魚 へん の 漢字 一覧 表。 魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

魚へんに生きる「鮏」の読み方や由来は?鮏川さんの読みは?

関連項目• 多少、難読漢字に分類されるかもしれませんが、お寿司屋さんなどで馴染みの深い漢字なので楽しく見ることができるでしょう。 なんだかシャレていてカッコいいですよね!粋です。 魚が旨い(うまい)から 先ほど魚の塩辛を意味する「鮨」と「鮓」が混同して使われたという説を紹介しましたが、そうではなく、ただ単に美味しい・旨い魚という意味から、当て字で「鮨」という表記がされるようになったという説もあります。 鮏という漢字はもともと 東日本では「すけ」と読まれていた 流れをくんでいます。 訓読みが「ぶり、はまち、かます」、音読みが「シ(呉音・漢音)」。

>

魚へんに生きる「鮏」の読み方や由来は?鮏川さんの読みは?

「いなせ」は「鯔背」、「とどのつまり」は「鯔の詰まり」と書くことがある。 このプリントを使って、クイズを題し合うのも楽しいですよ。 女性の年齢や体重は、だいたい鯖が読まれているものです。 この慣用句は数字をごまかす時に多く用いられます。 日本では「神功皇后が占いに釣りをしたところ釣れた魚がアユであった(占い魚)」から、魚へんに占の鮎を「あゆ」と読む(国訓)。 群れで泳ぐと花のように見えたから ホッケの幼魚は、綺麗な青緑色をしています。 訓読みが「どじょう」、音読みで「ジュ(呉音)、シュウ、シウ(漢音)」。

>

難読漢字『魚介類の名前・魚偏の漢字』一覧 184種類

また、数の子は漢字1文字で書くと、魚へんに希で「」になります。 大きめのフォントで、画数が多い漢字も判別できるようにしています。 この「鮓」という漢字と、中国で魚の塩辛を意味していた「鮨」という漢字が、次第に混同されて使われていったことで、「鮨」という漢字が「すし」の意味で使われるようになったと言われています。 藍子 あいご 鮎魚女、鮎並 あいなめ 赤魚鯛 あこうだい 阿古屋貝 あこやがい 浅蜊 あさり 鯵、鰺 あじ 穴子 あなご 醤蝦 あみ 鮎、年魚、香魚 あゆ 鮑、鰒、石決明 あわび 鮟鱇 あんこう 飯蛸 いいだこ 烏賊 いか 貽貝 いがい 玉筋魚 いかなご 池蝶貝 いけちょうがい 伊佐木、鶏魚 いさき 石持、石首魚 いしもち 糸魚 いとよ 鰯、鰮 