手作り ブック カバー。 布で作る可愛いブックカバーー作り方 型紙付き

基本のブックカバーの作り方(布2枚仕立て)

なみぬいの練習にもなります。 普通の白い用紙にプリントしてもいいんですが、紙が薄いと表紙が透けちゃうこともあります。 次に、両脇にも写真の位置で両面テープをつけて折り込むようにして貼り付けます。 しおり用リボン• グログランテープ• 同じように作ればブランドモノのネクタイでブックカバーが作れそう。 SPONSORED LINK 4. 柄も古典的なものからモダンなもの、かわいいものまで素敵な手ぬぐいがたくさん売っているのを見かけますよね。 ですので、点線で折り返した際、ベルトと同じ位置になる、というのは御覧頂いた型紙通りに作成されている、ということかと思います! その他ご質問ございましたらコメントくださいませ…!. 【 4 】で縫い合わせた部分から 6cmの位置で折り返しましょう。 画像や図面だけでは分かりにくい方は是非視聴してみて。

>

布製ブックカバーの作り方【簡単手作り】

生地にもよりますが、基本は洗濯ネットに入れて洗濯することをお勧めします。 接着芯の切り出し そして、クリアファイルから切り出した型紙を使って、接着芯を切り出します。 ~ワックスペーパー~ 手作りワックスペーパーで作るブックカバー アイロン台の上に大きめにカットしたクッキングシート、クラフトペーパーの順に載せ、カッターなどでロウソクを砕いたロウを散らして置いていきます。 2.本体を縫う 折りたたんでアイロンをかけたら、本体の上下を直線縫いします。 作りやすいように、両側をポケット仕様でご紹介します。 しおりはきちんと中にいれこんで、一緒に縫わないように注意しましょう! 4.折りたたんで縫う 縫った直線側の布端から7cmのところにチャコペンで印をつけます。 これを左右どちらもやります。

>

布1枚で作るブックカバーの作り方(2種)

自分でかいて切ったフェルトを貼ったりしても OKです。 仕上げましょう。 今回はあえて糸の色をわかりやすいようにしています。 柄の向きに上下がある場合の布の裁ち方 もし布に上下の向きがある場合は、台形の向きを間違えると片面が逆さまになってしまいます。 ベルトを作りましょう。 比較的安くて手に入れやすいのも特徴です。 4cmくらいの大きめなサイズの本になると、1枚では包み込むのは厳しいものがあります。

>

手作りブックカバーの簡単な作り方37選|布、紙、手縫いで出来るもの

setAttribute "role","dialog" ,N. 実際に作るときは、お持ちの本のサイズに合わせて切ってください。 全体が引き出せたら、目打ちを使って角をきれいに出していきます。 カバー押さえ用のテープも、この時一緒に挟み込みます。 これに本を装着すると、 思ったよりも簡単に作ることができました!! 布製ブックカバー、作ってみては? 作り方を調べていた時に、【工程2】が理解できなかったのですが、実際に作ってみたら意外と単純でした。 本の高さに合わせて手ぬぐいの上下を折ります。 次に片側に本を置いて位置を決めます。 このサイズだと、服を作った余り布としてもよくありそうですよね! たくさん作って身近な方へのプレゼントにもおすすめです。

>

縫わずに簡単。布のブックカバー(しおり付き)の作り方。

もう少し大きめがよかったら、 タテ幅とヨコ幅を増やしたりしてくださいね。 フェルトの上に型紙を置いて、フェルトに書き写すなどしてフェルトを切りましょう。 飾り用タグ その時の気分でひっくり返しても使えちゃうリバーシブルなブックカバー。 定規をあててカッターで革をカットします。 ブックカバー裏布(内側) 裏布を表側にしおりと押さえ布を仮に縫い付けておきます。 そしてフェルトを折り返し、本を差し込む部分を作ります。

>

2分で作るブックカバーの作り方。

参考までに・・・。 ブックカバーの表ははがわにスタンプを押してオリジナリティを出しています。 裏用の布の表側に、ベルトとしおりを仮止めしましょう。 本を開いたときにワンポイントとしてレース生地があるのがとっても可愛いです。 アップリケやワッペン、アイロン転写シートなどをつけても OK! ベルトを縫って仮止めします。

>

2分で作るブックカバーの作り方。

しっかりと折り目をつけておきましょう。 まとめ いかがでしょうか? 今回は文庫本サイズのブックカバーを作成する方法をご紹介致しました! 本はやっぱり紙のまま持ち歩きたい!という人も未だに根強く多いはず。 本屋さんでつけてもらえる紙のブックカバーと同じように折って、本のカバーにくっつけていきましょう。 裏の布• 折り返した部分を崩さないように、そ~っと手ぬぐいを開きます。 ~印刷~ 背表紙印刷ブックカバーで見せる収納をしよう! どんな本でも統一感のあるおしゃれな本になり、なおかつ通常のブックカバーとは違い、背表紙にタイトルを印刷することで何の本だか一目でわかるようにした便利なブックカバーをご紹介いたします。

>

布製ブックカバーの作り方【簡単手作り】

表紙を差し込むポケット部分を作る 表紙を差し込むポケット部分を作ります。 今日日の両面テープは用途に応じたものを使うと、本当に便利に使えます。 作り方はとっても簡単!! 1枚の布をパタンパタンと折りたたんだら、縫うのは2か所だけ!あっという間に出来上がります。 表布の切り替え1と切り替え2を縫い繋ぎます 縫い代をアイロンで割ります。 ブックカバーに使うベルトはどんなものがおすすめ? 今回ブックカバーのベルトに使ったのは 杉綾テープで、これはシンプルで厚みもないので、すっきりとスタンダードな感じに仕上がります。 ポケット部分を折り返して、上下をなみぬいしましょう。 あくまでも目安として裁断前に実際に本をあててみて、 大きさが大丈夫か確認してみてくださいね。

>