られていました。

>

銚子電気鉄道株式会社

、「破産は嫌、嫌」の語呂合わせで「8月3日18時18分」に竹本勝紀社長の「まずい…もう1本!」の掛け声でにて発売開始。 「お客さまが少ないんで、空気を乗せて走ってるようなもんです」。 銚子電鉄も、次々と斬新な企画を打ち出し、変化を恐れずに突き進むその根底には、銚子電鉄を存続させたいという社員の強い思いがあるようです。 外部リンク [ ]• こちらもそこまでコーンポタージュの風味は 強くないのですが素朴な味わいで これはこれでおいしいです。 平素は、銚子電鉄に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 同電鉄の「お化け屋敷電車」の企画・演出を担当する怪談蒐集家の寺井広樹氏が考案した「まずい棒」のネーミングは「経営状況がまずい」にちなんでおり、この商品を多くの人に味わってもらうのが目的。 少しでも話題になって、銚子電鉄を応援してくれる人が増えたらという狙いです」 ーーいつから販売する予定ですか 「7月中には売り出したいと考えています。

>

まずい棒の味は?どこで買える?販売店やコンビニ,通販についても調べてみた

2018年8月3日(ハサンの日)に初代商品「コーンポタージュ味」を発売して以来、現在までに150万本を発売する主力商品として「ぬれ煎餅」とともに銚子電鉄を支えています。 なりふり構わぬ奇抜なアイデアで逆境に立ち向かう秘策をお伝えします。 そんな状況でも最後の最後まであきらめず、これからも電車を走らせ続けたい。 市場に花を卸す花卉(かき)農家が直販するために、私の顧問先のベーカリーの軒先を借りて、カーネーションをゲリラ販売したこともあります。 最初は、銚子電鉄での仕事は「どんなもんだろう?」という興味が大きかったですね。 銚電の副業の歴史は古く『ミスター銚電』と呼ばれ、昨年亡くなった綿谷岩雄さんという方が、マイカー普及で経営が厳しくなった時にたいやきを売り始めたのが最初です。 入社した当時は全てが「なんだこれ?」でしたね(笑)それまでは電車がどのように動いているのか、運行の仕組みなどは考えたことがありませんでした。

>