いわし 岩魚、嘉魚 いわな 石斑魚 うぐい 鰻 うなぎ 海胆、海栗、雲丹 うに 海鷂魚 えい 狗母魚 えそ 斉魚 えつ 海老、蝦 えび 追河 おいかわ 虎魚 おこぜ 大鮃 おひょう 笠子 かさご 牡蠣 かき 鰍、杜父魚 かじか 梶木、旗魚 かじき 鰹、堅魚、松魚 かつお 金頭 かながしら 蟹 かに 兜蝦、兜海老 かぶとえび 兜蟹 かぶとがに 梭魚、梭子魚 かます 鰈 かれい 川蜷、河貝子 かわにな 皮剥 かわはぎ 間八 かんぱち 鱚 きす 細螺、喜佐古 きさご 黍魚子、吉備奈仔 きびなご 金海鼠 きんこ 銀宝 ぎんぽ 水母、海月 くらげ 鯉 こい 鯒、牛尾魚 こち 鮗 このしろ 鮴、石伏魚 ごり 権瑞 ごんずい 鮭 さけ 栄螺、拳螺 さざえ 拶双魚 さっぱ 鯖 さば 鮫 さめ 細魚、針魚 さより 鰆 さわら 珊瑚 さんご 秋刀魚 さんま 潮招、望潮 しおまねき 蜆 しじみ 柳葉魚 ししゃも 芝海老、青蝦 しばえび 蝦蛄、青竜蝦 しゃこ 白魚 しらうお 介党鱈 すけとうだら 鱸 すずき 宗太鰹 そうだがつお 鯛 たい 高砂 たかさご 蛸、鮹、章魚 たこ 太刀魚 たちうお 駄津 だつ 田螺 たにし 鱈、大口魚 たら 知知武 ちちぶ 蝶鮫 ちょうざめ 常節 とこぶし 鰌、泥鰌 どじょう 飛魚 とびうお 溝貝 どぶがい 富魚 とみよ 海鼠 なまこ 鯰 なまず 鰊、鯡 にしん 馬鹿貝 ばかがい 鯊、沙魚 、蝦虎魚 はぜ 鰰、雷魚、燭魚 はたはた 蛤、蚌、文蛤 はまぐり 鱧 はも 針魚 はりよ 鰉 ひがい 海星、人手、海盤車 ひとで 平政 ひらまさ 鮃、平目、比目魚 ひらめ 鱶 ふか 河豚、鰒 ふぐ 富士壺 ふじつぼ 鮒 ふな 鰤 ぶり 倍良、遍羅 べら 竹麦魚 ほうぼう 帆立貝 ほたてがい 海鞘、老海鼠 ほや 鯔、鰡 ぼら 法螺貝、吹螺、梭尾螺 ほらがい 鮪 まぐろ 鱒 ます 馬刀貝、蟶貝 まてがい 馬頭鯛、的鯛 まとうだい 真魚鰹 まながつお 翻車魚 まんぼう 海松貝 みるがい 目高 めだか 赤目魚 めなだ 目張、眼張 めばる 諸子 もろこ 紋甲烏賊 もんごういか 寄居虫 やどかり 山女、山女魚 やまめ 公魚、若鷺 わかさぎ 藁素坊 わらすぼ. ただ、室町時代にはすでに「鰊」という漢字が「節用集」にて使われていたことから、この「東」は「東海地方」を指しているという説もあります。 訓読みが「すし」、音読みが「ギ(呉音)、キ(漢音)」。

