謹賀 新年 の 意味。 謹賀新年や恭賀新年の意味や読み方とは?目上への使い方はいつまで?

謹賀新年や恭賀新年の意味や読み方とは?目上への使い方はいつまで?

むしろ、「あけましておめでとうございます」よりも丁寧で礼儀正しい挨拶なので、率先して使いたいところ。 春 :新年、年の初め• これは、目上の方に対する尊敬や礼儀の気持ちを示すためです。 恭賀との組み合わせの言葉になりますので、うやうやしく新年のお祝いを申し上げるという意味合いで使われます。 この迎春もまた、賀正と同じようにシンプルな年頭の挨拶を表します。 他にも「つつしむ」と読む「慎んで」という言葉がありますが意味は全く違います。 「賀正」の意味 「賀正」は「新年を祝賀すること」という意味です。

>

謹賀新年の意味といつまで使える?目上の人に使うのはマナー違反?

慶春(けいしゅん):新年をよろこぶ• 共通していることは、やはり 相手への敬意が含まれた丁寧な言葉だということです。 賀詞は漢字で書かれており、一文字・二文字・四文字のものがあります。 この「謹んで」というのは、相手に敬意を払い謙虚に振る舞うことをいいます。 謹賀新年。 会話の中で「おめでとうございます。

>

謹賀新年の意味といつまで使えるのか?恭賀新年との違いは?

特に目上の人に年賀状を出す場合には注意してください。 ・禧 き 幸い、喜び、めでたいこと。 謹賀新年は丁寧な意味を持つ言葉として使用できるため、プライベートだけでなく、ビジネスシーンにおいても、上司や目上の先輩に向けた年賀状の賀詞として使うのに最適な言葉です。 年賀状をパソコンで作って、すべて印刷で済ませてしまうのも時間の節約も出来て、よいかと思いますが、宛名を手書きにしたり、一言添える際には、手書きで書くだけで新年も相手との信頼をより一層築けそうな気がします。 恭賀新年• どれも 『新年のお祝いの言葉』というのは違いないわけですからね。 本記事では謹賀新年の意味や使用できる期間、類語などを紹介します。 目上の方や上司に、こんな風に思われたくありませんよね。

>

謹賀新年と恭賀新年の意味とは?上司や目上の人にはどっちを使うべき?

四字熟語の賀詞で代表的なものに、「謹賀新年」と「恭賀新年」がありますが、 謹賀新年と恭賀新年の意味に大きな違いはありません。 新年おめでとうございます• 上司や目上の人、ビジネスの相手には失礼にあたりますので写真入りの年賀状は避けるといいですね。 ・賀 が 喜び祝うこと。 「春」はもちろん桜の咲く春ではなくて、旧暦のお正月が立春の頃だったことから、お正月を表して「春」と言います。 真冬である新年 正月 を表す言葉に春が使われている理由は、陰暦 月の運行を基準として定めた暦法 の正月が、春の初めとされていることからきています。

>

年賀状の謹賀新年は目上の人に失礼?意味や読み方と使い方や文例

目上の人に使ってはいけないのは「寿」や「春」など1文字や「賀正」「迎春」など2文字の賀詞。 例えば、昨年のことを「去年」と言い換えて記載することができますが、「去」という文字は「去 さ る」という負の意味を持つイメージがあるため、昨年などにしたほうがよいです。 例えば、挨拶の冒頭で使用する「謹賀新年」。 賀詞と聞いても私自身も正直あまりピンと来なかったのですが、以外とたくさんありますね。 基本的には 「謹」「恭」などの文字が入った四文字の賀詞を用いるのがよいとされていますので、目上の人への賀詞選びに迷ったら、四文字のものを選ぶようにするとよいでしょう。

>

「謹賀新年」の意味とは?いつまで使えるのか・目上に失礼かも解説

これらを2文字や4文字の賀詞と一緒に書くのは、 同じことを繰り返し言っていることになるのです。 年賀状で謹賀新年が使えるのはいつまで? 謹賀新年が使えるのは、一般的には松の内までとされています。 賀詞は、それ一つでお正月のお祝いや挨拶の言葉です。 縁起が悪いので、賀詞や本文はインクがたっぷり入った状態ではっきり書くようにしましょう。 仲の良い友達や身内なら細かいことは気にしない!でいいかもしれませんが、目上の人や上司に送ってしまったら年賀状の書き方も知らないんだなと思われてしまうかもしれません。 年賀状に書く賀詞は一つ。 上司やビジネス、目上の相手におくる年賀状には、四文字の賀詞、もしくは文章の賀詞を使うようにします。

>

謹賀新年と恭賀新年の意味の違い!上司、目上の人、ビジネスの相手への年賀状はどちら?

お正月のこと。 この賀詞というのは、実にいろいろあります。 謹賀新年の使い方などについて紹介しましたが、お役に立ちましたか?年賀状は新年の大切な挨拶ですから、マナー違反にならないようにしましょうね。 謹賀新年を使えるのは、一般的に松の内までとなります。 謹賀新春(きんがしんねん)……謹んで新年をお祝い申し上げます• 使い分けの際に大切なのは文字数なのです。

>

年賀状の謹賀新年は目上の人に失礼?意味や読み方と使い方や文例

頌春(しょうしゅん)……新年をたたえる• 年が明ける前に使うので、年賀状では Aをつけません) では、どれを選べばよいのでしょう? 最低限のルールがあるので、好きなものというわけにはいきません。 あとがき 以上、年賀状で使う賀詞のマナーについてでした。 しかし仕事上で年賀状を送る場合は、かしこまった言い方をすることに気を配る必要がありますので、 「迎春」や 「賀正」など2文字の言葉は相手に失礼に当ります。 賀正 がしょう・がせい 「正月 もしくは新年 を祝います」という意味です。 あまり気にしない人も多いとも思いますが、 これを知っている人にしてみたら少なからず 「マナーに対する配慮が足りない」と思われますからね。 ということは、上司に対して「賀正」と書いた年賀状を送るのは、とっても失礼なことになるんですね。

>