西沢 利明。 黄色い風土

峰蘭太郎ファンサイト:西沢利明さん・川合伸旺さん

3月28日に胸が苦しくなり入院したところ、当初は右肺の気胸と診断されたが、その後、左肺にガンが転移していることが発見された。 第21話「瞼の父・お蔦涙の再会」(1991年) - 宇山友行• 乗っ取り犯の要求は「警視総監の裸踊りを目の前でやれ」というふざけた内容。 その後、用済みになった店長も射殺という極悪振りを発揮します。 第4話「枕さがしの罠」(1993年) - 越前屋• 第65話「攻撃目標-X」(1970年)• 表向きは海産物問屋天竺屋清兵衛と名乗るが、実は海賊(このパターンは多い)です。 水戸黄門第29部-葵の御紋の名推理・松本 家老・大野監物。 (1988年)- 中平• (カトレアの女)• 助監督: この節のが望まれています。

>

西沢利明さん

(1975年)• (1993年、NHK)• やっぱ、『悪代官』が代名詞になる方です。 はとして処理するが、前後の状況に疑問を抱いた若宮は、編集部の協力を得て、事件の調査を始める。 (1984年) - 外務次官• この作品では水戸黄門など多くの時代劇で主役を食うほどの演技を見せてくれる川合さんとは違った一面を覗かせていました。 海外ドラマ [ ]• ほか スタッフ(テレビドラマ) [ ]• 第206話「新婚旅行は地獄へどうぞ」(1969年)• 第28話「恋の罠」(1983年)• 晩年は、自身のを開設して活動についてのや日々のをしたり、・への出演を続けていたが、頃に膀胱がんの宣告を受け、表せずに活動と並行して治療を続けていたが、に肺への転移が判明し、に容体が急変して亡くなった。 銀山の落盤事故で落命したはずの前代官が実は生きていて、隠れ銀山での銀の採鉱によって私腹を肥やしていたという悪役でした。 第24話「偽装殺人! と思うファンの方は多いことでしょう。

>

西沢利明とは (ニシザワトシアキとは) [単語記事]

どちらも日程が合わず残念ながら伺う事は出来ませんでしたが 一昨年は森鴎外の「高瀬舟」をされたようです。 御園座出演十回記念 松平健特別公演 一部・次男坊鴉 戸田源之亟。 (1971年) -• 第4話「悪魔の電話」(1982年) - 竹内部長刑事• 企画:、• 第343話「'82 オートバイに乗った暗殺者たち」(1982年) - 秀島秘書• 第13話「白頭巾危機一髪! 木谷啓介 週刊Rの編集長。 第329話「屈辱に耐えた夫婦の絆」(1978年) - 塩沢外記• 第170話「死神から逃げまくれ」(1968年)• 第10話「見てはいけない狐の嫁入り -吉田-」(2000年5月15日)- 宝田武左衛門• 第163話「ゆすり続ける男」(1968年)• 第4話「相手は長崎のぜいたく女」(1986年) - 戸倉出雲守• もう出てきた瞬間、「怪しい!」と思わせます。 第174話「黒衣の花嫁 南国の連続殺人」(1971年)• (熱海署警官B)• (野村)• (1974年) -• 趣味は、。 第24話「打倒! 第284話「ヨーロッパで顔を失った男」(1970年) - 大原テツヤ• 西沢利明さん、俳優。

>

西沢利明とは (ニシザワトシアキとは) [単語記事]

特技は 、西洋舞踊。 (第12話、第19話、第20話)• やでのとしての起用が多かったが、特撮作品でも活躍(特に『』から始まるシリーズでのコム長官役で知られる)。 、、…いずれも小説の舞台。 北海道へ飛んだ若宮の前に、の匂いをまとった不思議な美女が現われ、彼女の行動を図りかねる若宮だったが、小樽では、長谷川の出入りしていたバー「アジサイ」の仲介者が3カ月前に事故死し、さらにのが同様に溺死していた。 (1982年 - 1983年)• その後4月10日までは元気だったが、翌日容態が急変し、、膀胱ガンのため死去。 22部が紀州藩次席家老、浦野宗広、23部が加賀藩主席家老の郷田頼母だったと思います。

>

【訃報】宇宙刑事ギャバン・コム長官こと西沢利明さん逝去。

今年はなんだか東映ヒーローファンにはつらい報せが多い年のような気がします。 左ききの少女」(1991年) - 与次郎• 」(1979年) - 坂口龍太郎(警視)• 第181話「危険を拾った娘」(1968年)• (鶴屋ホテルメイドA)• その後、料亭で曽根さんと沼田藩江戸家老水田役の西山辰夫さんと3人で密会している場面で女スリに書付を盗まれ、「このことが幕府の大目付にでも知れたら!」と恐れた西山さんに対し、川合さんは「公儀の役人など、金でどうにでもなる」と言って堂々としていたところはなかなか迫力がありました。 奥田孫三郎 真鶴の印刷業者。 第37話「今日、刑事が死んだ」(1991年) - 警視庁公安部長• 「水戸黄門」の悪役などでも知られる。 - (英語). 美術:• 西山徳太郎 名古屋市内の西山旅館の経営者。 第35話「さむらい瓦版」• 77歳没。 (谷川由美)• (正一の妻)• すい星激突の恐怖」(1999年) - 黒瀬日向守• このスナックはライフルを持った4人組に乗っ取られ、マスターの梅沢はスナックのママ共々人質にされます。