>

魚の漢字表記一覧表

日本では、旁(つくり)の「周」にかけて「全国の周囲どの海でも周年とれる」からと言われている。 関連項目• ウナギは「長いこと」から魚へんに曼(長い)を旁(つくり)にあてた。 「魚」へん の漢字 「魚」へん の漢字 お寿司屋さんの大きなコップに、 「魚」へんの漢字が ぎっしり書いてあることがあります。 痴呆やボケ防止のためにも いろんなクイズや脳トレに挑戦して脳を活性化させてあげましょう。 日本では「ブリは師走(12月)が旬」から、魚へんに師の鰤を「ぶり」と読む(国訓)。 日本では「フカは栄養がある」から、魚へんに養の鱶を「ふか」と読む(国訓)。

>

魚へんの漢字一覧表【141種類まとめ】

魚偏(うおへん・さかなへん)の漢字をまとめて一覧表にしました。 訓読みが「ぼら、いな、とど」、音読みで「シ(呉音・漢音)」。 旁(つくり)の「付」は、「フナは何匹も連れ立って泳ぐ」からあてた説。 日本では「サバは青い」から、魚へんに青の鯖を「さば」と読む(国訓)。 。 addEventListener "orientationchange",n. 【覚え方】 ・鯏(あさり):汁に焼き物にあさりは「利」用方法を選ぶのも難しい ・鯵(あじ):あじの旬は旧暦の「参」(さん)月 ・鮎(あゆ):あゆは秋を「占」う魚 ・𩺊(あら):魚へんに「荒」(あら)だから𩺊 ・鮑(あわび):鮑の由来は堅い殻に「包」まれている ・鰒(あわび):海鮮バイキングであわびを食べすぎ「腹」が痛い ・鮟(あん):あんは魚へんに「安」(あん) ・鰂(いか):いか塩辛は酒の肴の反「則」技 ・鰞(いか):いかは烏(からす)も大好物 ・魦(いさざ);琵琶湖固有種のいさざは知る人も「少」ない ・鯆(いるか):いるかを「捕」まえるのは難しい ・鰯(いわし):いわしは腐敗に「弱」い(傷みやすい)魚 ・鰛(いわし):いわしは「温」い場所に放置するとすぐ傷む保存が難しい魚 ・鮇(いわな):いわなは酒の肴にぴったりなので、そのおいしさは「未」成年にはわからない ・鯎(うぐい):うぐいは環境に「成」れる魚(淡水魚だが海水にもすむ) ・鰻(うなぎ):お昼にはうなぎを食べたと自「慢」する ・鰕(えび):「暇」なえび ・魵(えび):魚とえびを「分」ける ・鮱(おおぼら):おおぼら吹きの「老」人はさかなも喰わない(扱いが難しい) ーーー 【覚え方】 ・鰄(かいらぎ):他国の「威」嚇に屈する傀儡(かいらい)政権 ・鰍(かじか):かじかを「秋」に食べるのは難しい(旬は冬) ・鮖(かじか):かじかは「石」がごろごろする淡水で一生を過ごす ・鰹(かつお):かつおで作った鰹節は「堅」い ・魳(かます):頭がない(思慮のない)「市」長に苦言を打ち噛ます(ぶちかます) ・鰈(かれい):かれいは「蝶」のようにひらべったい ・魪(かれい):華麗(かれい)な彼女を紹「介」する ・鮍(かわはぎ):「皮」(かわ)をはぐからかわはぎ ・鱚(きす):きす(キス)して「喜」ぶ ・鯨(くじら):くじらの大きさは桁違いの単位である「京」ほどだ ・鯉(こい):こいの字は「里」にすむ魚が由来 ・鯒(こち):こちらのシューズは「マ」ラソン「用」です ・鮲(こち):こちこちになって平「伏」する ・鮗(このしろ):このしろの旬は冬(11月~2月) ・鰶(このしろ):このしろは昔から「祭」の魚として使われていた ・鯯(このしろ):謀反を恐れこの城(しろ)の増築は「制」限された ・鮴(ごり):ダジャレはこりごり「休」み休みに言ってくれ ーーー ー 【覚え方】 ・鰣(はす):「時」々はすが食べたくなる ・鯊(はぜ):南「沙」諸島ではぜを釣るのは難しい ・鰰(はたはた):神事で「榊」をはたはた振る ・鮚(はまぐり):「吉」兆の宴で欠かせないはまぐり ・魬(はまち):「反」抗すると高くつくぞ!はぅまっち? ・鱧(はも):はも(やつめうなぎ)は栄養が「豊」かで滋養強壮に役立つ ・鰉(ひがい):ひがいの字は明治天「皇」が好んで食べられたことに由来する ・鮃(ひらめ):ひらめは「平」らな魚 ・鱶(ふか):ふかひれには栄「養」がたっぷり含まれる ・鮐(ふぐ):番「台」(銭湯入口で従業員が座る席)が気になってふく(ふぐ)が脱げない ・鮒(ふな):「付」(ふ)な ・鰤(ぶり):ぶりは「師」走が旬の魚、ぶりっこは一種の詐欺「師」 ・鰰(はたはた):はたはたのは雷「神」様が騒ぐ時期に旬の魚 ーーー. 五十音順に並べています。

>

さかな.jp

法華経の「華」という漢字から ホッケという名前の由来になったとされる「法華経」の「華」という漢字が、似た意味で使われる「花」という漢字に置き換わって使われるようになったという説もあります。 コチは「餌の小魚や甲殻類が近づくと捕食するために跳踊(はねあがる)」から魚へんに踊(おど-る)の旁(つくり)の「甬」をあてたという説。 魚編の漢字 魚編が付く魚の名前の漢字。 日本では、ホッケはもともと食用として利用されることはほとんどありませんでしたが、戦後の食糧難の影響で食用として利用されるようになりました。 特に、漢字が本来表す中国語の意味ではなく日本独自の訓読みするものを「 国訓」と言います。 訓読みが「ごり、めばる、まて、こち」、音読みが国字なので無し。

>