テレアポ トーク スクリプト。 アポイントにつながる!トークスクリプトの作り方

テレアポ・電話営業のトークスクリプト作成のコツ【具体例も記載】

私の経験上、アポが取れない営業ほど「何を言えばいいのか」「何を伝えればいいのか」というトーク改善ばかり考えていますが、実は原因は「どう伝えるのか」というニュアンスにあったりします。 来週でしたら、前半と後半では、どちらが宜しいですか?• 例えば、「福利厚生」を切り口に受付突破する保険営業の場合を考えてみましょう。 法人営業のテレアポの基礎 念のため、法人テレアポの基礎もお伝えしておきます。 携帯電話の 経費削減の件でお電話させていただきました。 そのためには 誰がやっても安定した営業成果が出せるトークスクリプトの存在は必須です。 では、具体例を見てみましょう。 アポの取り方が断りやすい形式である 最初の段階では、相手が「はい」「いいえ」で選びやすいようなトークは避けましょう。

>

テレアポトークスクリプトをを全力で11本添削してみた | 成果報酬型営業代行のささだ

そもそも、法人営業における新規開拓においては、プッシュ型の営業よりもオウンドメディアやリスティング広告などのプル型の広告が主流になりつつあります。 しかし、 「1日、300〜400件もテレアポできないよ!」という方も多いと思います。 問い合わせしてから1週間後くらいに電話してアポをとる この3ステップだけで、 アポ取得率10%までいけました。 その通りですね。 ワンギリされないような会話術を身に着ければ、相手の印象も変わってきます。 ・もちろん、最終的にご判断いただくのは〇〇様ですから、お話を聞いていただいて不要と思ったらお断りいただいてもかまいません. こうした歴史の上に完成されているのが、今あなたが持っているスクリプトかもしれません。

>

アポ獲得率を改善しよう|テレアポトークスクリプトの作り方と例文を紹介

なお、一般的な内容で組み立てられたテンプレートも、ネット上に多く掲載されています。 まとめていくつかのゾーンを修正してしまうと、どれが本当に悪かったのかが、わからなくなります。 いつ頃ならご都合よろしいでしょうか 良い例• もちろんそのアポに営業をかけて、高確率で成約も出ました。 その目的を達成できるのであれば、別にドリルでなくても構わないですし、工事業者に依頼をしてもよいわけです。 そうなれば自然と「では一度、会ってお話しましょうか」という流れになり、アポが取りやすくなります。 堅苦しいと相手も警戒するので、多少柔らかい挨拶の方が 効果的です。 111件のアポ、と聞くとワクワクしますね。

>

テレアポトークスクリプトの作り方|電話営業マニュアルの例・雛形

いきなり質問する 例えば、あなたが道を歩いていて、いきなり知らない人に話しかけられ、「結婚の予定はいつですか?」と聞かれたら……答えますか? ほとんどの人は不快に思い、答えませんよね? テレアポでも同じです。 だからこそ、営業トークスクリプトを営業の基準とすることで、組織としての戦略的なアプローチ自体を、営業のトーク部分から改善しやすくできます。 ・他社よりも貢献できる ・他社よりも優秀だ ということを いやらしくなくアピールしてください。 堅苦しい例• ただし、修正をするには、ルールがあります。 【お客様の声】 (エコアクア株式会社 営業部長 加藤信男様) 以前は、テレアポ成功率が200~250件に1件。 御社の話を聞かせてください• ポイントは、単なる数うちゃあたるの売り込みの電話と思われないこと。 完全に閉まりそうだった心のシャッターが、ほんの少し開いており、お客さんの顔がのぞける状態になりました。

>

テレアポに効果的なトークスクリプトを公開! 息継ぎ、間のタイミング付き

来週もしくは再来週で、空いている時間を教えていただけないでしょうか。 そのようなときに、慌てずに切り返せるように、普段からさまざまなパターンを想定しておくことが大切です。 大切なのは、 切り返す前に、一度お客さんを包み込むことです。 最近では、多くの組織が定量的なロジックで、さまざまな局面を判断することが定着してきていますし、具体的な数値がないトークや資料では信憑性を感じることは難しいでしょう。 この時、 「今週はいかがですか?」「来週の火曜日と木曜日でしたらどちらのほうがご都合よろしいですか?」など、ある程度幅を持たせたてこちらから日程を提示してあげましょう。

>

トークスクリプトとは何か?効果的なテレアポトークスクリプト作成のポイントを解説

おっしゃる通りです。 言葉が漢字一文字違うだけで、相手への伝わり方が変化し、成果が大きく変るのがテレアポトークです。 どうせ上からリストの順番にかけているんでしょう?というようなテレアポトークに思われたらあっという間に切られてしまいます。 相手からの相槌やリアクションが一切無い• しかし一方的なトークだけでは、お客さんは逃げるばかりでアポイントはとれません。 クロージングが早すぎる 心当たりはありませんか? なぜダメなのか、一つずつ解説していきます。 商品やサービスの特徴を魅力的に伝えることのできるセールストークを作ることが大切です。 そして、質問することによって、話しを続けられる要素にもなります。

>