>

西沢利明さん

(2006年) - コム長官 CDアルバム [ ]• 第190話「傷だらけの十手」(1975年) - 小野寺• 倉田敏夫 誤って若宮に洋服を渡そうとした青年。 第1話「登場! 第11話「夫婦舟浮き沈み」 - 川久保藤十郎• では番頭の一人が「元締め、こいつはもうとっくに死んでいるはずでは」と言ったのに対し、川合さんは「念には念だ」と言っておりました。 第191話「吉原、木枯し 女の涙」(1981年) - 小笠原頼母• 第145話「蕾のままで散る女・春駒屋お夏! 」(1984年) - 平山雅弘• 「みたくなった」でその後全然読んでないんですが 今度は本当に読んでみようと思います……。 第199話「土曜日にネズミを殺せ! 享年77歳。 第8話「寅の刻、お相手申す秘伝胡蝶流」(1991年) - 平田左馬助• 第217話「3時間30分銀行支店長夫妻の秘密」(1979年) - 佐川敏行• 俳優で声優の西沢利明さんが11日午前3時8分、膀胱ガンのため死去していたことが16日、明らかになった。 (第7話、第8話、第17話、第18話)• 第53話「殺人ドライブの謎」(1976年) - 石崎シンヤ• 第295話「女の出世は結婚サ! 5時半からの早朝ロケに参加していた西沢さんは、医大の教授役のため白衣姿で休憩中にタバコを手に一息ついている写真を掲載していた。 第256話「アムステルダム空港の女」(1970年)• 手段を選ばず奉行の座を狙うふてぶてしさと言うか毒々しさが出てました、ホントいいわ~~!唯一つ引っかかったのは、悪事を自分で漏らして、甚造に「そんな事を大きな声で言うもんじゃありませんよ」ってたしなめられてるの。

>

西沢利明

それでも夫婦」(1984年) - まむしの仙之助• カトレアの女:• 第23話「狙われた春楽! 第38話「気楽に行こうぜ俺たちだけは! 第44話「くの一有情」• (島内輝秋)• 雨は降らないのですが霧が酷く質の悪い天気です…… 私は新聞を溜めて読むクセがあるのですが(それではあまり新聞の意味が無いね……) 今日もぱらぱらと4月の新聞を読んでいてビックリしました。 呆然とする若宮は、青年が431号室と間違えたのではないかと見当をつけるが、翌日、431号室に宿泊していた新婚夫婦の夫が、自殺の名所・で投身したとの報が入った。 この作品は裏表ある悪役を演じることが比較的多かった川合 伸旺さんの作品の中でも特に極悪さが目立った回でした。 最後のブログの更新は2月22日付け。 花のお江戸の三人娘」(1983年) - 吉沢伊十郎• 第7話「その時、女神が微笑んだ」(1990年) - 小山内史郎• 第271話「怪談・雨の幽霊病院」(1970年)• 木谷啓介:• 第18作「オホーツク殺人ルート」(1990年) - 服部順• どくろ銭(1984年) -• 『』『動物園物語』などでは主役を張り、中心俳優として活動した。 裏切られた友情」(1995年) - 荒木源太夫• 西沢さんは、1年半前、膀胱ガンの告知を受けたものの、本人の希望で公表せず闘病していた。

>

[B!] 西沢利明

の後、 えっ?えっ?本当に?あの西沢さん? と必死にネットで調べてしまいました。 第15話「帰って来た藤太」(1979年) - 秋田屋• 第85話「富士が見ていたあばれ槍」(1979年) - 内藤主馬• 第449話「ドック刑事 雪山に舞う」、第450話「ドック刑事 雪山に斗う」(1981年) - 都築良平• 冷静で情があって穏やかな性格の弁護士さんを好演されてます。 第40話「兇悪の棺桶」(1975年) - 平手英次• 」(1980年)• 第204話「殺人001監房の男」(1972年) - 南雲捜査官• 第550話「ある異常人間」(1972年) - 村山検事• 第60話「二十一年目の顔」(1975年) - 井沢周邦• 長谷川吾市 由美の叔父。 第33話「涙でついた父の嘘 -仙台-」(1996年5月13日 - 矢田部掃部• 冒頭で横浜の異人に売り飛ばすはずだった死んでいる娘にとどめをさす場面 用心棒役の有川さんに「やれ!」と言ってとどめをさします。 またの作品には「」の「ア」役やの「コム長官」役で出演し、コム長官役で出演した開の「」は、出演におけるとなった。 第19話「スナックジャック上野」(1978年)• しげお様 川合伸旺さん 「翔んでる平賀源内」の能勢甚四郎役は、コミカルな笑顔がキュートでした。 第10話「地獄屋敷の天使 -掛川-」(1980年) - 高倉修理太夫• 島内輝秋:• さえてるやつら(1973年)• この三匹では内田稔さん演じる下島監物の藩政改革に共鳴して燃えていました。

>