スリット ローター。 なぜ高性能車のブレーキディスクには穴やスリットがあるのか?

ディスクローター|DIXCEL|株式会社ディクセル

下記の比較表は国産車、輸入車をいくつかピックアップしたものになります。 各種シミュレーションテストではPDタイプに比べ、摩擦係数が最大20%アップしています。 20%の制動性能の向上により、車輌の安全性が向上し、 ゆとりのあるドライビングが可能になります。 かつ高いコントロール性により、ワンランク上のブレーキングコントロールが可能になります。 加工賃が少々かかりますが、見た目もかっこよくなるので、良いと思います。 そんなスリットタイプのメリットは、溝を持たないブレーキローターに比べ、冷却性が高く、ブレーキパッドの表面をクリーニングして安定した制動力を発揮できること。 また、ブレーキを掛けたときに「ゴーゴー」という鳴きが出ることがある。

>

なぜ高性能車のブレーキディスクには穴やスリットがあるのか?

スリットは片面に6本。 それでもなおブレーキをかけ続けると、その熱がブレーキフルードに伝わって沸騰し、気泡が発生すると適正な油圧が失われ、ブレーキが効かなくなります。 これを「ペーパーロック現象」と言います。 チューニングをアピールできる格好の素材 ドリルドローターはさらに冷却効果を追求したもので、ブレンボ製ブレーキシステムなどではおなじみの存在だ。 また、塗装面への使用が禁止されているブレーキクリーナー等のご使用もご遠慮ください。 スリット付きブレーキローターのメリットは、同じ外径の溝なしローターと比較したとき、溝(スリット)の分だけ表面積が大きくなるため空気に触れる面積が増えて冷却性が高まり、高い制動力を発揮できることだ。 右軸に取り付けた場合の推奨回転方向. 長い下り坂ではエンブレを使用しましょう ディスクローター表面に放射状 斜め に溝を掘ったもので、ベンチレーテッドディスクに多いです。

>

なぜ高性能車のブレーキディスクには穴やスリットがあるのか?

また、上記写真の左の仕様では、パッドの当たらない部分が錆びる場合があります。 これ一缶あれば、車両一台分のローター・キャリパー塗装できる容量もある SHIN-8としては、この塗料は買いだと、自信を持ってお薦めできる一品となった。 ドリルドローター. ドリルド or ディンプル 貫通ドリルド または ディンプル(非貫通ドリルド)をご注文の際お申し付け下さい。 ブレーキパッドの表面を研磨して 安定して高い制動力を発揮させる スポーツ走行をするユーザーにとって、ブレーキは非常に重要なパーツだけに、パッドだけでなくローターにもこだわりたい。 サーキットでのご使用はできません。 また初期制動力のアップとスリット効果の両立を重視、最もバランスのとれるのがこのラウンドスリットタイプです。 クレジットカードやETCカードの厚みが0. スポーツ性能を追求するために設計 ホイールをインチアップする人は多いと思うが、装着するデザインによってはブレーキが丸見えになり、ブレーキカスタムを検討している人もいることだろう。

>

ディンプルスリットローター&キャリパー塗装でかっこよく

形状はノーマル(純正)品と同形状です。 ・ 使用済みローターへの「スリット加工・ローター研磨」等に関しましては、耐久限度等の関係上 施工を中止させていただく場合がございます。 このようなチューニングローターをホイールのスポークの隙間からチラリと見せれば、お気に入りのアルミホイールと合わせてカスタム感は倍増! スリット入りローターやドリルドローターは、チューニングテイストをアピールできる格好の素材といえるのだ。 スリットの幅、角度、深さなどは実戦データから最適な数値をチョイスされ、回転方向はより高いシェービング効果が得られるようリバース回転(逆回転)を採用しています。 8本の3Dスリット ブレーキローターの表面に刻まれた片面8本 両面16本 のスリットは、 幅、エッジ角、深さ角度を徹底追及 したことで、 最適なブレーキ性能を発揮します。 スリット本数は鳴き、摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し、6本に設定されています。

>

ディスクローター|DIXCEL|株式会社ディクセル

ブレーキ性能を向上すれば、相応の消耗は必然といえよう。 また、高い制動力ながらも非常に低いローター攻撃性を実現しています。 Q1純正ブレーキローターは消耗が早いのですが、貴社の製品も同じですか? A1弊社のローターは純正採用されているローターよりも硬度なFC鋳鉄を使用しておりますので、耐久性も向上させております。 裏側では、スリットの位置が重ならないようにいれます。 特注ローター• Q5御社のローターは軽量化されていますか? A52ピース構造の「SCR-GT」「SCR-PRO」はアルミ製ベルハウジングを使用し、大幅な軽量化を実現しています。 クルマの3要素とも言われる「走る・止まる・曲がる」は、クルマの運動性能を評価する上での重要な指針とされています。

>

ブレーキローター商品一覧

スリットにはメリットもデメリットもございますので、十分にご理解頂いてご使用ください。 スリットandドリルド or ディンプル 貫通ドリルド非貫通ドリルドをご注文の際お申し付け下さい。 ブレーキローターのタイプにもよるが、溝なしタイプに比べパッドの減りは30%くらい早くなる。 ストリートがメインならば、プレーンのローターよりもパッドの消耗とダスト量が増えることから低ダストパッドを組み合わせるのがオススメ。 また、ロングカービングスリットが滑らかにブレーキパッド表面を削ることにより、ブレーキの長時間使用時のブレーキ性能をフルに発揮します! 1本1本のスリットの長さを長くすることにより、ローター全体の温度を安定させジャダーの発生を抑制します。

>