種苗 法 改正 案 わかり やすく。 種苗法改正案で得するのは農家ではなくグローバル企業か?

柴咲コウ種苗法改正発言に乗っかる藤井聡と山田正彦のデマ

もちろん、先で紹介した在来種や品種登録期間が切れている品種(一般品種)、品種登録がされたことがない品種は自家増殖が制限されていませんので、許諾申請は必要ありません。 十分な時間はあったと思うのだけど、「難しくてわからない」と思う人が多いみたいでいまいち浸透していきませんでしたね。 私の考えは『種苗法は日本の農家の経営を圧迫しない』という意見になっていますが うまく法配備をして、海外での悪戯な栽培は販売を禁止し、日本の誇れるブランドとして発展してほしいです この記事を読んで、こういうデメリットやメリットもあるなどありましたら教えていただけたら 幸いです。 ま、推測です。 ちなみに、種苗法の元となる国際法がありまして UPOV条約 ユポフ条約 というものがあります。 そして上を見れば強大な海外の種苗業者がずらりと並びます。

>

種苗法改正案で得するのは農家ではなくグローバル企業か?

ナチュラル・ハーモニーの宅配 石川です。 農業育種の世界でもついに作者の権利が認められる。 種子法が廃止された今なら全然あり得ることです。 むしろ 買収する側からすれば 「種苗法改正案」によって より簡単に 日本の「種子市場」を 手に入れることができます。 そんな種苗法に動きがありました。 しかし「日本の種子を守る会」は、日本の品種は公的研究機関で開発されたものが多いことから、許諾制になったとしても• それに、海外の流出を防ぐのは無理だという意見も 食料供給を支える小農が自家増殖を禁じられて営農が困難となり、食という生存の要を脅かされるのが種苗法改悪案です。 他にも戦後日本の農村・農業の自立を支えてきた農山漁村文化協会(以下、農文協)は、「農家の自家増殖『原則禁止』に意義あり!」という取り組みを行い、HPで関連の記事を無料で公開し、農家の関心を集めている。

>

元種苗会社の人が種苗法改正をわかりやすく解説!

コロナでほとんど報道されませんが、 「種苗法改正案」が 2020年2月18日に 自民党農林合同会議で 了承されました。 加えて、商業目的で生産する場合も、多くは改正の影響を受けないのだ。 わたしは 認知症を含めた 神経難病の予防法 治療法を研究・開発しています。 自家採種できると、育成者としての利益をとり漏らす可能性があるので、当然の流れだろう。 私にとってはスーパーヒーローのような憧れの存在でもあります。 そこで、まもなく審議が始まる種苗法改正を連載で解説する。

>

「種苗法改正案」で農家が窮地に? 柴咲コウ警鐘も、農水省「誤解が解ければ反対する理由ないのでは」: J

農水省「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正」 農家が窮地になるとの批判に対し、農水省の知的財産課は5月1日、J-CASTニュースの取材にこう反論した。 そんな事を許さないためにも 種苗法でしっかり守っていきたいですね。 「自家採取禁止。 Polyculture が持続可能な社会の鍵。 2020年2月29日17時まででした。

>

農学専攻がわかりやすく種苗法改正案を解説する|たにみち|note

「自家増殖」とは農業者が収穫物の一部を次期作付け用に種苗として使用する、いわゆる「自家採種」のことを指す。 本来は 「「海外特許をとる」 この方向をもっと強化する必要があるのです。 2017年には残留基準値まで緩くなってしまっています。 pdf 違反するケースはだいたい個人で韓国や中国に 密輸して、安く大量に育成して日本国内で販売したり するケースが多いです。 5月20日には自民党の森山裕国対委員長が、今国会での改正案成立を見送る方針を示唆したことが報じられた。

>

柴咲コウ、事実と異なる記事には「法的措置も」 種苗法発言に改めて言及: J

2018年、世界の9人の1人にあたる約8. (もしそれにより困惑してしまった方がいらっしゃったら申し訳ないです。 「種苗法」改正のメリット 新種の権利が守られるようになれば、第三者にコピーされて、努力が水の泡になるリスクを減らす事ができます。 種苗法とは 簡単に言うと、登録した品種の植物を 作った人の権利を守りまっせ! っていう法律です。 *通常、登録品種の増殖用の種いもは、農業者が自分で栽培するための増殖が許諾された種苗として販売されています。 日本をめぐる種苗の現状 日本も品種登録制度の国際的な枠組みであるUPOV(ユポフ)に加盟していてUPOVは世界知的所有権機関(WIPO)の植物専門機関みたいなものになります。 種苗法改正案の背景 種苗法第一章第一条には この法律は、新品種の保護のための品種登録に関する制度、指定種苗の表示に関する規制等について定めることにより、品種の育成の振興と種苗の流通の適正化を図り、もって農林水産業の発展に寄与することを目的とする。 利用条件に違反した場合には、10年以下の懲役または個人で最大1000万円、法人で最大3億円の罰金が科せられます。

>

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

たとえば、コメだと種もみの更新率(毎年新たに購入する割合)は9割に達する。 種苗法の改正は種苗会社のために行うのですか。 こうした食と農を巡る国際的な動きや研究も本企画では解説していきます。 F1種の別名は「雑種第一代」。 書いてある意見も真っ当であり、私自身としても賛同できる内容で あったため、本当に若干は自分の意見も入れましたが、ほぼそのまま 使用させていただきました。 農業って大変ですね。

>