企業 説明 会 質問。 【合同説明会での質問例とマナー】注意すべきポイント8つ

合同企業説明会での質問とは?内容は簡潔に!効果的な質問例はコレ!

本当のところは、なるべく会社説明会では避けたい質問です。 目次 []• となると、「名だたる実績」それ自体よりも、「 どうやってその実績を出せたのか」というプロセスが重要になってきます。 オンラインの合同説明会は以下の2種類。 (2)先輩たちの会社説明会や座談会の参加目的は? では、実際にどんな質問をしたのか、社会人1~2年目の先輩たち287人に聞いてみました。 御社の面接で評価されるためには何をしたらいいでしょうか? 自分にしか関係がない質問 他の就活生に配慮がないと思われてしまいますので、自分にしか関係がない質問は避けましょう。 「商品開発部で必要になるスキルや資格はありますか?」 など端的に質問するようにしましょう。 そこで、MY就活ネットでは 募集要項を使ってある程度の年収を予測する方法を紹介しています。

>

【合同説明会での質問例とマナー】注意すべきポイント8つ

例えば「 うちの会社の営業は行動力がある人が活躍しやすい」という企業もあれば、 「うちの会社の営業は担当する会社の数が少ないから、ふところに入る愛嬌がある人が活躍しやすい」などなど、活躍する人材の特徴はそれぞれ違います。 会社説明会での質問に悩む人は多い 会社説明会では質問タイムが用意されており、この時間をいかに有効活用できるかが大切です。 携帯電話の電源を切り忘れていた場合もこれに該当しますが、携帯電話の都合上、電源を切っていても設定したアラームの時間などに再起動されるということもあるようです。 説明会では、その企業の人から、 直接話を 聞く事ができるのが、最大の 利点ですね。 先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

>

会社説明会ですべき20の質問例【内定に繋がる質問はこれ!】

有給休暇の取得率はどれくらいですか?• 人がたくさんいるからと油断してマナー違反をしてしまっていては、担当者からの評価が下がってしまうかもしれません。 そのため説明会で何とか質問をしようと考える人は多いですが、実際に考えると何を聞けばいいのか分からず悩む人はたくさんいます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。 ちなみに、就活で会った社員さん(関西のK社)にVorkersのことを聞いてみると、 口コミの内容はけっこう本当だそうです。 【社風・雰囲気について】• 「仕事を通してこれまでに成し遂げた目標は何ですか?」• 長すぎると逆にそれだけ残業するということです。 ・自分だけが時間を独占している ・面接官としては3つも覚えるのが大変 ・3つあると必ず1つはどうでも良い質問 理由は上記。

>

会社説明会・座談会で必ず聞いておくべき質問6選と質問時のマナーを紹介

学生の間では質問しないとダメというようなイメージを持っている人もいますが、実際には合否に影響することはほぼ無いと考えて大丈夫です。 ただし、マナーを破るような質問や態度ではせっかくの貴重な場も台無しとなってしまいます。 質問をすることで企業についてより深く知ることができ、具体的な志望動機を書いたり、面接で述べるたりすることができます。 最初に名乗ってから質問する 質問をする前に、所属大学と学部、氏名をはっきりと名乗るのがマナーです。 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 ここでは最低限押さえておきたいマナーのポイントを紹介します。 企業理念や事業内容を知ってもらい、自社をPRして、選考を受けてもらうように働きかける場です。

>

就活生必見!会社説明会の質問例とマナー

仕事をされる中で感じる、御社の 強み・ 弱みがあったら、どんなものでしょうか? 資料からは掴み切れない、企業の 将来性を 現場から把握することも、大切ですね。 質問は1人1個が原則ですので、何を質問すべきかをじっくりと考えておかなければなりません。 就活生にずっと下を向かれていると、説明をする社員は就活生の反応が分からないだけでなく、話をする気がなくなってしまいます。 質問をして積極性をアピールするつもりが、内容によってはマイナスイメージを与えてしまうかもしれません。 ですから、実際に働く人がどのようなことに対してやりがいを感じるのかを知り、自分と同じような考え方なのかどうかを見極めましょう。 流されて身を任せるような仕事のやり方では、 自身にも、会社にも 発展が生まれません。

>

合同説明会の質問はこれで決まり!他の就活生と差をつける15の質問

自分にとってはゆっくりする時間かもしれませんが、他の人にとっては企業の説明を聞く時間であることを肝に銘じておきましょう。 質問に余計な前置きをしない 質問に余計な前置きはいりません。 「下は黙って上の言うことを聞け」という雰囲気では、 職場や業務上の問題点を指摘して改善しようとしても、聞いてもらえません。 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。 せっかく採用担当者や面接官以外の選考に直接関係のない社員の人から話を聞ける機会にも関わらず、 準備不足のために無駄に時間を過ごしてしまう就活生が少なくありません。

>